湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【2015】観艦式、護衛艦「おおなみ」に乗艦

平成27年10月18日、観艦式の本番に参加しました。
私自身で応募したわけではありませんが、自衛隊マニアの先輩が当選して、しかも何枚も当選したらしく、それなら私も行きたいとか言ったら、あっさり同行させてもらえる事になりました。
1万人の枠に対し、全国から16万人も応募してくるイベントなので、当たる確率は物凄く低いんですが、〇〇な方法で当選したそうです。

船・・・、
考えてみたら、私が乗ったことあるのは、箱根の遊覧船と、お台場の水上バス、江ノ島の水上バスだけです。自衛隊の艦艇どころか普通の客船にも乗ったことないので、スピードが出る本格的な船って、揺れとかどんな感じになるのか想像がつかないんですね。まぁ酔ったりはしないと思うけど。

先輩からは、船は時速50km/hで走って風圧がすごいから、防寒対策はしっかりやったほうがいいと言わたので、当日は真冬のコートと、風圧に備えて自転車ツーリング用のゴーグル(アイウェア)まで持っていきました。
時速50km/hって・・・、私はロードバイク(自転車)で箱根を下りるとき、見通しが良い広い所では時速50~60km/h出すので、その風圧はよく知っています。ゴーグル無しでは目が痛いし、涙がとまらないからまともに前が見えない。

そういう過酷な環境を想定して準備したものの、実際に乗ってみたら全然そんなことはありませんでした。
艦首に立ってみたけど、自転車で同じ速度を出したときの風圧が来ることはあまりなく、ゴーグルを使うことは一度もありませんでした。
しかし、真冬のコートを着てきたのは正解だったかなぁと。日がさすと温かいものの、雲に隠れると一気に寒くなるんですね。希望者には毛布が配られましたが、私は使いませんでした。

では、写真付きでレポートを書きます。



きりしま、むらさめ、あたご
夜勤明けで3時間しか寝れませんでしたが、5時55分に藤沢を出て横須賀まで来ました。吉倉の港に入って、最初に見えた艦艇がこの3隻で、左から順に、「きりしま」「むらさめ」「あたご」。しかし、我々が乗る艦艇はこれではありません。



2015-10-18-2.jpg
この「おおなみ」が今回乗る護衛艦です。実際見たときは、前の3隻よりも「小さい船だな」と思ったけど、後で調べてみたら大きさ自体は平均的だったようです。艦橋が小さいだけですね。



2015-10-18-3.jpg
さっそく乗艦手続きへ。おおなみに乗る参加者は、まずこの「くらま」に乗ります。乗組員さんが一人一人に挨拶して出迎えてくれました。



2015-10-18-4.jpg
くらまから橋を渡って、おおなみに乗り移る形で乗艦。
ちなみに、くらまは総理大臣が乗る観閲旗艦です。


2015-10-18-11.jpg
地下に休憩室があると言うので、こんな穴からハシゴを下りていきます。



2015-10-18-12.jpg
まさに軍艦内部という感じ。



2015-10-18-13.jpg
出港すると満席になってしまうので、出港前、他の参加者が船のあちこちに気をとられている間に、ここで朝ごはんにします。船の見学は出港後にできますからね。ここで吉倉で買ったカツサンドと、艦内で買った海軍カレーパンなるものを食す。



2015-10-18-5.jpg
朝食を終えて最初に行ったのはここ。ブリッジを上がって操舵室です。出入りは自由で、航行中でも舵を握っている操舵手さんのすぐ後ろで見学することができました。



2015-10-18-7.jpg
これで自艦の位置を把握するらしい。



2015-10-18-6.jpg
これで周囲の船を把握するらしい。



2015-10-18-8.jpg
2015-10-18-9.jpg
船には必ずついている「舵」ですね。博物館で大型船の操舵シミュレータをやったことがあるけど、一般的な大型船で想像していた大きなものではなく、乗用車のハンドル程度の大きさです。
航行中は我々一般人にはわからない用語が飛び交いますが、「取舵10度」 「面舵10度」だけはわかりました。取舵(とりかじ)が左で、面舵(おもかじ)が右ですね。しかし、これまた博物館と違ったのは、10度だけでも博物館ではデッカイ舵をグルグル回したのに、こちらでは操舵手さんがちょこっと回すだけで10度でした。やはり戦場での機動性を考慮して、そのような仕様になってるんでしょうかね。



