湘南ロードライン

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

サイクリングロードのルールとマナー

まず始めに大事な事を言っておきます。

サイクリングロードは自転車道ではない、歩道である。よって歩行者優先でありサイクリングロードと称する「歩道」を我が物顔で走ってはいけない。

飛ばすなら車道

サイクリングロードで飛ばさない事。



CIMG0210.jpg


私は神奈川県藤沢市在住なので、境川サイクリングロード(境川CR)をよく利用します。
車道と違ってクルマが来ないので、自転車にとっては安心という事もあり、多くの自転車乗りが集まっています。
自転車にとっての高速道路みたいな感じで、飛ばしまくる人も多く見受けられます。自転車にとっては快適な空間かもしれません。しかし、一つ大きな落とし穴があります。
それは境川CRや多摩川CRなどのサイクリングロードと称する道は、実は歩道なのです。実際に休日の午前から午後にかけては、ウォーキング、ハイキング、犬の散歩、ランニングで溢れ返っていますね。さらにはキャッチボールをしている人もいます。それらの人達のスレスレをロードバイクが飛ばしまくってるワケです。

名称こそサイクリングロードであっても、歩行者優先である以上、万が一歩行者を跳ねてしまったら、人身事故として自転車側の過失となります。特にロードバイクで高速走行中に人身事故になったら、タダの怪我では済まされないかもしれません。その場合、クルマの人身事故と同様に重大な責任を負うことになりかねません。

車道を飛ばしている時でも、人身事故が起きる可能性はあります。しかし車道は車(自転車を含む)が円滑に走るための空間であるから、車が走行する事を前提に整備されています。その車道に歩行者が飛び込んで人身事故になった場合でも車(自転車含む)の過失が大きくなりますが、それでも過失であるから、加害者側が保険等によってある程度は救済されるようになっています。

しかし、歩道は違います。歩道は本来自転車が走る空間ではありません。そこを特例によって特別に許されて自転車が通行しています。その条件として、歩行者が100%優先となっているわけです。歩行者の進路を妨げる恐れがあるときは、徐行、または一時停止する義務があります。どんな状況でも歩行者の脅威となってはいけません。そして歩道で人身事故を起こした場合、100対0で自転車が悪くなります。これはサイクリングロードも同じです。

最近のスポーツ自転車ブームによって新規参入してきた初心者がCRを我が物顔で走っているのが問題視されています。特に多摩川CRでは、ベルを鳴らす人や歩行者に暴言を吐く人もいるらしく、サイクリストのマナーが最悪であると嫌われています。
管理者は実際に「自転車の通行禁止」も視野に入れた検討をしたそうで、結果として路面に凸凹が設置され当該区間は押して歩くように義務付けるなど、大幅な自転車規制が行われています。

府中市内では人身死亡事故が発生したことから、当該区間では「多摩川サイクリングロード」という名称を改めて「多摩川かぜのみち」と改称しました。私としても、歩行者との混合交通で自転車道としての機能を果たさないなら、サイクリングロードという名称は不適切だと思います。歩行者優先なら「歩道」か「ハイキング道」のほうが適切です。

ちなみにプロのロード乗りはCRなど走らずに車道を走ります。選手の練習や訓練も車道で行います。
サイクリングロードで、歩行者をベルで排除するのは論外です。絶対にやめましょう。
スポンサーサイト

| 道路交通編 | 00:04 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

補足・訂正を一つ。

自転車に危険運転致死傷罪は適用されませんよ。
危険運転の条文には「自動車」と明記されています。
自転車は車両なのは事実ですが、軽車両であり自動車ではありません。

自転車で怪我をさせた場合に適用されるのは「過失傷害罪」です。
重度の傷害や死亡させた場合は「重過失致死傷罪」となります。
過失傷害は被害が軽微な場合に適用されるものであり、親告罪とされており被害者の告訴が起訴の要件の一つとなります。
過失傷害では被害者に告訴の意思が無ければ刑事責任を問われる事はありません。
重過失の場合は問答無用で立件となります。

