湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

2017年改正の新普通免許について

現行の普通免許よりも、運転できる車種の範囲がさらに制限された新体系の普通免許が、2017年3月12日より施行されます。
現行と比べると、
・最大積載量(積める荷物の重さ)は3トン未満から2トン未満に変更
・車両総重量(のせる荷物や人を含めた車両全体の重さ)は5トン未満から3.5トン未満に変更
・乗車定員は10名のまま変更なし

という事になりました。
しかし、数値だけ見ても具体的にどの車種が運転できるのか、できないのか、わかならい人も多いと思うので、ざっとまとめておきます。参考までに4ナンバーとか3ナンバーというカッコ書きも加えておきますが、わからない人はスルーしてください。



2017-02-12-1.png
貨物用ワンボックスカー(4ナンバー)
新体系の普通免許で運転可能です。積載量は850~1250kgになっているものが多く、車両重量(荷物や乗員を含まない車だけの重さ)は2トンぐらいで、貨物や乗員を含めた車両総重量は3トン前後になってるものが多いです。



2017-02-12-3.png
10人乗りワンボックスカー(3ナンバー)
こちらも新体系の普通免許で運転可能です。車体はミニバンサイズと同じ全長4.9mのほか、スーパーロングという全長5.4m仕様もあり、この長さになると運転技術はトラック並みです。スーパーロングの場合、車両重量は2トンぐらい、定員まで乗せた車両総重量は2.7トンくらいで、上記貨物車と比べると、車体の大きさは上回っても重量は下回ります。一般的に貨物よりも人間のほうが軽いためです。
ちなみに、スーパーロングと同じ車体で定員が14名のコミューターという仕様もありますが、定員10名を超えると法律上はバス扱い(2ナンバー)になり、中型免許が必要になるのでご注意を。



2017-02-12-2.png
小型トラック(4ナンバー)
今まで普通免許で運転できたものの、今後は運転不可となるのがこのクラスです。いわゆる2トン車というもので、車体の大きさは4ナンバーの限界である全長4.7m、幅1.7mに設定されており、アルファードやエルグランド等といった3ナンバーの乗用車よりも小さいのですが、積載量は2トンでワンボックスカーのほぼ2倍、貨物を含む車両総重量は4.4トンにも達するため、新体系の普通免許ではアウトになりました。
ちなみに、2トントラックとか4トントラックという呼び方ですが、これはおおよその積載量を表しているもので、車両そのものの重さではありません。前述の通り、2トン車だと貨物を含む車両総重量は4トンを超えることが多く、4トン車では車両総重量8トンになります。



2017-02-12-4.png
キャンピングカー
小型トラックをベースにしたキャンピングカーも、今までは普通免許で運転できても今後は不可になりました。もちろん、全てのキャンピングカーがダメというわけではありませんが、少なくとも写真のような2トン車ベースのものは不可です。

今回の改正により、トラック系の車種は大半が普通免許で運転不可となりますが、普通免許とは別に、新たに準中型免許というものが新設され、これは従来の上位免許とは違い、免許なしの状態からでもいきなり取得できるので、トラック系の車種を運転したい人や運転好きの人は、普通免許ではなくこの準中型免許を取得すれば良いと思います。教習車は2トン平ボディのトラックになるようです。
スポンサーサイト

| 大型二種免許 | 23:07 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

準中型免許は法律が追いついていない感じがします。
法律までが業界の要望で変わる?なんておかしいと思いますが、
仕方あるまいか。

しかし今から取るひとは大変ですね。
時折フルサイズの教習車を見かけます。こっちも緊張します。
僕は改正前のクチなので既得権ありなわけですが、
5トントラックで教習うけてはいたものの、経験なしで実車12メートルを転がしたりもしたので、
しっかりとした教習を受けられる今の制度は良いと思います。

また、運送屋さんで普通免許のかたは5ナンバーセダンの教習でいわゆる4トントラックを運転していました。
4トン以上はブレーキ操作などが別次元。
ワイドだと、感覚的には大型並みです。
また、形は限りなくフルサイズの”お化け”も運転可能でしたので、中型の制度は適正だと思っていました。

今回の改正になると、
職人さん御用達の2トントラックがかなり影響受けそうですね。
あれが準中型となるなんて、感覚的には行き過ぎな気がします。
しかし、重量的にはきちんと線引きが必要なので、
理解も出来るところです。
4ナンバー3トンはいいクルマだと思っていましたが、免許的にはメリットあまり無くなったような気がします。
酒税などもですが、メーカーの懸命の努力も法改正?であっさりメリットなくなるのパターンかもです。

