湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

大阪環状線 オレンジ103系のラストラン

2017年10月3日(火)をもって、大阪環状線で48年間活躍した103系電車が引退しました。
103系だから10月3日に引退が決まったのですが、平日の午前中にも関わらず、大勢のファンが集まりました。
驚いたのは、いわゆる「鉄道マニア」以外の、マニアと関係ない一般の方が沢山いたことです。まるで蒸気機関車のイベント運転とか、寝台列車の引退とか、そんな感じのレア列車が引退するみたいな雰囲気で、大勢の一般人が集まってました。

私は103系ファンとして、これまで色々な路線の103系ラストランを見てきましたが、これだけ多くの一般の人が集まったのは初めてだと思います。
2006年3月に常磐線から引退したときは、マニアが集まった以外は一般から特に注目される事もなく、2009年10月21日に仙石線から引退したときも、少数のマニアが集まるのみで駅の風景は通常通りでした。

それが今回の大阪環状線では、ホーム端でカメラを構えたマニアは元より、ホーム中間でマニアと関係ないサラリーマンや若い女性、イケメン系お兄さんからも一斉にスマホカメラを向けられ、ホーム全域から一斉に撮影されるという、いち通勤電車形式の引退としては異様な光景でした。
引退については以前から報道やSNSの拡散もあり、その影響でこれだけの一般人が集まったのかもしれませんが、それだけ多くの方から愛着があって惜しまれる中での卒業になり、いち103系ファンの私としても感無量であります。

やはり、日本を代表する通勤電車なんですよ。1963年の山手線から始まり、半世紀以上たった現在もJRで現役なのは凄いと思うし、個人的にも赤ちゃんのときから乗ってて、幼稚園児の頃にはモーターの音を覚えて、京浜東北線や常磐線で思い入れが強いのです。
首都圏では2006年に消滅したものの、関西の現役車両の中には、元山手線とか、元京浜東北線という経歴を持つ車両もあり、自分が生まれる前から東京や横浜を走っていた電車がまだあって、30歳になろうとするオレよりも年上なのかと思うと、時代の流れというのは不思議だなぁと思うわけなんですが、何言ってるのかわからないと思うので、本題に入ります。

この10月3日のために、10月2日~4日を休みにして大阪に行きました。
10月の時点でLA4編成の1本のみが残ってる状態でしたが、当日の運用については混乱を避けるため非公開との事なので、前日から新今宮のビジネスホテルに泊まり、当日朝6時から天王寺駅で待ち伏せする事にしました。幸いな事に、僅か10分程でお目当ての103系LA4編成が到着!



2017-10-04-3.jpg
混雑が激しいので、一旦大阪で降りました。大阪駅も整備されてだいぶ綺麗になりましたが、そこを昭和の骨董品が走るのも今日で最後です。



2017-10-04-4.jpg
反対側の電車で、どこの駅だったか忘れたけど、そこで撮影。



2017-10-04-5.jpg
反対側のホームからもカメラを向けてきます。鉄道マニアだけでなく、女子高生とか若い女性とかね。



2017-10-04-9.jpg
連結面はかなり改装されてますが、消火器あたりの機器類が入る筐体に面影があります。



2017-10-04-8.jpg
最後に残ったLA4編成は、比較的原型を保った車両を中心に組まれていました。こちらがその原型を保った車両で、それでもだいぶ変わってますが、窓周りは原型のままです。この編成では中間2両を除く6両がこの形でした。

早朝から内回りを何周も回り続けますが、主要駅を発車するたびにさよなら放送が繰り返されました。
「ご乗車の103系電車は、本日をもちまして大阪環状線を卒業します。オレンジ色の電車として長年親しまれてきましたが、新型車両323系にその役目を譲ります。1969年12月10日のデビューから48年、長きに渡りご利用頂きまして、誠にありがとうございました」
という放送が繰り返されていたのですが、ある車掌さんに交代したときから、「私も幼いときから環状線のオレンジ色の電車を見て育ち、車掌になる事を夢見ておりました」という放送が加わりました。そのうちyoutubeにもアップされると思います。



2017-10-04-11.jpg
こちらは、かなり改造された車両で、ほとんど原型の面影がありません。蛍光灯にカバーがついてたり、通勤電車としてはちょっと豪華な感じです。この編成では中間2両のみが該当しますが、環状線の103系は大半がこの改装済み車両でした。



2017-10-04-6.jpg
2017-10-04-7.jpg
早朝から環状線を回り続けた103系ですが、途中で環状線を外れて、ゆめ咲線の桜島まで行きました。



2017-10-04-10.jpg
桜島駅では電光掲示板でさよなら案内が。
ここで駅員さんから放送があり、この10時55分発、京橋行をもって最終の運行になると案内されました。
あれだけ盛大に宣伝してたのだから、終日走るものだと思っていただけに、突然の最終回をアナウンスされて「えっ?」と思ってしまいました。まるで気に入ってたアニメの放送が予告なく打ち切り最終回になったみたいな感覚ですよ。

桜島から終点京橋まではフル動画撮影したので、気が向いたらyoutubにアップするかもしれません。
本当は環状線一周をフル動画撮影するつもりだったのですが、混雑が収まる午後からと考えていたところ、まさか午前中で終わるなんて思ってなかったので、フル撮影叶いませんでした。まぁ、それについては私ではない他の誰かがyoutubeにアップするだろうと思います。
そして、終点の京橋では沢山のファンが待ち構えていました。やはり運用についてはファンの間で共有されてたんですかね。


2017-10-04-12.jpg
終点京橋で回送になり、そのまま森ノ宮の車庫まで引き上げましたが、帰庫後に方向幕が再び「大阪環状線」になってました。もう運用する事は永遠にないのに、ファン向けのサービスでしょうか?


こちらの動画に登場する山本さん親子は、前から2両目の動力車の台車直上にいた私の向かい側でずっと座ってました。まさかTV出演してたとは。
ちなみに鎌倉市から来た男性も出演してますが、オレじゃないからねw.。

これで103系が残る路線は、JR西日本の大和路線、奈良線、おおさか東線、羽衣線、和田岬線、播但線、加古川線、JR九州の唐津線、筑肥線となりました。また、103系から改造された105系が走る路線として和歌山線と万葉まほろば線があります。

阪和線と環状線の置き換えが完了した事で、おそらく来年度からは奈良区(大和路線と奈良線とおおさか東線)と、和歌山区の105系(和歌山線と万葉まほろば線)の置き換えに着手するものと予想しています。こう書くと5路線に見えますが、奈良区についてはすでに大半が201系に置き換えられ、残り僅かの103系がこれら3路線にランダムで運用に入る状況で、和歌山区の105系についても両数がそんなにないので、置き換えが始まったら一気に片付くと思われます。
あと、羽衣線と和田岬線についても、ひと駅だけの短い路線ゆえに前者2本、後者1本しか配置がないので、置き換えは即日で完了するでしょう。
(2017/10/31追記:環状線を引退した201系が6連と4連に組み替えられているとの情報があり、本年度から早速、大和路線と奈良線とおおさか東線の置き換えに充当されるとみられています)


おそらく2020年までには、JR西日本では播但線と加古川線のみ103系残存になると個人的に予測しています。乗って撮るなら今のうちに!
スポンサーサイト

| 鉄道 | 22:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>