湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

観光バス仕様のレンタカー維持考

トナカイメルファ1号車の退役がありましたが、さらに岐阜の旭レンタカーでもメルファがラインナップから消えていた事が判明しました。そこで観光バス仕様のレンタカー維持について、バスマニア友人との話し合いで出た意見をまとめておきます。正直いって意見の内容自体は大変低レベル(実現不可能な空想ばかり)ですが、同じことを考えるバスマニアの参考にしてもらおうと思いました。


法規制で車体が7メートルに制限されているが、9メートルまで緩和するよう提言する
一番最初に出た意見でした。「レンタカーのバス規制は白バス防止が目的だから、人数を制限するのはわかるが、長さを制限する意味がわからん。人数は29名以下のまま、長さは9メートルまで緩和してもいいじゃねーか」というものです。
確かに、この規制は白バス防止のためとよく言われていますが、人によっては貸切バス業界の保護も兼ねていると解釈する人もいます。レンタカーで9メートルバスが出現すると、貸切バスと競合する可能性があり、貸切バス業界の反発があるかもしれません。この部分を考えると、やはり役所としては貸切バス保護を優先すると思います。


自動車メーカーにメルファ7やエアロミディMJを復活してもらう
小型観光バスに限らず、現在は観光バスそのもののラインナップが大幅に縮小しています。近年は排ガス規制にかかるコストが大きく、どのメーカーも合理化に走らざるを得ないようです。そのため、一定の需要があった中二階スーパーハイデッカーやダブルデッカーさえ販売中止されてしまうのが現況です。さらに日野セレガ=いすゞガーラとか、日野メルファ=いすゞガーラミオとか、いすゞエルガ=日野ブルーリボンといったように、違うメーカー間で同じクルマを販売するような状況です。ハッキリ言ってムリですね。


海外まで視野を広げれば小型観光バスあるんじゃないの?
ネットで探した限りではありませんでした。それにネオプラン車の火災事故や、ヒュンダイ車の整備性の悪さ(海外製なので部品の取り寄せに時間がかかる)など、あまり良い話は聞かないです。だいたい私を含めた大半のバスマニアは、国産車にしか興味がないですよ。そこらへん走ってる路線バスや観光バスと同じ部品、同じ機器類、同じ運転台やハンドルだから、マニアが喜ぶのです。w 


トナカイメルファ3号車1号車(MT)のミッションを移植してもらう
またトンデモな意見ですが、これはトナカイレンタカーからメルファMT車が消滅した事について、MTを復活して欲しいという意見です。ネットで検索してみたところ、実際に海外製バスやトラックや軽自動車をATからMTに改造した実例があるようです。しかし、これらはマニアのマニアによるマニアのための魔改造で、いずれも趣味で行われたものです。あるいはバスの実例では、海外製のスーパーハイデッカーだったためATミッションの整備ができず、止むを得ず廃車体からMTミッションを移植したそうです。
で、こういう魔改造は膨大な費用がかかります。上記のとおり海外製スーパーハイデッカーの車体価格が極めて高価で止むを得ないという事情があったり、あるいはマニアの趣味によるものに限られます。
レンタカー会社は趣味でやってるんじゃないですから、膨大な費用がかかる魔改造はできません。あと、トナカイメルファ1号車は退役するとは言いましたが、廃車になるとは聞いてません。たぶん、中古車に流れると思います。


現行メルファ(9メートル)をキャンピングカーで登録する
私が出した意見です。実際にリエッセRX系のキャンピングレンタカー(8ナンバー+「わ」ナンバー)が名古屋に実在していますね。2ナンバー登録のバスをレンタカーとして登録するには、定員29名以下とか車体7メートル未満という制限があるのですが、あくまで2ナンバー車のみの規制なので、1ナンバーや8ナンバーにはこれらの制限がありません。実際にトラック(1ナンバー)のレンタカーは7メートル超えが普通に出回ってますからね。同様に8ナンバーでも7メートル超えは可能なので、9メートルのメルファでも8ナンバーならレンタカー営業できるはずです。

キャンピングカー(8ナンバー)登録の具体的な条件については、まだ調べきれていない部分がありますが、定員に対して一定の割合の寝台を設置すること、流し台、ガスコンロの設置、これらの設備で車室面積の半分以上を占めていればOKのようです。
リエッセの10人乗りキャンピングカーでは、寝台が10名分確保できておらず、10名寝るには9メートルクラスが必要になるようです。

仮にメルファの10人乗りキャンピングカーでレンタカー営業するとして、一番の問題は採算です。
キャンピングカーは娯楽用途につき、税金はバスより大幅に高くなり、保険もバスは事故率が低いので安いのに対し、キャンピングカーはそれなりに高くなります。税金&保険料が高くなるという事は、それなりの稼働率を確保しなければ採算がとれないという事なので、昨今のレジャー低迷を考えると実現は無理ですね。


無題
これが10人乗りのキャンピング仕様のリエッセ。
スポンサーサイト

| バスの知識 | 20:31 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

トナカイメルファ 富士バスにありましたよ~

| 通りすがり | 2014/05/30 02:28 | URL | >> EDIT

Re: タイトルなし

通りすがりさん

情報ありがとうございます。これですね。w
http://www.fujibus-sales.co.jp/zaiko_03/detail.php?num=101

| 中野 螢一 | 2014/06/01 09:38 | URL |

富士バス

上記コメントにトナカイメルファのURLを貼りましたが、全く関係ない他の車に変わってます。商談が成立して消えたのでしょうか。

| 中野 螢一 | 2014/08/02 11:16 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nakano96.blog.fc2.com/tb.php/174-2c3d6b6c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>