湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

お花見ドライブで運転した新型コースター

2017-04-11-1.jpg

今までメルファ7でお世話になってきたトナカイレンタカーですが、新型コースターを納車したのでレンタルしました。
正確にはコースターではなく、日野リエッセⅡだけど、リエッセRX系(前扉でエアブレーキ付)と紛らわしいので、コースターとしておきます。トナカイさんはリエッセRX系もリエッセⅡも所有しているので、尚さら紛らわしい。

本来は沢山の写真を撮って詳しく解説する予定だったのですが、最終日の午後くらいに誤ってデジカメを「絵画モード」にしてしまったため、それ以降に撮った写真はすべて絵画風に変換されてパーになりました。
コースターの写真だけでなく、河口湖周辺の洞窟を探検した写真とかも全てパー・・・、デジカメにそんな機能いらねーよ!

納車されて2週間、走行距離は300kmだけという新車でした。
運転機器もナビもオーディオもすべて大手レンタカーの乗用車と同じで、なんというか、もうバスではなく乗用車でしたね。
客席のリクライニングは、レバーではなくヒモを引っ張って操作するところも乗用車と似ています。
グレードは一番上のEXで、エンジンも180馬力の高出力タイプだそうなので、そこがトヨタレンタカーのコースターと違うのでしょうか。
ただ、本来は標準装備であるはずのAUX端子(音声入力端子)が、ナビを取り付けた際になくなってしまったらしく、音楽は現況CDだけのようです。ナビ自体はAUX端子による音声入力モードにも対応していたので、端子を取り付ける工事をすれば使用可能になると思います。もしかしたら、実はどこかに端子が隠れていて、スタッフもオレも発見できなかったという可能性もゼロではありませんが・・・。

ミッションは6速ATで、メーター読み時速100km/hで1900回転でした。変速ショックもなく、やはり乗用車のATと同じです。
ただ、6速もあるので回転数は低くなり、メルファ7と比べるとエンジンブレーキや排気ブレーキが利かないです。そんなに重たい車ではないので、フットブレーキへの依存度を高めても問題ないのかもしれませんが、下り坂ではやはりこまめなシフトダウンは必要だと思います。
燃費は約6.6km/Lでしたが、往路で10人乗せたまま結構飛ばしたので、速度を落とせばもっと伸びると思います。
エンジンはターボ付きなので、高速道路で休憩時は最低3分アイドリングしてエンジンを冷却してから止めること、あと排ガス浄化装置もついてるので、表示灯が点いたらボタンを押して浄化する必要があります。

車内は、全席で3点式シートベルトが標準装備になりました。
全長7m(6990mm)はどの小型バスも同じですが、車体幅は先代の2035mmに対し、本モデルではリエッセRX系やポンチョと同じ2080mmまで拡大されたので、先代よりもシート幅に余裕ができたと思います。
全高も先代の2580mmに対し、本モデルでは2635mmになり、室内高も拡大されたようです。

またレンタルする機会があったら、今度はちゃんと写真を撮って紹介したいと思います。
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>