2015-10-18-20.jpg
んー、わからん。けどいかにも「航海!」って感じの雰囲気がでてるw。



2015-10-18-10.jpg
艦橋の上にあるレーダー。



2015-10-18-16.jpg
2015-10-18-19.jpg
艦橋に上がるときは、写真にうつっているハシゴを登りますが、事故防止のため乗組員さんが常に見張っていて、声をかけてくれたり、荷物を持ってくれたり、本当に親切でした。客船じゃないので上行くにも下行くにも階段は一切ありません。



2015-10-18-21.jpg
出港すると、操舵室は見物客で混雑。



2015-10-18-18.jpg
速度はこれで確認できます。1kt(ノット)は時速1.852km/hなので、時速16.6km/hで走ってることになります。
浦賀水道(制限速度12kt)で撮影したのでこんなに遅いですが、相模湾に出ると最大で24kt出ました。半速とか強速とかいうのはエンジン出力を段階的に表しているものらしく、巡航は原速で13ktくらいでした。一杯は緊急避難用でむやみに使うとエンジンが壊れるんだそうです。




2015-10-18-22.jpg
艦首



2015-10-18-23.jpg
大砲は、この艦にはこれ一つしかついてませんでした。



2015-10-18-24.jpg
艦首からブリッジを見上げる。



2015-10-18-25.jpg
出港早々、毛布に包まって座り込んだり、日に当たりながら仰向けに爆睡している人が多数。
参加者は全国から集まってくるので、遠方だと始発列車では間に合わず、周辺のホテルも一杯になってしまうので、車中泊とか徹夜とか無理をする人がいるようです。他の人が言ってたけど、まるで難民船ですね。



2015-10-18-26.jpg
2015-10-18-27.jpg
艦艇が次々と合流して、隊列を組んで航行。



2015-10-18-fdg.jpg
浦賀水道には大型船専用の航路が設定されているそうですが、そこを40隻近い艦艇が隊列を組んで通過するため、横断待ちのヨットや小型船が沢山とまってました。中にはボートでジグザグ運転をしながら大声出して手を振るお兄さんがいたりw。


2015-10-18-28.jpg
浦賀水道を出たところ。



2015-10-18-29.jpg
2015-10-18-30.jpg
後部にはヘリ発着用の甲板と格納庫がありますが、今回ヘリは搭載せず、格納庫は参加者の休憩場として開放されていました。手前の操作台みたいなのは、ヘリ誘導を行う管制塔みたいなものだそうです。



2015-10-18-31.jpg
2015-10-18-32.jpg
操舵室は見物客で大混雑。



2015-10-18-33.jpg
2015-10-18-34.jpg
隊列を組んで航行。私が乗っているおおなみは前から3番目で、隊列の中では前のほうです。



2015-10-18-35.jpg
隊列を組んでるときの速度は時速25km/h前後


2015-10-18-36.jpg
艦橋から右下を見たところ。



2015-10-18-38.jpg
艦橋の左右には、望遠鏡のようなものが備わっています。



2015-10-18-37.jpg
望遠鏡にデジカメをくっつけてみたら、ズームアップよりも綺麗に写りましたw。



2015-10-18-45.jpg
ちはや
船の大きさ自体はほぼ同じですが、艦橋がお城みたいに立派でうらやましいw。



2015-10-18-46.jpg
2015-10-18-47.jpg
2015-10-18-51.jpg
F-2戦闘機。



2015-10-18-52.jpg
F-15イーグル。中学生のとき1/48プラモデルで製作したなぁ。



2015-10-18-53.jpg
MV-22オスプレイ。実機を見たのはこれが初めてです。



2015-10-18-54.jpg
2015-10-18-61.jpg
このあと、観艦式本番が始まったものの、我々が乗っているおおなみは部隊の端っこだったため、殆どの展示が遠くて見えない・・・(´・ω・`)
中盤になって、おおなみを含む3隻が戦術運動を披露するため、舵を左右に切って蛇行。思ったよりも揺れは少なかったです。
ブルーインパルスは、遥か遠くで空にお絵かきしているのは見えたけど、機動飛行はよく見えませんでした。



2015-10-18-62.jpg
操舵室に貼ってあったプレート。



観艦式本番が終わると、船は24ktで横須賀目指して帰路につきました。
参加者が退屈しないよう、ヘリ格納庫では音楽隊による演奏が披露されました。
2015観艦式 おおなみ 音楽隊演奏
スポンサーサイト

| イベント | 20:49 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

観覧式

いいもの見せてもらいました。
前に空関係にいたものですから好きですよ。

この組織は不要という意見も聞きますが、
国の安全保障上不可欠と思っています。
個人にあてはめれば各種保険みたいなものかと。
普段はなくても困りませんが、もしものときは必要です。

