FC2ブログ

湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

元山手線の現役車両たち

2019-01-11-4.jpg
山手線はウグイス(黄緑)色のカラーが定着していますが、ウグイス色初代が103系だとすれば、現在山手線に導入が進められている写真のE235系は4代目に当たります。
2015年11月から導入が開始されたE235系ですが、2020年春までには3代目のE231系を置き換える予定です。



2019-01-11-3.jpg
ウグイス色3代目のE231系は、2002年4月から導入されました。私は当時まだ中学生で、営業開始当日に乗車したのを覚えています。現在は数としてはE235系に抜かれたので、当てるのが難しく、この写真を撮るために5本待ちました。見れるのも今のうちですね。



2019-01-11-2.jpg
山手線を追い出されたE231系は、順次、中央総武緩行線に転属しています。外見は帯の色が変わっただけで、車内は緑色のシートを含めて山手線時代と全く変わってませんでした。元山手線のウグイス3代目E231系は、当面はここで活躍する事になりそうです。



2019-01-11-1.jpg
ウグイス色2代目の205系です。残念ながら山手線時代の写真を持っていませんが、山手線では1985年から導入され、2005年まで使用されました。
山手線を追い出された後は、武蔵野線、京葉線、南武線、横浜線、八高線、埼京線、仙石線、鶴見線と、広範囲に転属していきました。しかし、2011年以降は各線で廃車またはインドネシアへの輸出が始まり、現在は主に武蔵野線と仙石線で見ることができます。写真は武蔵野線ですが、現在廃車および輸出が進行しています。205系自体はまだ数が残ってますが、元山手線のもので現存するのは武蔵野線、仙石線、鶴見線ですかね。



2017-03-23-3.jpg
ウグイス色初代の103系です。山手線では1963年から導入され、1988年まで使用されましたが、その間にも103系同士での置き換えが多々あったため、全国に散らばって行った103系の多くが山手線に在籍していた経歴を持っています。
写真はJR西日本、奈良線のクハ103-225で、1973年に製造されてから約1年間は山手線に在籍していました。そのあと国鉄時代に関西に転属したため、JR西日本の所有となり、現在は奈良線で運用されています。しかも、なんと山手線時代と同じウグイス色で!
YouTubeにこんな動画がありますが、時期的に考えると、もしかしたら金子キンジさんも乗務してたのかもしれませんね。
スポンサーサイト



| 鉄道 | 02:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>