FC2ブログ

湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

綾人サロンさんのロードバイクに対するご意見について

https://www.youtube.com/watch?v=x8LnMz4bVwM&t=1s
自転車の交通についてブログに書くのは大変久しぶりですが、以前から私が視聴している綾人サロンさんというユーチューバーの方が、「大型トレーラーから ロードバイクに言いたいことがある」をテーマにご意見を主張なさったので、元ロードバイク乗りの私としても意見をまとめておこうと思います。
なお、この記事に関して反論コメントやバトルコメントを投稿されても、私としては無駄なエネルギー使いたくないので、申し訳ありませんがコメント承認しませんし削除させて頂きます。悪しからずご了承ください。

綾人サロンさんについては、過去の動画からずっと観てきたのでわかりますが、プロドライバーとしての意識はとても高く、見識もあって論理的にお話しをされるのでプロドライバーの鑑として個人的にも尊敬しています。
しかし、今回のロードバイクに対する主張については、ちょっと一方的かつドライバー目線に偏っていて、残念に思いました。

ひとまず動画の内容を要約すると
「ロードバイクが10台ほどで集団走行をするのは、交通の危険を生じさせる」
「大型車が集団ロードバイクを追い越す際、危険が生じる」
「峠道で路線バスが蛇みたいに走る集団ロードバイクを追い越す事ができず可哀想」
「自転車の集団走行は禁止するべきだ。団体で移動する場合でも、1台ないし2台単位に分散して移動するべきだ」
との主張でした。

まぁ、集団ロードバイクの追い越しは、大型車にとっては非常に厳しいというのはわかるのですが、危険を生じるというのは、見通しが確保できないまま無理に追い越すから危険なのであって、団体自転車そのものに原因がある訳ではないと思います。
動画内の言及を聞いてると、大型車の無理な追い越しでロードバイクを巻き込む事を、まるでロードバイクが事故原因を作って大型車を事故に巻き込んだみたいな言い方をなさるので、コメント欄に自転車乗りが殺到して炎上してるんですよね。
追い越してる最中に自転車が速度を上げたとか、トラック側に幅寄せしたとかでない限り、ただ走ってるだけの団体自転車に非はないはずです。
自転車は一列に走るというのは、交通ルールとして認められている事なので、動画内では危険行為であると繰り返し言及されているのですが、それはその人の一方的な決め付けとしか思えませんし、そんな決め付けをもとに国家や法律が動くとは到底思えないんですよね。

そりゃ、集団自転車が大型車にとって非常に妨げになっているのは事実だと思います。だけど、妨げと危険は別物だと思いますし、
ドライバーに言い分があるように、自転車にも言い分があるので、難しいんですよ。集団で時速30km/h以上出ている状態から、後続車に進路を譲るため停止するというのは労力が要りますし、ドライバーのタイミングに合っていなければ、かえって追突されたり、されなくても後続車が驚いて急ブレーキやクラクションを鳴らすという事も実際にありました。
よく「自転車は急な行動をとるからコワイ」という意見がありますが、このように後ろに進路を譲るために減速したことが、「前の自転車が急に減速して追突しそうになった」という結果になるのです。
道路の問題であると言えば、狭い道路なので実際そうなのですが、そんな事を言っても解決しません。結局は狭い道路の中で、お互いに存在してる以上、嫌でも自転車と大型車は共存しなければいけないのです。

ここからは自転車目線の意見になりますが、ロードバイクがスピードを出してて追い越せないのなら、無理に追い越さずに一定の間は追従しても問題ないと思うんですよね。何度も抜いては抜き返されるみたいな状況になるケースがありますが、どうしても追い越したいのなら、自転車に二度と追い付かれないよう、時速60km/h以上出して赤信号や遅いクルマにも引っかかる事もなく先に行って欲しいです。無理なら、ロードバイクを無理やり追い越すのではなく、一定の間は追従するという選択があってもいいんじゃないでしょうか。

集団走行を禁止して1台なしい2台単位に分散するべきだという事については、ちょっと非現実的です。
まず、一般道には信号がありますから、たとえ分散していても、信号で止まったら全員追い付きます。
団体の自転車だけでなく、関係ない一人だけの単独自転車乗りや、原付バイク、普通のバイクまで信号で追い付いてくる事もあります。青になった途端にそれらが一斉に走り出します。信号がある国道では、いつまでもその状態が続くため、知らない人の自転車や原付バイクまでもが混ざって列を作ります。それを分散しろとか言われても、青になっても何十秒か待機しろという事になり、現実的ではありません。
車間距離についての指摘もありますが、適切な車間距離をとったら却って列が長大になり、それで大型車が追い越せるとは思えません。

