湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

タクシー運転手が急いでくれない

タクシー乗って、「急いでください」とお願いしたのに、わかりましたと返事するだけで急いでくれない運転手に不満がある方は多いと思います。
今回は、急いでという客の要望を無視する運転手がなぜ多いのかについて、説明しようと思います。

「黄色信号で止まることないだろ!教習所じゃないんだから!」
確かに黄色でも赤でも、まだ行けるタイミングというのはありますが、事故にならなくても警察官に現認されたら処罰を受けるのは運転手です。赤で捕まるのはもちろん、運が悪いと黄色でも捕まる場合があります。いくらお客様の要望でも、自らが処罰を受ける可能性をおかしてまでお客様のためになんてできません。

「まだ踏み切りの遮断棒おりてないだろ!なんで止まるの!?」
遮断棒がまだ下りてなくても、警報音が鳴ったら渡ってはいけません。警察官に現認されたら・・・以下、略。

「一時停止だからって教習所みたいに停止線でキッチリ止まることはないだろ!」
確かに教習所のようにキッチリ止まらなくても安全確認はできますが、警察官に現認されたら・・・以下、略。

「制限速度40km/hでも60km/hまでは出せるだろ!」
確かに日本の制限速度はかなり低いので、20km/hくらい超過しても危険はないですが、警察官に現認されたら・・・以下、略。

タクシー運転手に「急いで」とお願いしたのに返事だけで急いでくれないのは、我々は免許があって仕事しているからです。
タクシー運転手の中には、お客様の要望に対し、「おう!任せておけ!」とばかりに、昔流行った神風タクシーのごとく走り出す人がいるようですが、そういう人は遅かれ早かれ違反で捕まって、なお繰り返せば免停になるだけです。
タクシー運転手をやっていながら違反で免停になる人は、どこの会社にもいるそうですが、そんなヤツを基準にして「あの運転手さんは横浜新道で130km/h出してくれたのに、なんでアナタは客の要望を聞き入れないんだ!?」とか言われても、そんなことオレには知りません。

こう言うと「黄色信号通過で捕まるわけがないだろ!ゴールド免許のオレが言ってるんだぞ!」「オレは今まで一時停止なんかキッチリ止まってこなかったけど、ゴールド免許だぞ!」「オレは戸塚の国道1号線を90km/hで走って10年だけど、一度も捕まったことないぞ!」 みたいな主張をする人が、お客だけでなく会社の運転手にもいますが、それはたまたま運が良かっただけです。赤信号を意図的に無視しても、警察官に現認されなきゃ捕まらないのと同じです。

一度や二度の違反で免停にはならないので、運転手の中には捕まるような運転をしている人が結構いますが、私の場合は、将来的に大手のバス会社に応募するとき、事実上ゴールド免許が必須で、それが叶わない場合でも、せめて個人タクシーを開業したいので、個人タクシーも審査においてゴールド免許必須です。という事で、それまでは一度も捕まるわけにはいきません。

タクシーは原則として乗車拒否は禁止されていますが、「合理的な範囲を超える要求」については、乗車拒否できるとされています。要求を断るだけでなく、乗車自体を拒否できるという事です。
私も、客からの無茶な要求に対して、「おカネはいらないからここで降りて!」という形で乗車拒否をした事が数回あります。
いくら商売とは言っても、悪質な場合は(本人には自覚ない)お断りせざるを得ません。
スポンサーサイト

| タクシー | 01:17 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

安全第一

トラックでもでしたが、
客などの理不尽な要求というのは終わりがありません。
「それは…」と言うと、
ならよそに頼むよ…。
そう言われると極端、やるしかないのです。
そのしわ寄せは、分かる人にはわかりますね。

トラックの場合、
最終的には速度と睡眠カットで稼ぐしかない。
大型は速度リミッターで事故抑制なんてなりましたが、
その根本、分かってないなと思ったものです。
運転手は(バカなのもいますが。)好きで飛ばしているわけではない。

話戻って。
タクシー。
ホント、理不尽な要求を突き付けてくるおバカさんいると思います。

映画、TAXIの一話目最高です。
その対策?と実際の走行。
実際にその理不尽を実行するとこうなる…。
これはあえて実走しているとのこと。
だからおもしろい。
本当に公道で実写のようです。
さすがに"仕掛け"はハッタリの様ですが。

ヒットした?ため、2話、3話と出ましたが、
インパクト強烈さは1話目がダントツです。

物語り性も出てきて、続編も見るとつながるので、それも機会があるのならおススメです。

それと、映画スピードも必見です。
こちらも実走です。
大型バスが片輪走行で急旋回する危機脱出シーンはマジで手に汗にぎります。(運転はスタントマンとは思いますが実走です。)
続編、同じく。

| ロミエル | 2016/12/17 12:36 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>