湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

2018年1月22日の大雪

2018-01-28-1.jpg
海沿いの国道134号線。
中央分離帯のある片側2車線ですが、もうどこが車線なのかわかりません。



2018-01-28-2.jpg
片瀬山フジスーパー前。


2018年1月22日は、関東では珍しく記録的な大雪になりました。
関東の大雪としては2014年2月以来で、4年振りですね。
当日はタクシー乗務日でしたが、大雪の中をまともに運転したのは初めてかと思ったものの、この感覚どこかで見覚えがあると感じていたら、2016年1月に小型観光バスメルファ7で会津ドライブを強行したとき、豪雪地帯ゆえの大雪を経験しましたね。
という事で大雪運転は二度目ですが、普通車としては初めてでした。スタッドレスタイヤは装着していたので、何とか走行できたものの、一回だけ片瀬山の住宅地でUターンしようと切り返した際、後輪が空転しながら雪に沈んで脱出不能になったので、手で雪かきしてから脱出するという事がありました。

その他、一般車がノーマルタイヤなのか滑りまくってまともに走れず、渋滞を引き起こしたり、道路の真ん中で立ち往生する車も見受けられました。
名越の坂では脇道から勢いよく割り込んできた軽自動車が空転して停車し、そのせいで私まで坂の途中で停車する羽目になりました。いくらスタドレスタイヤでも坂道発進はキツイので、勘弁して欲しいですね。

笠間のすき家で食事を終えたあと、タクシーで出発して、進路変更しようとしたときに気付きました。ミラーが雪で覆われて全く見えない!まぁ、ミラー無くても直接目視で何とか大船駅まで運転して、そこで雪を取り除きました。

会社に帰庫してから同僚の話しでは、スタックしたのでマット(ゴム製)をタイヤに挟んで脱出したという話しも聞きました。
いずれにしても、2016年メルファ7で行った会津ドライブと合わせて、貴重な経験をしました。
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>