FC2ブログ

湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【鎌倉市】タクシー運賃の仕組み

わかりにくくて複雑なタクシー運賃の仕組みを解説します。
ここで紹介するのは鎌倉市のものなので、他の市町村は仕組みが異なります。ご了承ください。

まず基本的な事ですが、タクシー運賃は時間距離併用制と言って、走った距離とかかった時間を総合的に合算して料金が決まります。そのため、同じ距離を走っても渋滞等で時間がかかると、その分高くなります。

まず、初乗り730円でスタートします。
時速10km/h以上で走り続けた場合は、出発から2km走った時点で90円加算されて、料金が820円になります。
時速10km/h以上の速度であれば、時速40km/hでも時速100km/hでも、同じ2km地点で料金が730円から820円に上がります。
速度を出して早く着いたからと言っても、時速10km/hを下回る事が一度もなければ、金額は同じです。

では、時速10km/h未満で走った場合ですが、この場合は如何なる10km/h未満の低速、あるいは停車した状態においても時速10km/hで走っていると見なされ、時速10km/hで2km走るのにかかる時間=12分で730円から820円に上がります。
つまり、730円でスタートして走行しなかった場合、12分で820円になるという事ですね。

初乗り730円から820円に上がるまでは、2kmまたは12分を要するわけですが、それ以降の加算(910円、1000円、1090円…)については、293mまたは1分45秒ごとに加算されます。これも時速10km/hで走った場合、293mまで到達するのに1分45秒かかる事から、時間加算についてはこのようになっております。

次に迎車料金について
迎車というのは電話でタクシーを呼ぶ事ですが、電話で呼んだ場合、そのタクシーに配車の指示が下された時点で、迎車メーターが入ります。これは迎車で回送した距離を運賃に加算するもので、例えば500m迎車回送した場合、お客様を乗せてスタートすると、730円→820円の切り替わりが初乗り2kmから500m引かれて、1.5kmになります。
なお、迎車距離による加算は上限で1kmまでになってるので、1kmを超えた迎車距離はサービスになります。
仮に3kmの迎車回送でタクシーを呼んだとしても、加算されるのは1kmまでなので、お客様を乗せてスタートすると、初乗り2kmから1kmを引いて、1km走行地点で820円に上がるという事ですね。
これが迎車料金です。

深夜料金について
22時から翌AM5時までは、2割増料金になりますが、詳しくはまた今度まとめます。
スポンサーサイト

| 未分類 | 02:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>