FC2ブログ

湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

能登、白川郷ドライブ

2ヶ月前になりますが、6月1~3日に行ってきた能登、白川郷ドライブのレポートです。
白川郷は2012年のメルファドライブで行きましたし、能登半島も2016年の乗用車ドライブで行ってきたので、今回はすでに行った場所にまた行く形になるのですが、同行者3人を連れての旅行なので、新しい発見を期待して行くことにしました。

22時30分に横浜西口のレンタカー店舗を出庫し、23時に横浜アニメイト前でnotteco同行者3人と集合、そして出発しました。
第三京浜で玉川へ行き、練馬から関越道にのって、上信越道と北陸道で金沢を目指しました。
ものすごく個人的な事だけど、このルートは2012年に記念すべきnotteco第一回目のドライブである「横浜→金沢」を運行したとき以来でした。あの時はメルファ7のMT車だったけど、今回はエルグランドです。しかしnottecoで同乗者を乗せているという意味では、第一回目ドライブのリバイバル運行な気もしました。本当に個人的な事なんだけどね。



2018-07-30-1.jpg
金沢に着いて能登半島に向かって、まず、千里浜なぎさドライブウェイです。砂浜を車で走れる所なんですね。



2018-07-30-2.jpg
巌門に寄って、白米千枚田でおむすび定食を食べたあと、能登半島先端の禄剛崎まで来ました。この灯台は1883年、明治16年から使用されてるとの事で、非常に歴史のある建物です。
このあと能登島をまわったあと、北陸健康センターアラビアという所に泊まりました。前回泊まった「金沢ゆめのゆ」は満室だったので今回はこちらに泊まったのですが、客層が年配者で占めていて、広間では演歌を歌っているという、典型的な平成初期の健康ランドでした。



2018-07-30-3.jpg
翌日は白川郷に行きました。2012年に行ったときは曇りでしたが、今回は見事に晴れたので展望台からの景色もバッチリです。混雑を見越して朝早く行ったので、静かな集落と水田の様子を堪能できました。



2018-07-30-4.jpg
2018-07-30-5.jpg
荻町八幡神社ですが、「ひぐらしのなく頃に」の人気はまだ衰えてないようで、ひぐらし関連の絵馬で埋め尽くされてました。もう10年近くたつ作品ですが、今でも作品愛に溢れていてうれしい限りです。
私も元はと言えば、2012年に初めてメルファ7で白川郷行ったときも、ひぐらしの聖地巡りが目的でしたからね。

お昼過ぎに同行者と集合して帰路へ向けて出発しました。
雛見沢分校の跡地に行ってみましたが、以前は残っていた門の片割れや残骸も全て撤去されており、建物跡には別の建物が建ってました。
道の駅「桜の郷 荘川」にも立ち寄りました。メルファ7で車中泊した場所です。このあと、国道158号線で松本まで行って、中央道で帰るのですが、大月あたりで大渋滞にはまり、レンタカーの帰庫時間に間に合わなくなってきました。
あまりにも進まないので、道もわからないのに上野原ICで高速を出て、ナビの地図を頼りに山越えで行くことにしました。
神奈川カントリークラブを目印にしながら道志みちに出て、三ヶ木を通って何とか橋本まで出られました。
結構すごい道を通りましたよ。ヘアピンカーブだらけの、乗用車のすれ違いもできないような狭い道を走り続けて、山奥の真っ暗なお化けが出そうな道を、ナビで方向確認しながらひたすら突き進んでました。橋本に出てからは16号保土ヶ谷バイパスですぐ横浜到着となりましたが、約2時間遅れて22時30分の到着となり、皆さんの帰りもかなり遅くなってしまったと思います。これは良くないですね。


今回のドライブは日産エルグランドで運行し、走行距離は約1290km、燃料は約119L給油しましたので、平均燃費は約10.8km/Lとなりました。
今回は慣れない中央道だったので仕方なかったかもしれませんが、渋滞を上手く回避する術は身に着けたいですね。
スポンサーサイト

| ツーリング・ドライブ | 02:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>