湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

小湊鐡道 いすみ鉄道 全線乗車

18きっぷ最後の1回は、千葉県の小湊鐡道といすみ鉄道に乗車しました。
もちろん私鉄なので18きっぷは使えず、これらの私鉄の発着地点である内房線の五井駅と、外房線の大原までの交通手段として18きっぷを使っただけです。それでも十分に元がとれるので、大変お得な切符なんですね。



2017-09-16-2.jpg
2017-09-16-1.jpg
まず、五井から小湊鐡道のキハ200形に乗車。
この車両は国鉄キハ20系とほぼ同型車で、エンジンを含む機器類はもちろん、外観も前照灯に違いがあるものの、基本的に国鉄車とほぼ同じです。
JRの同型車はすでに引退してますが、こちらはまだ現役で、外観も車内も製造当時のままなので、昭和の田舎風景にあった車両がそのまま現代に残ってます。そのため、ドラマの撮影にもよく使われるそうで、見ても乗っても昭和の気分が味わえますw。



2017-09-16-3.jpg
2017-09-16-6.jpg
真ん中の太い柱は排気管です。
エンジンはDMH17という大変古いもので、エンジン自体の実用化は戦後ですが、戦前に製造されたガソリン車をディーゼル車に改造する際にこのエンジンを搭載したケースもあり、つまり戦前車両から現在も残るこの車両まで、幅広く使われているエンジンです。
最盛期には国鉄だけでなく私鉄を含む全国の大半の気動車で使われましたが、古いだけあって、燃費が悪い、パワーがない等の理由により、近年は多くの鉄道会社で車両自体の廃車や、廃車にしなくても新型エンジンへの換装を進めました。
しかし、その流れの中でも小湊鉄道は現在もこのエンジンを使い続けているので、大変貴重な存在です。



2017-09-16-4.jpg
線路には柵がなく、横断も自由にできそうなので、これなら鉄道による土地分断はなさそうです。そういう所も昔ながらの風景ですね。



2017-09-16-5.jpg
2017-09-16-8.jpg
ホームはかなり低いので、急な段差があります。駅舎もほとんど木造のものばかりで、おそらく30~50年くらい前から使われているような感じでした。



2017-09-16-7.jpg
列車は2両編成ですが、乗客は五井を出発した時点では2両合わせて20人程でした。駅に着くたびどんどん降りていって、最終的に2両合わせて6人にまで減ったかと思ったら、終点まであと少しのところでツアーの団体客が乗ってきました。



2017-09-16-9.jpg
2017-09-21-1.png
終点の上総中野駅。小湊鉄道といすみ鉄道の接続駅です。ここでデジカメの電池がなくなったので、動画カメラで撮影した動画の切り抜き画像を載せます。



2017-09-21-2.png
いすみ鉄道は350型に乗車しました。新潟トランシスのNDCシリーズで2013年製ですが、外観は社長の趣味で国鉄キハ52に似せたデザインに設計変更されています。似せたのはデザインだけで、機器類はもちろん新型です。
しかし、近くで見ると窓枠や乗降扉、尾灯などは新型そのものでした。やはり、実物大の走る鉄道模型とまでは出来ないんでしょうかね。
ちなみに、いすみ鉄道はこれとは別に、JR西日本から譲り受けた本物のキハ52も所有しています。
スポンサーサイト

| 鉄道 | 01:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>