また、遊歩道の場合は「普通自転車通行指定部分」が設置されている場合があります。
自転車の通るべき場所が区画線または路面の色分けによる道路標示で示されます。
この場合は自転車は指定部分のみを通行化となり、歩行者にはそこを通らないように努めなければならないという努力義務があります。
通行指定部分を通行する自転車については、周囲に歩行者がいなければ徐行の義務は無いと道交法で規定されています。

あなたの主張はごもっともで言いたいことも理解できますが、法律を持ち出して述べるならもっと正確な知識を得てからの方が良いと思いますよ。

自転車乗り同士が誤った法解釈で議論しているうちは、状況が改善される事はないでしょう。
こういった関係法令・交通マナーを正しく教育する機会が設けられていない事が、自転車の無謀運転を引き起こしている要因と言えます。

自転車道・自転車レーンも自転車行政の重要課題ですが、利用者への正しい教育こそ何よりも優先すべき課題だと私は考えます。
利用者の教育が行き届いていれば、多少自転車に不利な道路事情であっても事故は減らせると考えます。
マナー・ルールの教育が不十分な状況で自転車を専用エリアに閉じ込めれば、自転車同士の事故が増えるだけです。
車・歩行者との事故が減ったとしても、事故相手が自転車に移るだけで「事故減」という根本的な解決には至らないでしょう。


最後に一つ。
余談ですが、荒川サイクリングロードなど一部の河川敷CRの一部区間は「緊急河川敷道路」です。
一般公道ではないので道交法は適用されません。
道路管理者の規定したルールに基づいて通行しましょう。
もっとも、どこの管理者も道交法に準じた規定ですので特に違いはありませんが。

| 自転車乗り | 2012/09/28 10:45 | URL | >> EDIT

Re: タイトルなし

自転車乗りさん

ちょうど一年前に書いた記事なので、今読み返したら不適切な表現もあると自分自身感じました。
危険運転致死傷罪は自動車(原付含む)のみに規定された法律でり、自転車の場合は重過失致死傷罪がそれに相当する事は、仰るとおりです。

遊歩道に設置された自転車通行指定部分は、建前上は自転車の為の空間ですが、それでも歩行者優先に変わりはありません。車道とは全く異なり、あくまで歩道の一部で歩行者優先です。

確かに間違った法解釈では正しいルールが身に付きませんが、自転車は免許をとって乗るものではありません。逆走や歩道暴走など、明らかな危険行為は罰せられますが、通常の自転車運用において、常識を超えた部分を細かい法に照らし合わせて運転免許の技能試験みたく厳格に運用するのとは違うと思います。

それよりも、自転車で人に傷害を負わせると大変な事になる、というのがこの記事の趣旨です。
私は弁護士でも保険屋でもありませんから、細かい法律の事はわかりませんが、弱者相手に事故ったら身を滅ぼす、この事を言いたいだけです。ご理解願います。

| 中野 螢一 | 2012/09/28 21:46 | URL |

中野さん

>車道とは全く異なり、あくまで歩道の一部で歩行者優先です。

仰る通りですが、ルールはルールであり本音も建前もありません。
自転車通行指定部分には「歩行者がいなければ徐行する必要は無い」という規定があります。
安全が最優先ですが、歩行者がいない時に徐行する必要はありません。


>確かに間違った法解釈では正しいルールが身に付きませんが、自転車は免許をとって乗るものではありません。

子供に自転車の乗り方を教えるのは誰ですか?
普通は親が教える事でしょう。
「乗り方」とは運転技術だけじゃありませんよ。
守らなければならないルールやマナーも「乗り方」の一部でしょう。
補助輪無しで走れる事が「自転車に乗れる」という事ではありません。
親が乗り方を教えるなら、ルールやマナーを教えるのも親の責任でしょう。
法律でルールが決められている以上は「そんなルール知りません」は通用しないんですよ。
初めて自転車に乗る時に親がしっかりと教えないから小学生や中高生が暴走するんです。
そういう子が大人になってロードレーサーを手に入れCRを暴走するんです。
そういう輩が親になって子供を教えるからまた暴走する子供が生まれるんです。
これが自転車利用者のマナーが一向に改善しない現在の日本社会の構図です。

