湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

横浜線の205系

今回は個人的な想い出話なので、興味ない人はスルーしてください。

横浜線では2014年2月16日よりE233系電車の営業運転が開始され、これまで活躍してきた205系電車は本年8月までに全車引退する事が決まりました。


DSC00401.jpg
左がE233系、右が205系。


205系は国鉄時代の1984年に量産先行車が登場し、翌年に量産車が登場しましました。以来29年間に渡りJR東日本とJR西日本がそれぞれで運用されていますが、現在は最古参の量産先行車を含めた一部が富士急行に譲渡されたほか、ジャカルタにも輸出されました。国鉄として最初に投入されたのは山手線ですが、横浜線に投入されたのはJR化後の1988年9月で、私が0歳10ヶ月の頃です。

私が物心ついた頃は、大船駅が展望できる丘の上に自宅があり、幼稚園児の頃は高い所から東海道線の113系や211系、横須賀線の113系、京浜東北線の103系や209系、横浜線の205系を眺めていたのを覚えています。ごく稀に京浜東北線のブルー帯を巻いた205系もありましたね。とにかく、ずーっと丘の上から電車を眺めていました。

当時見ていた103系、205系、113系、211系はいずれも私より年上の電車で、私が生まれる前から大船駅に出入りしていたのです。

現在は103系、113系、211系はいなくなり、209系も唯一の年下電車でありながらいなくなりました。
幼稚園児の頃、丘の上から眺めていた電車の中で、唯一最後に残ってるのが現在の横浜線205系です。同時に唯一の年上電車でもあります。しかし、これも今年で全車引退となり、ついに私が幼稚園児の頃に眺めていた通勤・近郊形電車は全滅する事となってしまいました。
ただし、特急形の185系や251系はまだ残ってますがね。

横浜線には205系が28本、在籍していましたが、そのうち1本は山手線→武蔵野線を経て横浜線へ転属してきた編成で、唯一6ドア車を連結していません。先日、たまたま通勤で乗ったとき、その1本に当たったので撮影してきました。

DSC00290.jpg
DSC00287.jpg
ドア窓が小さいのが、もと山手線の証です。



DSC00285.jpg
DSC00284.jpg
DSC00296.jpg
このつり革の盗難防止カバーも山手線の名残です。他の編成では見られません。
スポンサーサイト

| 鉄道 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nakano96.blog.fc2.com/tb.php/169-a290bdb1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>