FC2ブログ

湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

7月18日に発生した事件について

2019年7月18日AM10時30分頃に発生した事件について、前代未聞のテロにも匹敵するような残忍な事件になり、言葉もありません。
通り魔事件と言うと、個人的には秋葉原と相模原の事件の印象が強いのですが、それらを上回るだけでなく、殺害方法としてもナイフを用いるもの等とは異なり、殺人として最も残酷とも言える放火による焼死という事で、被害者の痛みと苦しみを思うと想像を絶するものがあります。
本当に心からご冥福をお祈りしますとしか言えませんが、個人的にも複数のアニメ作品で思い入れがある京アニで、このような残酷な仕打ちを受けたスタッフの方を想像するとショックで言葉も出ません。

戦後以降、単独殺人犯としては最も最悪な被害を出した事件という事もあり、誰かがTwitterで言ってましたが、より強い記憶として覚えておくためにも、当時自分はどこで何をしていたのかと合わせて覚えておこうと思います。
事件が発生した当時、私はタクシー乗務中で、10時20分頃に手が上がったお客様を藤沢市柄沢まで送ってる途中でした。柄沢でお客様を降ろしたのが10時45分。
その後、自社の社長を茅ヶ崎まで送る予定があり、正午12時頃に社長を乗せて出発した直後、その社長から事件のことを初めて知らされました。ただ、その時点では1人死亡、数十人が負傷という報道でした。
詳細不明な状態が1日以上続いて、実は30人以上も亡くなっていたという事が初めて報道されたのは、翌日以降だった気がします。

京アニ作品で個人的に全話視聴したものは
・涼宮ハルヒの憂鬱
・CLANNAD
・けいおん!
・氷菓
・中二病でも恋がしたい!
・たまこまーけっと
・境界の彼方
・甘城ブリリアントパーク

ガチでオタクな方だと、京アニの作品を全て視聴しているとか、京アニに限らずアニメの殆どを一通り視聴している人もいるので、そういう人と比べると私はオタクとも言い切れない中途半端な存在ですが、いずれにしても私が全話視聴した京アニ作品は上記の通りです。

特にCLANNADと中二病は熱心に視聴して聖地巡礼に行きました。
CLANNADは2期OPの桜並木と、作中でよく出る交差点のシーンが大田区にあって、当時の軽トラ配達エリア内で毎日のように通る場所だったので一人でテンション上がってました。
中二病でも恋がしたいは、滋賀県のしゃくなげ学校という古い木造校舎が聖地で、2013年にメルファ7で進入しようとして道が狭すぎて動けなくなるというバカみたいな思い出があります。その後、乗用車のレンタカーで通算3回も行ってます。
この作品は2018年に改めて劇場版が公開され、内容は主人公2人が京都、滋賀を出て、和歌山や東京、青森、北海道を旅するというもので、京アニならではの忠実な風景描写に感動しました。


アニメ会社としても多くのファンがいる会社のため、事件があってから募金活動が盛んに行われ、7月末の時点で13億円が集まったそうです。日本国政府としても支援に乗り出す方針を示して、うちのタクシー会社でもオタでも何でもない乗務員が「京アニ」という名前を知ることになり、事件でオタクの枠を超えて知名度が上がったのは何とも皮肉です。ただ、京アニ復活して欲しいという声も多方面から挙がってるのですが、亡くなってしまった方や、今でも生きながら苦しむ被害者の事を思うと、当面の間はそっとしておいたほうがいいのかな、と思います。


本事件ではガソリンが使われましたが、このガソリンというのも、揮発性が高くて爆発しやすく、軽油や灯油と比べても、特に危険度の高い液体です。
1940年、現在のJR桜島線の安治川口駅で、ガソリン気動車による大惨事があってから、旅客列車の燃料としてガソリンを使用することが問題視され、それをきっかけにガソリン気動車は急速に廃れていった歴史がありますが、自動車においても交通事故の二次災害でガソリン車が爆発して乗員が焼死する悲劇は度々発生し、一方でディーゼル車は火災は起こしても爆発はしないので乗員の避難は間に合う傾向があります。
YouTubeのドライブレコーダー映像でも、衝突した瞬間に車が爆発して火だるまになる映像がいくつか出回ってますが、こういうのを見ると、ガソリンというのは人の手には負えない危険物なのかな、と思えてきます。大型自動車(トラック、バス)は大半がディーゼル車ですが、一般の乗用車も全てディーゼル車に転換したほうがいい気がします。
もちろん、現実的にはかなり厳しいでしょうし、スポーツカーや二輪車はどうするんだという問題もあるでしょうが、交通事故、放火事件の両方を考えても、検討したほうがいいんじゃないかな、と思います。


追記
9月3日にJR奈良線を全線乗車した際、その車窓からではありますが、初めて現場を見ました。
木幡駅を出発してすぐの踏切の所に京アニ&Dショップ!があり、次の六地蔵駅を出発してしばらく進むと第一スタジオが見えます。
スポンサーサイト



| 未分類 | 00:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>