湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ライドシェアでSA置いてけぼり事件

2016/04/21追記:改変していた内容を実際の通りに修正します。
nottecoで梅田から渋谷に向かうドライブに同乗者として乗せて頂いたのですが、途中の駿河湾沼津SAで休憩した際、ドライバーさんが私を待たずに出発してしまう事案が発生しました。

AM4時55分頃、SAに到着して、「休憩します、えーと20分です。」とドライバー氏に言われ、5時20分発という認識で車を降りました。
食事を済ませて車に戻ろうとしたら、駐車場に居ない・・・、時計はまだ5時19分20秒。
駐車場所を失念したかと思って慌てて周辺を探しましたが、まったく見当たらず。

おかしいと思ってメールをしても返信はなく、1時間経っても連絡が着きません。カバンは車に置いてきてしまいましたが、スマホと財布だけは持っていたのが不幸中の幸いでした。
仕方ないので、最寄りの東海道線、原駅まで1時間歩くことになりました。その間に返信が来て、要は私が無断で集合時間を守らないから出発したとのことでした。

相手方の認識では、「4時55分にSA入って20分休憩と言ったのだから、出発は5時15分でしょう。」 「出発時間を過ぎて5分待ったがお見えにならず、連絡もないので出発した。」だそうです。
そして、私は313系電車の中で相手方とメールで口論しました。
特にドライバーさんの「5分待った」という主張に納得できず、「20分休憩(5時15分発)と5時20分発を勘違いしたとしても、5分しか遅れてないじゃないですかー!でももう居なかったじゃないですかー!」とか、そんな水掛け論みたいなメールをやりとりした末、「そもそも時間ギリギリまで帰ってこないのが悪い、5分前行動がマナーでしょう。」と相手に言われてしまい、反論できず、最終的に私が折れる形で一応和解することになりました。

という事で、どちらが悪いとかいう事はもう議論しませんが、結論としては「20分です」というアバウトな表現で納得してしまい、具体的な出発時刻をお互い確認し合わなかったのが悪いんだと思います。
最終的には、相手方も一応は謝罪してくれたのと、荷物も相手方の送料負担で送って頂きました。

しかしまぁ、同乗者をSAに置いて行くとは・・・。
ここ数カ月、同乗者としてnottecoに参加することが多いのですが、今まで会ってきたドライバーさんは親切な方ばかりだったので、なんというか油断していたのかもしれません。
私自身もドライバーとしてnottecoで運行中、同乗者が無断で数分遅れてくるというケースは何度か経験しました。確かにルールやマナーを守らない行為は迷惑ですが、それでも私は待ったし、今のところ同乗者を置いて行ったことは一度もありません。出発前には人数確認をするし、小型観光バスのときはシートで死角になるので、車内巡回してまで人数確認してます。まぁ、どうしても連絡がつかなくて行方不明になってしまった場合は、出発することもあるかもしれませんが・・・。

相手方はnotteco初利用のようでしたが、ルールやマナー、注意事項に関しては募集欄にきめ細かく記入されていたので、結構真面目な方なんだなぁというのが第一印象でした。しかし裏を返せば、マナーに関しては厳しいという事なんですね。
という事で、ライドシェアの教訓がまた一つ増えました。
スポンサーサイト

| のってこ! | 00:40 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

運転していた人は、どんな感じの人でしたか?
集合時間前なのに行ってしまう・・・ 変な人ですね。しかも、ブログ主さんのカバンも持っていってしまう。これは、窃盗罪に当たりますよね!その車のナンバーを覚えていたら警察に通報してやりましょう。
僕は、5年前富士市に住んでいたので原駅からSAまでの道のりは、なんとなくわかります。けっこう遠いと思うけど、よく歩きましたね。そのドライバーきっとどこかで大天罰がきますよ。

| こうき | 2016/02/17 18:09 | URL |

Re: タイトルなし

こうきさん

一応そのドライバーさんとは和解が成立し、相手方も時刻をハッキリ決めなかったことについては非を認めてくれたので、これ以上ケンカをするつもりはありません。私にとっては時刻前に出発されて置いてかれた認識ですが、相手にとっては、時間内に戻ってこないから置いていったということですから、これはいくら議論しても水掛け論にしかならないので、ここはお互いに主張を受け入れて和解しました。大人ですからね。
荷物については、相手方の送料負担で送ってもらえる事になりました。(住所交換済み)

社会には色々な人がいて、正義感が強かったり、マナーに厳しい人もいて、1分の遅れも許容しない、という人もいるのです。これはその人の考え方なので、仕方ないと思います。

| 中野 螢一 | 2016/02/17 23:50 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>