自転車の集団走行について共同危険行為を適用するべきという主張ですが、自転車が横に広がったとか蛇行したとかでない限りは、縦一列に走ってるだけの集団を共同危険行為として取り締まるのは難しいんじゃないかと思います。
オートバイや原付バイクが縦一列で走っただけでは共同危険行為にはならないと思うので、自転車も同様でしょう。
車間距離についての指摘もありますが、それだけで共同危険行為を適用するのは難しいかと思います。やはり、蛇行や横に広がる等の明らかな迷惑行為がない限り、この法律の適用は難しいでしょう。

せめて、「峠道ではいつまでも追い越せないから大型車には進路を譲って欲しい」とか、そういう主張ならわかるのですが、それを「集団走行禁止にしろ!」「集団は分散しろ!」とか主張されると、それは飛躍した論理展開にしか感じられません。
動画の中にもある「路線バスが中々追い越せなくて可哀想」という事についても、集団走行を禁止するんじゃなくてバスに進路を譲ればいいだけの話しです。

で、よくありがちな「プロドライバーとプロサイクリストのお互いの主張」というのは、全く噛み合わず、永遠に平行線なので、議論すればするほど無駄です。
私も以前は、このブログを含め多方面で自転車乗りの言い分を主張をし、何とかドライバーに理解を求めようとしてましたが、お互い「ああ言えばこう言う」の繰り返しで平行線でした。いかに自転車乗りとドライバーの話し合いというのが無駄であるかを、実感としたものです。
タクシー乗務員になってからは、同僚から自転車乗りに対する不満や愚痴を聞くこともあり、湘南、鎌倉という地域柄、ロードバイクやクロスバイク等の車道を走る自転車はとても多く、同僚乗務員による自転車乗り相手の交通トラブルや接触事故は度々発生します。
私の目から見ても、マナーの悪い自転車はかなり多く、タクシーと自転車の交通トラブルで、自転車乗りが悪いケースも相当数あるのは確かですが、そうじゃないケースも多々あるので困ります。
中にはタクシー乗務員の無智から引き起こした交通トラブルや、路上駐車を右側に避けた自転車に後ろから長押しクラクションを鳴らして交通トラブルになったケースもあり、その度にお互い噛み合わない主張をするので、そういうのを見聞きするうちに自転車乗りとプロドライバーが共通認識で道路を利用するのは無理なんだと悟りました。

路上駐車を右側によける自転車と、後ろから来るクルマ、どちらに優先権があるかという議論もありますが、これが自転車ではなく原付バイクだったら、確実に原付を先に通しますよね?クラクション鳴らさないですよね?
でも自転車だと鳴らす、私もこういう状況で、後ろのクルマに配慮して時速45km/hまで加速した上で右側に出たことがありますが、それでもクラクション鳴らされたことがありました。ロードバイクで原付以上のスピード、制限速度を超えてでも後続車に配慮してやったのに、それでもクラクション鳴らす、つまり自転車だから鳴らしてるんですよ。

一般論からすると車道のロードバイクというのは、たとえルールやマナーを守っていても迷惑、危険な存在でしかないので、たとえルールやマナーを守って縦一列に普通に走っていても、目の敵にされます。

なぜ普通に走ってるだけなのに「迷惑!」「危険!」と言われてしまうのか、考えてみます。
近年ロードバイク乗りは増えてきたとはいえ、それでもクルマやバイクの台数に比べたら全然少数派です。
そのため、交通の流れとしては、数の多寡として圧倒的なクルマやバイクのスピードが流れの中心であり、ロードバイクのスピードは交通の流れに逆らってしまうものなのです。
ロードバイクに近いスピードで走るものとして、原付バイクがありますが、その原付バイクも、本来の法定速度に反して交通の流れに合わせてるケースが多いのが現況です。
そのため、車道を走るロードバイクだけが交通の流れを乱してしまう原因となり、さらにクルマの台数よりも極めて少数なので、多きは少なしを迫害する原理で、マナーと称しては自転車乗りに不都合や不便ばかりを押し付け、それを受け入れなければ「迷惑!」「危険!」というレッテルを張られてしまうのです。

仮にロードバイク乗りが少数派ではなく、スポーツ自転車の人口がドカンと増えて、車道左側をスポーツ自転車がひっきり無しに走るようになれば、それがもう交通の流れなのです。
自転車でなくても、原付バイクの人口がドカンと増えてみんなが30km/hでひっきり無しに走り出したら、それが交通の流れです。そうなったら、クルマはスピードを出したくても、追い越すのを完全に諦めるしかないでしょう。
このように数の多寡で社会のルールやマナーは決まってしまうのです。

