湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

タクシー運転手が目的地を聞き間違えたら、運賃を全額払う必要ある?

タクシー乗って、運転手が目的地を聞き間違えたために、本来なら1540円で行けるところを2000円以上かかってしまった、これは支払わなければいけないのか、という質問を頂いたので、回答します。

聞き間違いが原因で異なるサービスを提供してしまった場合ですが、法的には料金を支払う必要はありません。
例えば、飲食店で間違えて出されてしまった商品については払う必要はなく、タクシーの場合は、本来正しい目的地まで行った場合の料金だけ払えば良いことになります。

で、聞き間違いを防止するため、注文を受けたら必ず復唱確認をするのは接客業の常識ですが、「ウザイ」とばかりに聞き流して返事をしない客が多く、聞き間違いが判明してから全て運転手のせい、店員のせい、という人が本当に多くて腹がたちます。
タクシーの仕事中だけでなく、飲食店に入って食事してるときも、復唱を「ウザイ」みたいな態度で聞かない客を見かけるたびに、トラブルが思い起こされて不愉快だし悲しくなります。

さて、運転手として私が実際に経験したのは、藤沢市辻堂の「浜見山」を、腰越の「浜上山」と聞き間違えて行ってしまったケースと、北鎌倉と西鎌倉を聞き間違えて行ってしまったケースがあり、いずれもお客様が寝てたり、スマホに夢中になってる等で、到着するまで気付かないというものでした。

・浜見山を浜上山と聞き間違えたケース
鎌倉から距離がある浜見山は滅多に行く機会がなく、より近い浜上山のほうが圧倒的に多いので、思い込みで聞き間違えたんだと思います。「浜上山ですね、承知しました」という間違った復唱をしたあと、そのまま腰越に行ってしまったわけですが、方向的にはどちらもほぼ同じなので、料金メーターは入れたままで改めて浜見山に向かう形でお客様に了承頂きました。

・西鎌倉を北鎌倉と聞き間違えたケース
最初、「×△鎌倉」という感じで聞き取れず、何となく北鎌倉と聞こえた気がしたのでそれを復唱確認したところ、返事がないので無言の肯定と判断し、出発しました。そして、到着するなり「西鎌倉と言ったんですがぁぁ?」と始まってしまったので、西鎌倉の相場料金より少し安いかと思われる1720円でメーターを切り、貸切表示で改めて正しい目的地に向かいました。

本当は、お客様を乗せたままメーターを入れない行為や、途中で切る行為は違反となり、万一事故とかあると最悪の場合タクシーの保険が使えず、大問題になる可能性がありますが、全ての運行において一切のミスなく完璧に行くことなど無理なので、間違いが発生する度にこの行為をする乗務員が(私も含めて)多いのが現況です。

メーターでカウントした料金は、必ず会社へ納金しなければいけないため、接客トラブルでメーター分の料金を頂けなかったり、全額踏み倒された場合でも、乗務員が自腹で納金しなければいけません。それを防ぐため、違反を承知でメーターを途中で切る行為が発生するわけですが、地域によっては(特に東京)、タクシーの取り締まりが厳しく、発見されれば罰則もあるので、そういう地域のタクシーはメーターを途中で切ることもできず、聞き間違いや遠回りのミスが発生するたびに、運転手が自腹で納金する事になるので大変です。
ちにみに、乗務員によっては自分に100%非がない限りは自己負担する筋合いはないと考える人も多く、メーター分をきっちり請求して接客トラブルになるケースもあります。

いずれにしても、聞き間違いによる接客トラブルは本当に馬鹿々々しいので、運転手や店員の復唱を「ウザイ」とばかりに聞き流すのではなく、是非ご協力願いたいところです。
スポンサーサイト

| タクシー | 01:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>