先の記事で未承認となった件、
だいたい予測はつきますがどこが触れたか知りたいです。
差し支えなければメールいただければと思います。

未承認にならないように気をつけていたつもりですが
まだまだの様ですね。
内容に関してプログ内でやりとりは、それ自体がまた問題な気がしますので、これに関してはメールで直接が望ましいと思います。

ネットが普及してきて誰もが手軽にやりとりできる時代は素晴らしいですが、
必ず出てくる弊害も感じています。

こと、ここ数年は爆発的に一般に普及したからか
これは…というのも気軽に発信しまくったり、
かといえば、過度にいわゆる黒塗りみたいにモザイク等かけて投稿も見られます。
モザイクをかけまくるくらいなら出すべきではないでしょう。
または、投稿するならそれ前提に写真撮影するとか配慮も必要です。

あるホームページは十数年に渡って運営してきたものの、
管理人の公私の事情もあるものの、近年の個人情報の扱い等で運営が難しくなってきたなどの理由で閉鎖とありました。
すでに閉鎖されていて、その理由が述べているだけなので
どのようなページだったかは分かりませんが、
すごく残念です。

僕は10年近くネットに触っていますが、
やり始めのころは悪意の書き込みなどはまだほとんどありませんでした。
それが7年くらい前からなにか違和感を覚えるようになり、
そのうちに個人情報保護法が施行されてさらに違和感が増えました。
そして最近の3年くらいは何を投稿しようにも個人情報を神経質なくらいに意識するようになっています。
それでも組織や人によって扱いにずいぶん開きがあり、
まだまだ戸惑いがあるのが実情です。

ネットはまだ途上のメディアだと思います。
情報発信と個人情報保護は相反する部分が多々あります。

あまりに意識しすぎると息苦しくなるのでそこそこに考えたいですが、だからといってお手軽に発信も要注意なので
うまくやっていきたいと思います。

そちらで分かるかと思いますが、これはパソコンから書きました。
スマホは文字入力に手間がかかるのと僕の端末では書き込みフォームがすごく狭いので閲覧が主になります。

長文失礼しました。

| ロミエル | 2015/10/29 14:09 | URL | >> EDIT

Re: 観覧式

ロミエルさん

このブログは匿名で運営してきましたが、今年から私の友人や知人にも広く公開することにしました。しかし、リアルの知人や友人には言えない内容が、このブログには含まれているため、それに関してはパスワード付の限定公開記事とし、どうしても見たい人に限り、個別に私からパスワードを教えることにしました。
(ちなみにパスワード付でも公開できない記事については、別のブログに移管しました)

知人や友人に公開できない内容とは、私の職業も含まれます。と言っても大半の知人や友人には私の職業を明かしても問題ないですが、ごく一部の方には明かせない事情もあるのです。
今回、ロミエルさんのコメントにはそれが含まれていたため、未承認としました。具体的な事情を知りたいようでしたら、自己紹介の記事にメールアドレスを載せましたので、ご連絡ください。



>過度にいわゆる黒塗りみたいにモザイク等かけて投稿も見られます。

当ブログで顔を黒塗りにするのは、肖像権とプライバシー権に配慮しての処置です。これがないと、人権侵害だとかで裁判とか示談とかイチャモンをつけられたとき、法的に不利になる可能性があります。
ネット上には「人様の顔にモザイクってどうなの?まるで犯罪者扱いじゃないか!」って意見もあるようですが、法を盾にイチャモンをつけてくる人がいる以上、法律は守らないと自分を守れません。人様の顔を写さないのは、ブログをやる人の常識という事でご理解ください。

>モザイクをかけまくるくらいなら出すべきではないでしょう。
>または、投稿するならそれ前提に写真撮影するとか配慮も必要です。

今回のように大規模なイベントとなると、どうしても他人が写ってしまうのは避けられないため、かと言って顔が写ったから公開しない、というのも勿体ないので、モザイクばかりの写真となりました。
最後のyoutube動画も、なるべく人の顔が映らないように撮影しましたが、それでも映ってしまい、編集して一部非公開としました。

| 中野 螢一 | 2015/10/29 17:43 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>