例に挙げているワンボックス等で、
総重量が5005キロというのがあるとか。
これはきわどいですね。

タクシーの記事も興味深かったです。
帰省のときに特急列車に乗り遅れて、追いつくハズないのに、
”アレ、追っかけて!”とタクシーに飛び乗ったことがあります。
何度か列車の姿は見たものの、追いつくことはできず、
あきらめました。
確か2万くらい払ったと思います。
僕の無理なお願いなので断るということもできたでしょうが、
果敢に追っかけた?追いつきっこないのを承知だったなら、
クレーマーなら踏み倒した事例かもしれません。

| ロミエル | 2017/02/17 15:09 | URL | >> EDIT

Re: タイトルなし

ロミエルさん

今ごろは長距離トラックに乗務しているのでしょうか?お疲れ様です。
4トン車が普通免許で不可になったのが2007年6月3日ですが、私は普通免許をとったのが2007年7月だったので、惜しくも間に合いませんでした。友人の中には間に合って中型8トン限定の人が結構います。

しかし、5ナンバーセダンで教習を受けただけで4トン車に乗るのは無謀に思えます。私は大型二種免許をとったあと4トン車に初めて乗ったのですが、それでも当時は何度もエンストさせたり、全神経を動員してやっと交通の流れにのれるような状態であり、苦労したものです。
これが初めてメルファ7に乗ったときの、当時の記事です↓
http://nakano96.blog.fc2.com/blog-entry-328.html

4ナンバーの2トン車は準中型になりますが、一方で全長7メートル近いリムジン乗用車は、個体にもよりますが基本的には新普通免許OKのようです。ちなみに全長12メートルのリムジンも国内にあるようですが、こちらの車両総重量は調べられませんでした。
基本的にセダンは小回り性能が低く、全長12メートルのセダンとなると、どれだけ「曲がれない車」になってしまうのが興味深いですね。運転技術はかなり高くなりそうです。

| 中野 螢一 | 2017/02/17 20:59 | URL |

さっそくのレスポンスありがとうこざいます。
免許的には12メートルのリムジンも新普通でいけるってことですね。
小型の2トンダンプの方が上位免許が必要だなんて…。
線引きが重量なのでそういう現象が起こるのだと思います。
あれは曲がらなさそう。
近所で見る霊柩車!でさえ尊敬のまなざしで通過を拝みます。
油断すると横っ腹をガリガリしそうです。

長距離便は残念ながら短期間で降りました。
九州内とのことでしたのでギリギリいけるかと思っていたのですが、
実際はそうもいかず、楽しかったのですがやむなくです。
最低でも3日に1回は家に帰りたかったのですが、
基本1週間トンボで、さらに電話連絡を密にという状況でアウトでした。走りながらの電話連絡は僕は苦手です。

しかし、大型のプロフィアに乗務させてもらえたし、
前の長距離時代でもそうそうなかった四国がいきなりきて、
ETCは初体験だったので、貴重な経験ができました。
懸念していた吊り下げブレーキについてはさほどクセも感じず、
これは乗用車から乗る方にとってはすんなりなじめそうで、日野のマーケティング戦略なら一本やらたという感じです。

後輪はエアサスでした。
重量車に適正かは分かりませんが、実によくできたサスペンションで、
定量積載で走ってもブレーキの利きや操舵も良好。
もうひとつの懸念だった小排気量直6インタークーラーターボも必要にして十分で、これなら主流になるのも当たり前だと思いました。(かつての大排気量生クラを知らない世代ならなおさら。)
排気ブレーキは2段切り替えで、うまく使えばフットブレーキを使わずに下れる場所さえありました。

バスの記事見ました。
当時初めて触る感激がビンビン伝わってきました。
僕も初めてレンタルのレインボー7を運転したときはおっかなびっくりでした。
そこはやりっ放し?というか、ほとんど説明らしきはなしで
いきなり運転しました。(同じく、夕方の閉店まぎわでした…。)
僕はトラックの感覚もちでしたので、バス特有の挙動に衝撃でした。
年代モノというのもあったようですが、
ぐにゃぐにゃした感覚?
エアサスの特長なのか、ヘタっているのか。
例えると、こんにゃくに載っている?ような感覚。
最初の発進のときは逆バンクカープの幹線にある程度勢いつけて出る必要があったので、エイッと出たら、
盛大にロールして、お釣りまできたような感覚。
コケた!と思ってしまいました。

帰宅(本番は翌日)まで1時間程度あり、そのころには慣れましたが、
僕も初めてのバスは感動と興奮でした。

インパネなどは当時の大型ドルフィンと共用の感じ。
運転感覚も基本、大型でしょうね。
シフトは僕は大好きにょきにょき棒で、
パターンは左下が後退の6速。
好みとしては後退は左上が好きなのですが、慣れれば問題なしでした。

