湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

告白ハラスメントという考え方について

2017-11-04.png
2017/11/04追記:非公開にしていた記事を編集して公開します。

最近ツイッターをはじめネット上で話題になっている「告白ハラスメント」、略して「告ハラ」というのがあります。
要するに、相手の気持ちに配慮せず、自分の気持ちを伝えたいという一方的な欲求で想いをぶち負けてしまい、結果として相手に多大な負担をかけてしまったり、有り得ない相手からの告白に不愉快を感じさせてしまう事もあるという趣旨なんですが、詳しい内容はコチラを参照してください。

この記事には批判、反論意見が多いですが、記事の趣旨としては「女性に不快感や恐怖心を感じさせるような告白をしてはいけない」という事だと思うんです。
批判、反論意見を見ると、ハラスメントという言葉に反応している方が多いですが、なにも告白すべてがハラスメントだと言っているわけではありません。相手に不信感や恐怖を感じさせないよう配慮するべきという趣旨です。

反論意見でよくあるのが、「告白されたら誰でも嬉しいと思うものでしょう?」「好意に対して感謝するものでしょう?」「好意を不愉快に感じる人なんているのか!?」というのが見受けられますが、私もつい2年前までそれに近い事を思っていました。
しかし、異性からの好意に対して不快を感じたり、あるいは恐怖を感じたり、またあるいは傷ついてしまう女性というのも確実に存在するわけで、まずその事をよーく認識しないといけません。

記事の中にも書いてますが、告白というのは(性的なものも含めた)男女関係を強制的に提示した上で相手に是非を問う行為です。嫌なら断ればいいとか単純なものではなく、自分が男性からそういう対象として見られていたこと、男性から異性愛の対象にハメ込まれていた事実に、ひどくショックを受けてしまうのです。

女性の中には、男性に全く興味がない、興味がないから今後も男性とは無縁で慎ましく生きていきたいというタイプの人もいます。
そのようなタイプの場合、自分の事について異性から好意や興味を持たれる事を物凄く嫌がります。自分の領域には絶対入って欲しくない、秘密の花園なのです。
しかし、男性から告白される事で、自分が異性愛の対象としてすでにハメ込まれていた事、好意と興味を持たれていた事、ひどい言い方をすれば「好意」「興味」という形で自分の領域を侵されていた事実を知ることになります。自分の人生と交差する事なんてあり得ないと思っていた相手が、強引に自分の人生の中に入ってくるのです。
今まで男性とは無縁でいたことの幸せが強制的に崩され、それによって受ける精神的負担や苦痛は、セクハラを受けたのと同等並みになってしまう事もあるのです。人によっては暴力を受けたのと同じくらいダメージを受けてしまう事も、あるかもしれません。
これについては、男性だけでなく一部の女性からも理解されないようですが、それだけ繊細でデリケートな人もいるという事なんですね。

私もつい2年前までは理解できなかったというか、そういう人がいるという事自体、想定していませんでした。
しかし、2年前、意を決してある女友達に告白した事があったのですが、相手は下を向いたままフリーズしたように固まってしまいました。
「嫌なら断って欲しい」と何度も念を押したものの、下を向いたまま固まって反応なし。
全く想定外の反応でしたが、数分が経過したあと、「今まで通り友達でいて欲しい」と言われ、結果的にはフラれた形ですが、相手からは何度も「友情を壊したくない」「今まで通りの関係を維持したい」と念を押され、今後もお互い友達同士でいようと誓い合いました。
その後も連絡はとりあっていたものの、1ヶ月後に音信不通にされ、結果的に友達をひどく傷つけていた事に後から気付いたのでした。
よく「告白しない後悔よりも、告白してフラれた後悔を」とか、「当たって砕けろ」みたいなのもありますが、私の場合は当初想定していた「告白してフラれた後悔」ではなく、「告白して友達を傷つけてしまった後悔」という事になってしまいました。

今回の「告ハラ記事」については、賛否両論があります。というか、反論意見のほうが多いです。
「せっかく勇気を出して想いを伝えたのに!」という反論も見受けられますが、相手を好きになったのならその人には幸せでいて欲しいと思うのが当たり前だし、その人の幸せを第一に考えて行動するべきです。それを「せっかく勇気を出したのに!」等と、自分の気持ちが先行して相手を尊重できないのなら失格です。

自分からの告白に対して相手も「嬉しい!」と思ってくれるのなら告白するべきだし、逆に告白を受けた相手が不快を感じたり、ショックを受けてしまうのであれば、それは事前に察知して告白をするべきではありません。
相手にダメージを与えないためにも、まずは人間関係を築き、そこから信頼関係に発展させ、その課程で告白するべきか否かは手応えで判断できるはずです。時と場合によっては自分の気持ちを呑み込んで心にしまっておく自制心も必要なのです。それが大人というものです。

その事をよーく認識して、好きな人の幸せを第一に考えて行動を起こして欲しいと思います。
すでに過ちを犯した私が言える立場ではありませんが、この教訓は他の人にも共有して欲しいと思って書きました。
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>