私のような昭和生まれ・昭和育ちの世代は親から厳しく自転車の交通ルールについて教育されました。
親だけでなく、近所の大人や小学校の交通安全教室でも指導されました。
日本全国でそれをやっていれば、免許などなくともルールの教育ができます。
そうでなければ免許制を導入するしかないでしょう。

「自転車も車両だ」と主張しておきながら、ルールの話になると「免許制じゃないから」と逃げるのは自転車乗りの悪い癖です。
車両であると言うのなら、免許制の有無に関係なくきちんとルールを理解し順守して運転するのが当然でしょう。


>それよりも、自転車で人に傷害を負わせると大変な事になる、というのがこの記事の趣旨です。
私は弁護士でも保険屋でもありませんから、細かい法律の事はわかりませんが、弱者相手に事故ったら身を滅ぼす、この事を言いたいだけです。ご理解願います。

それは理解してますが「事故さえ起こらなければそれで良い」と考えているなら私は大反対です。
法律で車両の一部として定義されていて、自転車個別のルールも存在します。
例え事故になる危険が低かろうと、ルールやマナーを守って規則正しく乗るのが自転車と言う乗り物です。
「この位なら大丈夫」とルール無視で好き勝手に走る事はできません。
それが習慣になると気が大きくなり「この位」がエスカレートします。
最初は軽微な違反運転だったのが段々と暴走に変わっていきます。
そして、やがては取り返しのつかない事故を起こすのです。
ルールだけで安全は保てませんが、ルール順守は必要最低限で交通安全の大前提です。
ルールに忠実に運転し、ルールで足りない部分はその場の状況判断で補うのです。
それが自転車に乗るという事です。
ルールとして決まっている事をどうやって周知徹底あるいは指導して行くかが今後の自転車行政の最大の課題です。
免許が無いからこそルールを徹底しなければならないのであり、その為には厳格に適用して社会に周知する事も必要でしょう。

仮に事故になった時、誰も知らないような小さな違反でも過失となって自転車乗りに重くのしかかる事も覚えておいて下さい。
それは自転車が弱者である事故の場合もしうですし、歩行者にも言えることです。
弱者に過失があれば賠償して貰える額は低くなります。
どんな事故でも強者が全面的に悪くなる時代ではありません。

| 自転車乗り | 2012/10/01 07:29 | URL | >> EDIT

Re: タイトルなし

自転車乗りさん

多大な誤解があるようですが、ルール無視で好き勝手に走っていいとか、事故さえ起きなきゃ何をしてもいいとか、そんな事は言ってません。
YAHOO知恵袋で私が普段から『しつこく』主張している内容を、そのまま貴方から言われた感じがしますが、貴方の主張はよくわかります。

しかし一ヶ所だけ気になるところが、
『免許が無いからこそルールを徹底しなければならないのであり、その為には厳格に適用して社会に周知する事も必要でしょう。 』
という部分です。

これは私の意見(というか多くの自転車乗りもそう思ってる)ですが、現行法には多くの不備や欠陥があります。例えば自転車が従わなければならない信号は、補助標識の有無によって「車両信号」だったり、「歩行者・自転車信号」だったりします。これについて、私は車両用信号で統一するべきだと思ってます。

交差点を直進するときも、必ず最も左側のレーン(左折車線になっていれば左折車線)から直進しなければいけません。しかし対向右折車や、直進車線から直進するドライバーにとって、左折車線から直進する車両は、予測しにくいのです。私みたいにサイクリストとドライバーを兼ねていたり、よほどの交通法規マニアでなければ、そんなルールは知りません。ドライバーによっては、左折車線から直進したインチキ自転車が自車の進路上に割り込んできたと思い込む人もいます。こういった状況を考慮して、臨機応変に直進車線から直進する事も必要な場合があると私は思います。
ロードバイクに近い存在である原付バイクは、左折車線からの直進は違反であり、直進車線に入らなければいけません。ロードバイクと原付バイクでルールが全く逆になっているのは、法の欠陥だと思います。せめて左折車線、直進車線ともに直進可能という法律にして、あとは自転車乗りが臨機応変に判断するべきだと思います。