しかし、数の多寡で社会のルールやマナーは決まってしまう、多きは少なしを迫害する、と書きましたが、実際の社会では少数の障害が、公共施設の狭い通路で車椅子が通行の妨げになっていても、文句を言う人は(特殊な人を除き)いません。このように、障害者は「迷惑!」ではなく、配慮するべき対象なのです。

それと同様で、少数派であるために数の上では大勢の迷惑になってしまうロードバイク乗りですが、交通社会の一員として一定の権利と義務はあるわけですから、1台の自転車のために100台のクルマが対向車線にハミ出して追い越して行く、というのは仕方ないんじゃないでしょうか。

あと、これも書いておきますが、ドライバー立場の人からよく言われるのは、「クルマのドライバーはこんなに気を遣ってお前らロード乗りを守ってやってるのに、当のロード乗りはお構いなしでドライバーの気持ちも考えず、お気楽に走ってる!」と、ネット上で交流ある人や、タクシー同僚からも言われます。
これについて、私はいつも表面上は「そうですねーw大変ですねーw」と、適当に同調しているのですが、元ロードバイク乗り現タクシー運転手の立場で本音を言えば、ヒヤリハットの回数で言えば、自転車乗り時代のほうが圧倒的に多く嫌な目に遭ってきました!
ハッキリ言って、クルマ運転の比じゃないくらい、自転車運転で危険な思いや、理不尽な思いをする事は多々あります。しかも、故意や未必の故意がかなりの割合で含まれるので尚更たちが悪いです。
まず、自転車と言ってもロードバイクなので、時速30km/hを超えて運転している事が多く、クルマと同様「急に止まれない」のですが、この状態で、
・対向車の無理な右折(右直事故1回あり
・嫌がらせ目的で故意の幅寄せと急ブレーキ、進路妨害(バス、タクシー含め接触数十回)
・追い越した直後に割り込んで急ブレーキ左折
・追い越した直後に急停車
・路上駐車を避けた際に後続車の妨げになった事で、ドライバーが逆上して降りてきて暴行事件1回
・後ろから原付追突


ロードバイク乗りは、一般のクルマ乗りよりも相当気を遣って走ってるし、邪魔になる特性上、変な人間に絡まれてしまう事もあるし、まったく気楽じゃないし気が抜けないんですよ。
そして、これらの出来事をネット上でと発表すると、一部の自転車乗りから同調される以外は、すべて炎上します。バスやタクシーと接触した事を書いたときも、大炎上しましたからね。結局は数の多寡で、ドライバー人口が圧倒的に多い以上、クルマ社会の共通認識としてロードバイクは邪魔だし、それに加えてルールや法的な解釈も人によって様々なので、「クルマ気取りで走るな!」とか「車道を走るのはわかるが車線にハミ出すのは違反だろ!」とか、的外れな批判を受けることも多いです。たとえルールやマナーを守っていても、人によっては認識の違いから違反と認定する人もいるし、実際の路上では迫害と言ってもいいくらい嫌がらせや危険運転に遭ってるんですよ。だから、ロードバイク乗りはドライバーの比じゃないくらい、神経使って身を守ってるし気を遣ってるんですよ。

原付バイクと同じように走ってるだけなのに、こんな危険運転に遭遇するのは日常茶飯事です。
https://www.youtube.com/watch?v=kACMXJ05kwY
これが自転車ではなく原付だったなら、たとえ同じ速度と走行位置でもこういう幅寄せは普通しないですよね?
この動画については、車道の真ん中走ってるとか、通行区分違反だとか言ってくる人もいるんですが、真ん中でも通行区分違反でもありません。後半に第二通行帯に移動したのも、前方に止まってる車両があるので正当な行いです。とまぁ、このように真ん中だの違反だの、違反だから幅寄せされて当然だの、そういう議論が発生する時点で、自転車ルールがあまりにも認知されてないんですよ。

ロードバイクだって車両として認められているのですから、原付バイクと同程度に道路を使ってもいいはずです。
権利意識ばかりと言われるかもしれませんが、過度にクルマに遠慮して譲歩ばかりしていたら、ロードバイクの利便性もパーだし、冷静に分析すると、それって全くフェアじゃない事に気付くんですよ。だから自転車乗りは、権利を主張しますし、権利を侵害されたら怒ります。それはクルマのドライバーだって同じですよね。

とまぁ、ここまで書いてみましたが、結局はプロサイクリストとプロドライバー、お互い妥協できないので、わかり合えることは永遠にありません。私がこうやって意見を主張しても、チンチクリンの妄言として弾かれる事だと思います。


