FC2ブログ

湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

煽り運転と暴行に遭わないための自己防衛



茨城の常磐道の交通トラブルで、強制的に停車させて暴力を振るい、被害者が出血したという事件がありましたが、この映像が投稿されてから、愛知と静岡でも同一人物と思われる危険運転の映像が公開され、話題になっています。

危険運転や、まして暴力行為は論外ですが、こういう殺気だったキチ〇イドライバーは数百人に1人は混ざっているので、煽られるほうも被害者ヅラばかりするのではなく、自己防衛して欲しいと思います。
もちろん、煽られるのを100%防ぐのは無理で、私も煽られたことはあるし、以前もこのブログに書いた覚えがありますが、2013年には新東名で強制的に停車させられて相手が降りてきたので、路肩をバックで逃げた事もありました。長距離ドライブ、特に東名、名神の移動となると、必ず数回の煽り運転に遭遇します。

Twitterやネット上でもかなり多く指摘されていますが、一番いけないのには理由もなく追い越し車線を走り続ける事で、追い越し車線は追い越しが終わったらすぐに走行車線に戻らなきゃいけないのです。
それ以外にも、後ろで追い抜きたそうな車がいたらなるべく進路を譲るようにする、この2点を意識するだけで煽り運転の大部分は自己防衛できると思います。

ただ、意識していても煽り運転に遭遇してしまうケースもあります。
今回の映像でも、常磐道の件と、新東名のトラックの件では、被害車両がともに追い越し車線を走り続けているという指摘がTwitter等で多くあるのですが、映像だけでは本当に追い越し車線を走り続けていたのかどうか、よくわかりませんし、後から追加の映像が出て判明した事ですが、両方とも意味もなく追い越し車線を走り続けていた訳ではなく、走行車線に対して車間距離をとるため、すぐには車線変更できなかったようです。

煽られるケースとして自分がよく経験するのは

2019-08-14-2.png

上の図で言うと、黄色いクルマがオレな訳ですが、走行車線に入る余地が全くないんですね。せめて速度を上げようとしても、制限速度が80km/hの道路で、100km/hを超えて運転するのは物凄く捕まるリスクが高いんですよ。そして後ろの煽ってる車が、実は覆面パトカーで速度を上げた途端にそのまま検挙されたなんて話しもあるようです。覆面パトカーでも車間距離を詰めるケースはあり、それを煽りだと思って速度を上げると、まんまとハマるんですよ。
実際のところ後ろの煽り運転者があまりにも危険だと感じた場合は、走行車線に無理やり割り込んでしまう事もまぁあります。



次のケース、これも何回か経験し、そのうち1回は強制的に停車させられた事件があったケースですが
2019-08-14-3.png

これもよくありがちなニアミスで、これが原因で強制的に停車させられた事がありました。相手が降りてきたので、バックで逃走して事なきを得ました。
これを防ぐとなると、走行車線に対して大きく速度差をつける(大幅な速度超過)か、または走行車線に対して車間距離をとらずに割り込む、あるいは後ろの煽り運転者が左から追い越す事を想定して、あえて走行車線に戻らないという選択肢もあるかもしれませんが、難しいですね。


ただ、このように対策のしようがないケースは別として、「サンデードライバー」という呼び名に代表されるような、意味もなく追い越し車線をチンタラ走るとか、いつまでも隣りの車と横並びで並走する、合流で加速しないとかは、煽り運転を誘発するだけでなく、他の善良なドライバーにとっても迷惑なので、そこは皆さん意識して欲しいと思います。
番組で煽り運転を特集するなら、それ以前に煽られないための交通マナーもセットで特集して欲しいと思います。
スポンサーサイト



| 道路交通編 | 15:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>