他にも細かいことを言うと、交差点や踏切の30M以内は追い越し禁止、坂の頂上付近も追い越し禁止、車両通行帯のないトンネル内も追い越し禁止、横断歩道と自転車横断帯の30M前は追い越しも追い抜きも禁止

とまぁ、このように法規というのは色々と細かく存在します。私を含む自転車オタクや交通法規マニアなら、どれも知ってる常識かもしれませんが、一般人にまで、そこまでの知識を期待するべきではありません。自分がサイクリストを名乗り、忠実な法規運転をするのは良いことですが、一般の自転車利用者にまで同じことを期待するのは間違いです。自転車は免許をとって乗る物ではないとは、そういう意味です。
現況、ルールすら守られてない縦横無尽な走り方が問題なのであって、車道の左側をキッチリ走り、一時停止の交差点は左右確認、道路へ出るときの安全確認、車両用信号に従うなど、こういった基本的なルールさえ守ってくれれば、私からは文句はありません。

最後に、道交法最大の欠陥を挙げます。
ウインカーや手信号の合図は、曲がる地点の30M前から、曲がり終えるまで継続して出し続けなければいけません。つまり30M前から曲がり終えるまで、ずーーーっと手信号を出したまま片手運転で左折しなければいけません。法律に厳格に従うとは、こういう事も含めてですが、明らかに欠陥でしょう?
これは疋田智さんも指摘している事です。

| 中野 螢一 | 2012/10/01 22:35 | URL |

中野さん

あなたは信号機の基本を間違えています。
日本に車両用信号という物は存在しません。
車道上に設置される青黄赤の三色の信号は、そこを通行する歩行者と車両の全てが従う義務のある信号です。
車から見えやすいように車道に設置されているだけで、車両専用信号ではありません。
これと併設して専用信号機がある場合は、指定された者はそれに従うというのが交通ルールです。
例えば横断歩道のある交差点で車道にのみ信号がある交差点があります。
この場合、歩行者も車道にある信号に従って横断しなければなりません。
車道の信号が赤なのに横断すれば信号無視です。
横断歩道に信号が無いからと自由に横断できる事にはなりません。
交差点での信号の設置状況により、従うべき信号が異なるのは自転車も歩行者も同じです。
歩行者もそうであるという事は、日本国民なら誰でも知っていなければならないルールであるという事です。
自転車だけの特殊な事例ではないので法の不備・欠陥とするような事案ではありません。
また、歩行者自転車用信号があるのは自転車横断帯のある交差点のみです。
自転車横断帯は全廃が決定していますから、廃止に合わせて当該信号もなくなる事になります。

次に、手信号は軽車両だけのルールではありません。
ウインカーの故障した車・バイク・原付も使用する義務がある合図です。
免許を取得しているドライバー・ライダーなら誰もがその意味を理解できるはずの合図です。
左折車線を走っていようが直進車線を走っていようが、自転車の出す手信号を見ていればどちらに進むかはわかる事です。
左折車線を走る自転車であろうと、手信号を出していなければ直進すると判断するのが当たり前です。
また、車道を走るのが自動車だけではないこと、その分類によって従うべきルールが異なる事も免許取得時に教習所で習う事です。
左折車線を直進する軽車両がいる事は免許を持つ全ての人間が一度は学習している事です。
一度習ったのに「知りません」は通用しません。
わかっていないドライバーがいるのは事実ですが、それは忘れてしまったドライバーの安全意識の低さに問題があります。
法の不備・欠陥ではなくドライバーの欠陥です。

