FC2ブログ

湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

研修3回目(過去の事故映像)

入社初日はコ ロ ナの影響で本社での入社式が中止になり、代わりに営業所の会議室で辞令授与と労働条件の説明。
2日目は就業規則と会社の説明。
そして本日3日目。

午前中は自社バスのドラレコ事故映像を30件ほど見せられたのですが、これがまた衝撃的でした。
以前のタクシー会社の定期研修でも同じようなドラレコ映像を見せられるけど、事故の内容もタクシーとよく似ていて、左折よりも右折での事故が多いこと、右折時にフロントピラーに歩行者が隠れて横断歩道で人身事故になるケースが多く、特に大型車はフロントピラーが太いので死角が大きく、右折時は頭を振って横断歩道の確認を念入りにする事と、右折時にスピードを出さない事を学びました。
他にも衝撃的な事故映像やヒヤリハットが沢山上映されたけど、ここでは割愛します。

午後からはノンステのエルガを使って車椅子とスロープの練習をやりました。スロープはJPNタクシーよりもかなり簡単で、出して広げて架けてピン1本を差し込むだけ。JPNもこれくらい簡単ならいいのに。
ただ、ベルト類の固定はJPNと同じくらいの手間で2~3分くらいかかりました。実際の運行ではダイヤの遅れを気にして、ベルトをしないまま車椅子のハンドブレーキだけで運行してしまうケースも多いそうですが、万一その状態で急ブレーキ車内事故になった場合は運転士の重大責任になるので、やはりベルトはキチンとしましょうとの事でした。
で、特に朝の通勤時間だとベルトの作業中に他のバカ客から罵声を浴びせられる事も1度や2度ではないらしく、客層の悪さはタクシー同様に苦労が絶えないようです。それで多大なリスクを負いつつベルトを省略してしまう運転士さんも多いのだとか。

次に、非常口の開閉方法。
まず非常口のカバーを開けると運転席で警報が鳴る事を学び、そしてカバーの中にあるレバーでドアを開けることができるのです。
非常口と言えば、2018年にリエッセのレンタカーでエライ目に遭ったのも記憶に新しいですが、構造的にはリエッセもエルガも全く同じでした。ただ、リエッセのほうは構造変更か何かで非常口を封印していたらしく、それを知らずに開けてしまったので、壊れたんですね。

という訳で、本日の研修は17時で終わりました。研修中は9-17時の日勤で土日休みが続きます。



2020-04-21-32.jpg
今日のお昼。朝食抜きだったので大盛りにしたけど、乗務始まったらトイレの自己管理もしなきゃいけないので、こういうのも今だけですね。



2020-04-21-26.jpg
コ ロ ナの影響で、今月放送予定だったアニメが次々と延期になりました。リゼロとSAOは現時点で7月予定になってるけど、これだって夏までに終息するとは思えないから、さらに延期、延期を繰り返す可能性もあるし、最悪、いずれかの作品の中から中止が出てしまう可能性も、はぁ・・・。



2020-04-21-18.jpg
この時間の八幡宮は誰もいません。このように、人が全くいない場所限定なら散歩しても問題ないと個人的には思ってますが、Twitter等を見てると一人で散歩や釣り等もヒンシュクを買ってるようなのでみだりにSNSに投稿すると炎上しかねない。でも近所のコンビニ以外は一切家から一歩も出ない、なんて生活を何ヵ月も続けたら体壊しそうですね。
スポンサーサイト



| 路線バス運転士 | 21:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>