最後ですが、綾人さんについては、よくありがちな偏った考えの自称プロドライバーとは異なり、普段の動画からも本当に見識のある方だと思っているので、その方がロードバイク乗りにご意見なさったため、私としては久しぶりに自転車乗りの立場で意見を書きました。
ご主張の内容は一部受け入れられませんが、動画内では自転車を追い越すときは1.5mあけるとか、側方間隔をあけない追い越しは非常に危険である事にも触れており、やはり本物のプロだと思いました。

私は現在、持病の関係で本格的にロードバイクで長距離をツーリングすることができなくなり、その後タクシー乗務員になり、さらには長距離ドライブにも目覚めたので、現在は公私ともクルマしか乗ってない状況です。ロードバイクを降りて3年、タクシー乗務して2年半ですが、それでも自転車乗りとして基本的な考え方は、当時とあまり変わってません。
これは将来、もしバス運転士やトラックドライバーになったとしても、おそらく変わらないと思います。ただ、タクシーの同僚によるサイクリストへの不満や愚痴、実際に起こした事故や交通トラブル等を見聞きするうち、お互い共通認識で道路を利用するのは、無理なんだなという事を悟っただけです。

同僚と変な摩擦も起こしたくないので、実際にこういいう事故やトラブルを見聞きしても、、職場内で私から意見することはあまりしません。理解してもらうのは無理ですからね。
スポンサーサイト

| 道路交通編 | 00:55 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

初めまして

最近は自転車がブームで、休みの日等は良く見かけますね。
記事を読ませていただき感じた事をコメントさせて下さい。

自転車と自動車の速度が合わない問題ですが、追いつかれた
車両の義務がありますので、制限速度以下で走行するのでしたら
自動車に譲ってあげた方が安全で円滑な交通を実現できると思います。

あと集団でロードバイクで走行している人達で気になるのが、適切な
車間距離を取っていない事です。30km/hで走行するのであれば、基本的には
30m以上の車間距離を取るべきだと思うのですが、実際には
とんでもなく車間が短い人が多いと感じます。適切な車間距離を
取ってもらえれば、追い越す方は1台ずつ安全に追い越す事が出来るんですよ。

私は原付4台ほどでツーリングをしますが、基本的には空いている道、幅の
広い道を選択します。どうしても混雑している片側1車線の道を走行
する際には、後続が追い越ししたそうにしていれば追い越ししやすいように
速度を15km/h~20km/hほどに落としたり、路肩の広い所に停車して
後続車を先に行かせるようにしています。こうしていると追い越し車両からの
サンキューハザードもしょっちゅうもらいますよ。
巡航速度が違うのだから、お互いがイライラしないように気を遣うのが
大事だと思います。

| てん | 2017/11/29 14:56 | URL | >> EDIT

Re: 初めまして

てんさん
初めまして。

動画のコメント欄でも、27条「追い付かれた車両の義務」を引き合いに自転車バッシングしている人を多く見かけますが、これは追いいつかれたら左端に寄るよう規定しているもので、緊急車両が来たときみたいな徐行や一時停止をして進路を譲る規定とは異なります。そして、左端に寄る規定なので、最初から左端を走っている自転車にはあまり関係がない規定とも言えます。
もう10年前ですが、27条についてはその旨を学生時代に#9110番で確認してますので、間違いないと思います。
だからと言って、左端に寄っていれば後続車が延々と追い越せなくても良いとかいうわけではありませんが、多くの動画コメントにあるような、ねじまげた法解釈を広めて相手を叩くのはいかがと思います。

私の場合は27条云々は関係なく、後続車が追い越すタイミングがなくてどうしようもない場合に進路を譲る事は多々ありますが、残念ながら自転車だと、追い越し車両のサンキューハザードは一度も見たことがありません。

2011年頃に小型バスをレンタルして郊外や峠を走り回ってた時期がありましたが、私は進路を譲ってくれた自転車乗りにはサンキューハザードを出しました。しかし、その意味がわからない方も多いようで、前に来たバスのハザードを見た途端に進路を右に切ってバスを抜き返そうとした人もいました。
これについても、お互いなかなか共通認識になれないですね。

車間距離については、時速100km/hで100mとか、高速道路では時速=車間距離とよく言われてますが、それを全速度域にそのまま適用するのはちょっと違うと思います。
多くの教科書では、時速30km/hなら14mを推奨してますし、時速20km/hなら9m(中型バス一台分)です。
トレーニングや練習で走る集団ロードバイクの車間距離が極端に近いのは確かですが、ツーリングの自転車はそれ程でもないでしょう。公道トレーニングについては、車間距離など交通ルールに反するところは、是正する必要があるかもしれません。

| 中野 螢一 | 2017/11/29 19:55 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。