湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

列車運休→駅員を取り囲んで罵声

昨日はタクシー乗務日でしたが、関東にしては珍しく強風が吹き荒れたため、多くの列車が運休、遅延しました。
それに伴いタクシーはフル回転、駅の乗り場は長蛇の列で、並んでるお客からはイライラ感が漂ってました。
このフル回転で私は、大船、茅ヶ崎、逗子、本郷台に行きました。同僚の中には、東京行ったとか、小田原行ったとか、横須賀行ったという人もいました。
商売的には有難いですが、こんな大勢の人間が殺気だって大混乱する様子はやはり嫌ですね。オレまでトラブルに巻き込まれそうでこわい。

で、お客様と話してると、「なんで電車は強風程度で止まるんだ!」「目的地まで行けないのに何の補償もない!」「駅員の説明に納得できない!」と、JRや駅員の対応に不満を漏らす人が結構いました。さらには、「駅員にタクシー代を出せと絡んでる人がいた」 「数人の客が駅員を取り囲んで罵声を浴びせていた」みたいな話しも、聞きました。去年の近鉄車掌飛び降り事件を思い出します。

強風で止まる理由は、やはり安全第一だからとしか言えませんね。2005年の羽越本線脱線事故のように、たかが強風でも電車が横転して死人が出るケースもあるわけだし、この事故に対しては「安全軽視」だの「無理な運行」だの、JRを非難する報道が沢山されました。そういうわけで、お客様の命を奪わないために、強風程度でも電車はすぐ止まるのですが、止まったら止まったでギャーギャー文句を言う。

運休に対して補償しろと言う主張ですが、現実的には運賃料金の払い戻しを超える補償は、無理だと思います。
もともと、運休や遅延の対応については旅客営業規則や運送約款で定めており、乗客はこれに同意して利用しているのが前提です。
採用試験に行けなかった、ライブに参加できなかった、予約していたホテルやフェリーに乗れなかった、等の間接的な被害を主張する人がいますが、交通機関に限らず殆どの契約において、そんな間接被害までは補償しません。
どんな契約にも不可抗力はあるわけですから、利用者としてはそれくらい想定しておくべきじゃないですかね。

そんなに大事な用事なら、前日に到着して現地で宿泊するべきだし、実際に受験においては親が子供にそうさせるケースが結構あります。
自分ではそういった備えは全くしないで、すべて他力本願で、何かあってから「自分は被害者だ!どうしてくれるんだ!」みたいな主張をするのは、人としてどうかと思います。
列車の運休や遅延は今に始まった事ではなく、1870年に日本の鉄道が開業してから現在に至るまで発生している事です。その中でも安全性と正確性は世界に誇る水準まで達しましたが、世のサービスが向上すればするほど、人は権利だけ主張して自分では何もしない他力本願になっていくんですかね。

仮に、鉄道は如何なることがあっても運休や遅延をすることは許さないというのなら、並行する鉄道線を2本建設してバックアップをとる必要があります。もちろん、そんな事をすれば経費は2倍、運賃も2倍です。
間接被害まで補償しろと言うなら、想定されるあらゆる被害に対して保険をかけておく必要があり、もちろん保険料は運賃に加算されます。
みんながみんな自己権利を主張した結果、あらゆる契約はバックアップが必要になり、効率は悪くなり経費は上がっていきます。そんな世の中をお望みですか?という事です。
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:35 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

今はいい時代です。

断言します。
今はいい時代です。

なのに嘆き悲しみ怒り心頭な方がいますが、
このような人は自分で自分を追いこんでいるだけかと思います。

業界で働く方の懸命さが伝わってきます。
あれこれ規制はかかるしシステムも複雑化していますが、
これも元はと言えば、高い要求とリスクを負わず身勝手な行動をとったりなどを回避するためのいたちごっこの結果ともいえます。
片目つぶるくらいがちょうどよいのです。

10円すくないと大騒動するなら、10円多くても騒動するべきですが、
1,000円多くてもあまり騒がないようです。
これってオカシイです。

過度なほどの安全対策も元をたどれば過剰な要求に応えるための施策がほとんど。
どんどん肩身が狭くなっている世の中ですが、
クレイマーは肩身が狭い世の中が大好きなのでしょう。

電波時計が必要な国はこことあとひとつくらいだそうです。
公共交通が定刻でくること自体が世界的には稀だとか。
ここにいるとそのありがたさにマヒするんです。
それでもなお要求してくるおバカさんは一度外の世界を見てみるべきでしょうね。

と言っても、彼らは「ここは日本だぞ!」と逆切れするでしょぅが…。

転職の件は、
迷惑かけましたが、表面上だけかもですが円満に転職できたので良かったです。(試用期間内)
それと驚いたのは、次の職場は元の業界に里帰りしたようなものだったこと。
こないだの短期転職がなければなかった縁です。
経験があったことと、なんと別の会社でお世話になった方がそこの主要ポストにいまして…。

| ロミエル | 2017/02/27 13:14 | URL | >> EDIT

Re: 今はいい時代です。

ロミエルさん

>公共交通が定刻でくること自体が世界的には稀だとか。
仰る通りだと思います。
日本も、昭和期の国鉄はストライキで頻繁に運休しましたが、今では考えられないですね。
本当にいい時代です。

ただ、そのぶん労働者に求められるレベルも右上がりで、私が勤務するタクシー会社でさえ、応募者を不採用にするケースが増えているようです。昔では考えられないと内勤の人が言ってました。

| 中野 螢一 | 2017/02/27 23:31 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>