湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

鉄道時計

以前から腕時計ではなく懐中時計を使っているのですが、今回新しく購入した懐中時計を紹介します。

2015-11-17 鉄道時計
見た目はフツーの懐中時計ですが、実は列車運行に使われる専用品で、鉄道時計といいます。
セイコー製で27,000円もしました。さすがブランド物ですね。実際に使ってみると、その正確性は本当でした。4日間放置しても0.5秒のズレしかない。



2015-11-17 E531系運転台
2015-11-17-2.png
知ってる人は知ってると思いますが、日本のほとんどの鉄道は時刻確認において、運転士が自分の時計を持ち込んで、運転台にセットして使っているのです。
写真を見てもわかりますが、アナログ計器が並ぶ旧型車両はもとより、液晶ディスプレイが並ぶ新型車両でも、運転台には時計を置く専用のくぼみがあって、これは明治の鉄道省から昭和の国鉄、そしてJRと、ずーっと変わらない伝統のようなものです。

鉄道時計自体は明治時代からあったようですが、現在のセイコー製になったのは昭和4年だそうです。当時は手巻き式だったものの、より正確性を高めるため電池式に切り替わり、もちろん私が所有している物も電池式ですが、外見は当時とほぼ変わっていないそうです。
しかし、あくまで業務用なのでアンティークとは程遠く、質実剛健さに徹したデザインとなっています。
運転士さんと同じ時計ということで、鉄道ファンの間でも広く使用されていますが、購入については、普通のお店ではまず在庫していないので、セイコー取扱店で取り寄せるか、通販を使用するかです。
スポンサーサイト

| 鉄道 | 00:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>