もうひとつの驚きは暖房でした。
例えるなら、石油ファンヒーター搭載ってとこでしょうか。
ちゃんと稼動しました。
しかし温度調節は苦手のようで、
最低にしても暑い場合もあり、入り切りで調整することもありました。
冬場、暑いよぉ~という車両がありますが、
理由が分かったような気がしました。
これが使えたのは貴重な体験だとあとで知ることになります。

幻?の10トンダンプでの爆走。
友人がアップしてくれています。
「10トンダンプマルミヤ」で今のところトップで出ます。
そのHP内にバスの記事もあります。
10トンダンプは基本長期貸出のようで、単発は稀だった様です。

| ロミエル | 2017/02/18 09:36 | URL | >> EDIT

Re: タイトルなし

ロミエルさん

12mのリムジンは車両総重量が調べられなかったため、新普通免許でOKかどうかはわかりません。リムジンとしては一般的な7mくらいで車両総重量が3トン弱(新普通免許可)になるようです。

長距離便は長続きしませんでしたか・・・。
あまり転職を繰り返すと企業から敬遠されるようになるので、私は会社とか慎重に調べてから応募します。現在勤務するタクシー会社も、何社かタクシーに乗って乗務員さんに話しを聞いて決めました。同じ地域でも、給料は良いけど売上げノルマと上司がキツイ会社や、逆にノルマは緩く人間関係は良いけど給料が低い会社とか、色々ありました。

ギアのR位置は、日野は中型と大型で異なりますが、三菱は大中問わず左上で統一しているようです。そのため、レインボーやメルファはRが左下ですが、エアロミディは大型バスと同じ配置でした。

暖房は最近のバスは温水式が主流ですが、これだと経年劣化で配管周辺が腐食する欠点があるようです。レンタカー屋さんが言ってましたが、配管以外にもメルファは色々な所が腐食して修理が大変だそうで、むしろ20年前のレインボーやエアロミディのほうが長持ちするのだそうです。やはりメーカーとしては新車を買って欲しいので、こうなるんでしょうかね。

関西にはフルサイズウイングのプロフィアのレンタカーがありますが、まだ借りる勇気がありません。

| 中野 螢一 | 2017/02/21 16:49 | URL |

おはようございます。
僕は、高3の3月に初めて自動車の免許を取得した者ですけれど、取得できたのが新普通免許に改正された後になってしまったので残念です。
僕はバスに興味がありバスの大きさに近い車体を運転したくて、免許を取得したらすぐに2トンロングとかを初心者マークで運転をしたかったんですけれど運転できないので代わりにハイエースグランドキャビン(10人乗り)をレンタルしました。因みにレンタルをしたのが免許を取得してから1ヶ月未満の時でした。レンタカー屋さんの方が貸す手続きの時に不安な表情をしていましたwww 。
手続きが終えた後、駐車場の車庫入れや狭い道を曲がったり山道をドライブして無事に全長5.38メートルの車体をぶつけずにレンタカー屋さんに帰庫する事が出来ました。
運転した感想は、「教習車より運転しやすい」のが率直な感想です。この手の車は、キャブオーバー型なのでボンネットがなく前がないので狭い道を曲がる時は前をそんなに気にする事もなく、車高も高いので車両感覚を掴みやすかったので意外とすんなり行けました。この車で教習所のS字やクランクをやれば試験で合格者が増えるんではないかと思いましたwww 。
因みに僕の教習所の車は、新型アクセラと新型プリウスとコンフォートでしたけどプリウスは特に窓が小さく車高が低いので前方視界が非常に悪く、しかもボンネットの先端が見えにくいのでS字やクランクはやりにくかったんですけれど、ぶつけたり脱輪はしませんでした。
最後に、新普通でハイエースのグランドキャビンを運転出来ちゃうのか不思議です。全長、全幅、高さからして準中型車サイズなのに…
結局は車両の総重量、人数で決まってしまうもんですからね〜…
なんだか新普通免許は納得いかないので、来月あたりから準中型免許を取得する予定です。
長文失礼しましたm(_ _)m

| ヨシザワ | 2017/09/16 09:15 | URL |

Re: タイトルなし

ヨシザワさん

初めまして。高校3年で普通免許取得ですか、すごいですね。
私は学生時代の生活苦で費用を捻出できなかったので、普通免許取得が19歳になってしまいました。

免許取得後も引き続き生活苦でレンタカーを借りる余裕がなく、就職後は大型二種の費用を捻出するため貯金してたので、人生初のレンタカーはメルファ7になりました。その時の様子は下記に載せてます。
http://nakano96.blog.fc2.com/blog-entry-328.html

ハイエースグランドキャビンですか。
私も友人が借りたのを運転したことがありますが、ミニバンとマイクロの中間をいく感じでしたね。ハンドルをフルに切ったときの旋回感覚はマイクロそのものでした。
準中型頑張ってください。

| 中野 螢一 | 2017/09/17 14:17 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>