湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

三菱ふそうエアロミディMJ 26人乗り 日邦1号車

大阪の日邦レンタカーシステムが所有するエアロミディMJをレンタルする機会があったので、紹介します。

関西はレンタカーの価格競争が盛んで、日邦さんも格安レンタカーなのですが、やはり安いなりにガチガチな商売をしているようで、まず、返却時の延着は連絡の有無を問わず絶対厳禁という条件がつきます。予約状況によっては次の人に影響が出るそうです。また、契約時間を過ぎた時点で無保険運転となります。
あと、車内掃除が行き届いてないのが残念だったかな・・・。


DSCN1322.jpg
DSCN1328.jpg
DSCN1324.jpg
DSCN1325.jpg
型式:PA-MJ26RF
メーカー:三菱ふそう
車名:エアロミディMJ
年式:2007年
エンジン:4M50(T6) 直列4気筒ターボ
排気量・出力:4899cc・154kw(210PS)
ミッション:フィンガーシフト(FCT)OD付6速マニュアル
車両重量・車両総重量:?
定員 : 25名(正座席21名、補助席3名、運転席1名、ガイド席なし)
車長・車幅・車高 : 6.99M・2.30M(ミラー含まない)・3.26M


運転した感想としては、最近の4トン車と同じく低排気量の4気筒にターボを組み合わせたエンジンで、ギア比を大きくとっているので、従来の大排気量6気筒エンジンと同じ感覚で回転を上げるとレッドゾーンに入るので注意が必要です。
ブレーキとハンドルは、さすが評判の高い三菱とだけあって安定していました。直進安定性もメルファ7よりは良かったし、ブレーキも加減し易かったです。

スペック的には路線型MEシリーズと同じで、主にコミュニティバスで活躍するMEと同じ独特のエンジン音が東名高速で炸裂しました。w

窓ガラスはスモークフィルムを貼ったメトロ窓。
屋根のマーカーランプは前のみで、後ろにはありません。



DSCN1311.jpg
DSCN1315.jpg
座席はスタンダードなリクライニングシートですが、前後のピッチは余裕があるので足元スペースは広いです。
今回は全席前向き仕様で使いましたが、後ろ二列はサロン対応です。



DSCN1317.jpg
メーター類はそれなりに新しいデザインですが、全体のレイアウトはメルファ7に比べると古いですね。同年代のエアロバスと比べても古い格好です。どちらかと言うと初代エアロバスに近いですね。これは1988年当時にフルモデルチェンしたエアロミディの流れを基本的に汲んでるので、20年以上前からマイナーチェンジは何度かしているものの、フルモデルチェンジを一度もしていないので、外観のほか、前扉やダッシュボードの形状など、当時のまま変わっていない所があちこちにあります。



DSCN1318.jpg
サイドブレーキはホイールパーク式です。これはメルファ7にはない最新の装備ですね。トラックでも大型しか採用してないので、中型の4tにはついてません。なので俺ら一般ドライバーが操作できるのは、このエアロミディだけになると思います。
従来のワイヤーで引っ張るサイドブレーキは、ワイヤーが切れるなどの危険が伴うので、特に坂道では歯止めが必要ですが、このホイールパークならワンタッチで確実に固定できるので歯止めは必要ありません。


DSCN1319.jpg
シフトレバーは、ふそうバスで標準に採用されているフィンガーシフトです。
ただし、エアロミディ観光系は(7M、9Mとも)オプション扱いで通常は棒レバーになるので、幸いにも日邦さんがフィンガーを選択してくれたことになります。バック(R)に入れるときは、下(床方向)へ押しながら入れる必要があります。
ギア配置は大型観光バスと同じで、初めて操作しましたが非常に扱いやすく、入れ間違いは一度もありませんでした。


DSCN1337.jpg
右側窓の下にあるスイッチ類ですが、殆どは照明関係です。左側の前から二番目がドアスイッチ、右側の前から二番目がニーリングのスイッチです。


DSCN1340.jpg
手前から、客室テレビモニターの収納スイッチ、暖房ヒーター、換気扇、そして奥の二つは客室照明の明るさ切り替えです。照明は明、中、暗の三段階切り替えですが、大半のバス会社では暗にセットしているようです。実際、まぶしいだけなので私も暗で使用しました。


DSCN1343.jpg
CD、DVD再生できます。


DSCN1344.jpg



DSCN1330.jpg
一応はハイデッカー構造なので運転席を過ぎてからも一段のステップがありますが、メルファ7のハイデッカーと比べると床は低いようで、運転席との高低差は小さいです。


DSCN1333.jpg
これが冷蔵庫とカーポットで、左側最前列席の前にあります。


DSCN1334.jpg
左側が冷蔵庫で、右側がポット。


DSCN1335.jpg
そしてポットの蛇口。


DSCN1346.jpg
運転席の仕切りです。ガイド用の転落防止背もたれと、運転席背後には仮眠用の切り抜きがあります。


メルファ 仮眠席
これは違うクルマですが、仮眠席の使用方法を説明します。仕切り板の仮眠用切り抜きを倒して、客席と一体化させることで、足を伸ばしてリラックスできます。


私が撮影した動画です。ブログ上では画面右側が欠けるので、クリックしてYOUTUBEで見てください。




【ドライブ実績】
・2013/02/08(金) 京都、大阪→渋谷、新宿


【関連記事】
日野メルファ7の運転(ド素人のための運転解説)
日野メルファ7 27人乗り トナカイ1号車
日野メルファ7 29人乗り トナカイ2号車
日野メルファ7 21人乗り トナカイ3号車
・三菱ふそうエアロミディMJ 25人乗り 日邦1号車
スポンサーサイト

| 車両図鑑 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nakano96.blog.fc2.com/tb.php/184-d02e028e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>