湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

六義園の紅葉ライトアップ

11月下旬から、秋葉原巡りと紅葉観光と、2泊の広島ドライブ(メルファさよなら運転)に行ったため、ブログに書くことが溜まってますが、まずは紅葉観光について書きます。ドライブのレポートは今しばらくお待ちください。

昨年の紅葉観光は昼間の香嵐渓だったので、今回は夜のライトアップされた香嵐渓を見に行くドライブを計画していたところ、メルファ7のトナカイ車が引退するという事で急遽さよなら運転をおこなう事になったため、香嵐渓ドライブはできなくなってしまいました。
仕方がないので、今年は東京の都立公園である六義園へ、紅葉ライトアップを見に行くことにしました。
東京では見頃が11月下旬ですが、去年の香嵐渓の反省と、カラフルなのが見たいというのがあり、見頃より少し早めの20日に行きました。


2016-11-20-1.jpg
2016-11-20-2.jpg
2016-11-20-3.jpg
2016-11-20-4.jpg
この樹木が、最も鮮やかな赤に染まっていました。



2016-11-20-5.jpg
2016-11-20-6.jpg
紅葉だけなら鎌倉にもスポットはあるけど、ここまでカラフルなのは中々ないですね。



2016-11-20-10.jpg
日没後、さっそくライトアップを見に行こうとしたら、神秘的な、そして人工的な青々としたライトアップを発見。地面から2メートルくらいの高さまで青く輝いてる・・・。


2016-11-20-7.jpg
近づいて見たら、地面から霧を噴射して青い光を当てる仕掛けになっていました。



2016-11-20-8.jpg
2016-11-20-9.jpg
ライトアップは、写真では黄色く見えますが、実際はもっと赤くてカラフルでした。この幻想的な風景に癒されながら歩き回りました。写真はすべて黄色く写ってしまったので、見たものが記録に残せなかったのが残念です。やっぱり安いデジカメはダメか・・・。
スポンサーサイト

| 旅行・ツーリング | 19:04 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

キレイな紅葉

すばらしいですね。
すこし早めというのが良かったと思います。
コメも熟す寸前くらいの方が一等米が多く出るという話もあります。

カメラの性能で十分再現できていないとのことですが、
すばらしいです。
僕のパソコンのモニターは廃棄品引き取りの15インチ。
色もあせてきて寿命寸前の模様。
それでもキレイに見えるので、実際のそれは今見ている10倍はキレイだったことでしょう。

メルファリポートも楽しみにしておきます。
今年はこちらは金欠もろもろでダンプもバスもレンタルできなかったです。
まるまる一年この手を運転しないのはここ数年ではひさしぶりのことです。
いつも借りているレインボー7は借りるたびにどこかが壊れていっていましたが、健在か気になるところです。

言っていたらおとぽけですが、
現職をこの12月をもって退職し、
年明けから運送屋さんにカムバックすることになりました。
現職は自営のサポートのつもりで実質月半分程度の実動で勤められることを理由に不利な条件ではありましたがあえて非正規を承知で就いていたのですが、責任と業務内容は本職なみな上にどんどん業務も増えて、
現在は実質フルタイム。日によってはフルタイム以上の仕事をしています。
サボっているわけではないのに、遅いと圧力もかかるし、
自営は圧迫され、ついに廃業同然となってしまいました。

そうなってしまうとここにいる理由がありません。
そこに運送屋さんの求人をみつけたのです。
応募したら、とってくれることになりましたので転職することにしました。
狙っていたわけではないですが正社員です。

いろいろ志向の末、
思い切って転職することに。
それが10トン(正確には14トン車)長距離運転手です。
業界の厳しさはすでに経験済みですのでリスクは承知ですが、
正社員と個人ではそうそう運転する機会のないフルサイズが運転し放題!
もう一度、この業界に足を踏み入れようと思います。
年明けから飽きるほど運転しまくれます。

| ロミエル | 2016/12/03 23:12 | URL | >> EDIT

Re: キレイな紅葉

ロミエルさん

おお、長距離ドライバーですか。
イメージ的には、寝るのはトラックの中(住んでるw)、風呂は銭湯、食事はすべて外食、という感じですが、10日に一回しか帰宅できない、眠くても我慢して走らなければいけない、というのもあると思います。
しかし、ウチの会社でも自営業から転職してきた人がいますが、雇われているほうが気楽だそうです。給料が安いとか体力がキツイとかあっても、精神的な面でラクな仕事は長続きしやすいようです。

私は体力的にキツイのは無理という理由で運送業界は諦めましたが、ロミエルさんにおいては色々思考の末に決めたことだと思うので、長く続けられる事をお祈りします。

| 中野 螢一 | 2016/12/04 17:08 | URL |

そうなんです!

長距離運転手のイメージ、
そんな感じです。(15年くらい前の経験ですが。)

当時はレンジャー4トン平が担当。
標準キャブ車でしたが身長176の僕でもベットスペースでは足のばしてゆっくりできました。
まさに"住んでいる"でした。
ドアを閉めればそこはプライベート空間ですのである意味、
家よりもくつろげました。
キャンプ用のコンロとカップ麺なども積んでいて、
非常時でも1日程度ならひもじい思いはしなくて良くしていました。
冬場、雪で足止め喰らって大変な目にあったという同僚の話を聞いたのも理由です。
小腹がすいたときも重宝しました。
(路上でコンロにやかんのせて、コーヒーすすりながらラーメン食っている姿は怪しいだろうな。)

なかなかキツイお仕事でしたが、
目的地近くまで付けて、コンビニ(今はどこでもありますが、当時はそんなに多くなかった。)に寄り、
おつまみと飲み物をゲッチュして、
ちょっと一杯ひっかけているときは至福の時間。
ひと眠りしてから次の日、
朝食を調達して朝イチの荷降ろしに出発というのが定番でした。

お風呂は当初はトラックステーションとか大型で入れる銭湯など利用していましたが、
ガソリンスタンドで入れる(長距離運転手にはおなじみです。)のを知り、
その後は良く利用しました。
トラック対応のスタンドの多くには家庭用程度のお風呂があります。

そのうち、"お風呂"がスタンド選びの基準になったりしていました。

| ロミエル | 2016/12/05 20:37 | URL | >> EDIT

Re: そうなんです!

ロミエルさん

私も豪雪地帯にドライブ行くことがありますが、雪で足止めは考えたことがなかったです。
もし雪や故障で遭難したらヤバイので、今後は非常食の携帯を検討したほうが良さそうですね。

トラックもそうだと思いますが、バスの旅行で面倒なのが、お風呂や食事で大型車が駐車できる店舗が限られている事です。
田舎なら大型対応でなくても敷地が広いので、そのまま駐車できるケースが多いですが、市街地や都市の真ん中では駐車場が狭かったり立体式だったり等で、難しいですね。
逆にバス旅行のメリットは、自宅からフトンを積んで行けるので、乗用車旅行のようにホテルや健康ランドで泊まる必要がない事です。

| 中野 螢一 | 2016/12/07 01:00 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>