湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

能登半島ドライブ

9月24日から2日間、行ってきた能登半島ドライブのレポートです。
日産レンタカーでキューブを予約していたのですが、業者側の都合によりウイングロードに変更となりました。
総走行距離は1,334km、給油量は83Lでしたので、平均燃費は16km/Lとなりました。

AM10時45分に渋谷をスタートし、まず中央道へ。
松本ICで高速を出て、国道158号線で上高地や乗鞍の山々を超えていきます。
温泉の湯気が道路脇から上がっていたり、山には霧がかかるなど、大自然の景色を堪能できました。
上高地近くのトンネルは幅が狭いですが、観光バスが沢山入ってくるので、すれ違いの度に神経を使いました。もちろん大型車同士のすれ違いは不可なので、もしメルファで行く機会があったら、相当に注意を払わないと、トンネル内でバス同士が立ち往生、そして運転士さんに怒られるかもと、想像しました。w

中ノ湯、平湯のあたりは、今でこそ有料道路があるので簡単に通れますが、昔はヘアピンカーブや急坂が連続する難所で、事故が起きやすい区間だったそうです。
高山からバイパスに入り、そのまま東海北陸道、そして北陸道へ入り、金沢東ICで高速を出ます。

18時30分ごろ、金沢駅で相乗りの人を降ろしたあと、まず近江町市場へ。
能登産の地魚で賑わう市場ですが、もう夜なので殆ど閉店。一部の海鮮料理屋さんのみ21時頃までやってるので、そこで食事をするために来ました。ウニいくら丼を注文。ウマ―でした。

次に東山ひがし茶屋街へ。
京都の街並みにも似た、木造建造物が沢山並び、茶菓子屋さんも多いですが、もう夜なのでお店全部閉まってるし人も少ない。ライトアップされた木造の橋が綺麗でした。
このあと、‘金沢ゆめのゆ‘という健康ランドで一泊。
前回の四国ドライブで過労運転になってしまった反省から、今回は健康ランド内の簡易宿泊施設を予約し、ベッドで寝ました。簡易宿泊施設につき、構造はネットカフェと似ていて、簡易仕切りで引戸の施錠はできず、天井が筒抜けなので隣りのイビキがそのまま聞こえてきます。w

朝チェックアウトしたら、まず兼六園に入場。和を極めた日本庭園に癒されました。
ここから写真を入れますが、今まではサーバー容量をケチってたので拡大写真はありませんでしたが、今回の記事からクリックすると拡大できます。

2016-09-25-1.jpg

2016-09-25-2.jpg

2016-09-25-3.jpg

2016-09-25-7.jpg
庭内、いくつかの危険ば場所は立ち入り禁止でしたが、こちらは通れます。落ちたら水にバシャーン! ゚д ゚;)ですが、橋の上で立ち止まって眺めるのも風流です。


2016-09-25-4.jpg

2016-09-25-5.jpg
屋根に鳥。



2016-09-25-8.jpg

2016-09-25-9.jpg
兼六園の近くには、レンガ倉庫がありました。



2016-09-25-11.jpg
次に千里浜なぎさドライブウェイ。なんと、砂浜の上を車やバイク、自転車で走れます。
普通の砂浜と違って硬いので、タイヤでも走れるのですが、さすがにバイクのスタンドは沈んでしまうらしいです。



2016-09-25-12.jpg
次は巌門です。真ん中に穴があいた巨大な岩が海辺にたっていて、その穴を船で行き来することもできます。



2016-09-25-13.jpg
こちらが穴。



2016-09-25-14.jpg
巨大な岩も絶景ですが、海水も澄んでいて綺麗でした。魚が泳いでます。



2016-09-25-16.jpg
白米千枚板。
輪島の市街地を抜けて海沿いに来たのですが、途中で塩づくりの体験をやってる場所がありました。時間がないので通過しましたが、代わりに地産の塩をふんだんに使用したお菓子を購入。



2016-09-25-15.jpg
国道沿いのトンネルですが、なぜか岩が赤く染まってます。



2016-09-25-17.jpg
能登半島最先端の禄剛崎に到着。



2016-09-25-18.jpg

2016-09-25-20.jpg

2016-09-25-19.jpg
説明にもある通り、明治時代に建てられた灯台だそうで、歴史を感じます。外観は当時の文明開化を取り入れた洋風建築物という感じですね。



2016-09-25-21.jpg
次は見附島へ。このような外観から別名、軍艦島とも呼ばれていて、本当に軍艦と同じ形をしています。島まで歩いて行けそうなので、行ってみたら・・・、



2016-09-25-23.jpg
なぜか中途半端な所で途切れていました。また、近づいてわかったのですが、仮に島までたどり着いたとしても、垂直な崖を登らなきゃいけないので、シロウトには無理です。
石の隙間や海底には、沢山のあおさやワカメが生えていて、小さいカニが大量に歩き回っていました。近くの茶菓子屋で大量に土産物を購入。



次は七尾フィッシャーマンズの道の駅へ、海鮮料理を食べる目的で行きました。やはり地産のお魚はウマ―ですね。
ここで夕方になったので、帰路へ着きました。
高岡ICから高速使って東海北陸道へ直通。岐阜県の道の駅、さくらの郷荘川で温泉に入り、そのあと夜の白川郷を見に行きました。
思えば4年前に初めてnottecoに参加したとき、メルファ7の旧1号車で金沢まで同乗者を送ったあと、白川郷を7時間も歩き回って、そのままバスで車中泊したのですが、村の大まかな地理はちゃんと覚えてました。今度来たときは、合掌造りの宿で泊まってみたいですね。

このあと、深夜の高山と、乗鞍、上高地の山々を越えて帰りました。中央道の高い所から見える街明かりが綺麗でした。
スポンサーサイト

| 旅行・ツーリング | 19:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>