そして、左折車線のある道路は通行帯道路です。
通行帯道路では個別の通行区分の指定がある場合を除き、車も自転車も左端の第一通行帯を通行するのがルールです。
そして、通行帯道路では左寄り通行の規制はありません。
第一通行帯内部を走れとの規定であり、自転車が通行帯内の左端に寄る必要はありません。
直進車や左折車との兼ね合いがあるのなら左折車線の中央や右側を走れば済む話です。
法律違反をしてまで直進車線を走らなくても安全は保てます。
ただし、安全のために止むを得ない時は第一通行帯走行にこだわらなくても良いという規定もあります。
仮に安全のために交差点で直進車線を走ったとしても違反にはなりません。
どちらが安全か、交通量などその場の状況に応じて判断すれば良い事です。
法改正をしなければならないような危険な状況ではありません。

手信号の継続についても自転車だけの義務ではないので即座に法改正するような話ではありません。
馬車やリヤカーなど他の軽車両は手信号でもなんら危険はありません。
そもそも手信号または灯火で合図を出せとの規定です。
自転車にウインカーやブレーキランプを付けてそれを使っても良いんです。
手信号で危険になる運転技術ならウインカーを使えば良いでしょう。
各自転車メーカーから続々と自転車用ウインカーが売られていますよ。
現行法の規定の中でも安全に走る方法はいくらでもあります。
法の不備・欠陥と言えるような箇所はありませんよ。

| 自転車乗り | 2012/10/02 14:06 | URL | >> EDIT

Re: タイトルなし

自転車乗りさん

三色信号しかない場合に、歩行者が三色信号に従う義務がある事は承知していますが、歩行者向けの信号と三色信号の二つが併設されている場合に、便宜上「車両用信号」と「歩行者用信号」という表現を使っただけです。道路交通法に「車両用信号」という概念はありませんが、三色信号とは別に歩行者向けの信号が併設されていれば、三色信号は実質的に車両向けの信号となります。
警視庁のウェブサイトでも、「車両用信号」という表現を使っています。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/bicycle_faq/administration/04.htm

ここで警視庁等に「三色信号は車両用信号ではない!」と苦情を入れますか?
交通法に限らず、日常生活で便宜上使われる名称と、法律で決められた厳格な名が、それぞれ別にあるケースは多くあります。例えばJR京浜東北線も、本来は京浜東北線というのは正式名称ではなく、厳密には根岸線(大船~横浜)、東海道線(横浜~東京)、東北線(東京~大宮)となっています。しかし、日常会話で細かく使い分ける程のことではないでしょう。

自転車横断帯の廃止についてですが、昨年の秋頃に自転車の車道通行を本格的に取り組む発表はしたものの、結局は挫折したかのような状況になっています。私は横浜市と都内を配達にまわるトラックドライバーですが、新たに開通した道路や、新たに歩道が整備された道路にて、新規で自転車横断帯が設置された場所をいくつか知ってします。もちろん今年に入ってからの話です。
自転車横断帯全廃というのも、結局は挫折したんじゃないかと思います。

前回のコメントでも指摘しましたが、法律により手信号は曲がる30M前から曲がり終えるまで、継続して出し続けなければいけません。その間に赤信号で止まった場合は、信号待ちしている間も手信号を維持し続けなければいけません。貴方はこのルールをキッチリ守ってますか?

法律というのは国民のために存在しているのであって、法律のために国民が存在しているのではありません。法律だけで全ての善し悪しは判断できませんし、都合が悪い法律は次々と改正されます。ある日突然、ルールが180度変わることもあります。
法律を守ることは大切ですが、それだけに拘って融通が全く利かなかったり、頭を固くし過ぎるのは、生活上でもよくないと思います。

当方から、これ以上のコメントは控えますので、何かあれば下記チャットにて私を名指しして書き込んでください。平日なら21時~24時頃にいるので、リアルタイムで会話したほうがいいと思います。

今日のくそったれ「交通安全会議」
http://chat.kanichat.com/chat?roomid=moto_38

天王州家お屋敷内「交通安全会議」
http://chat.kanichat.com/chat?roomid=moto38



| 中野 螢一 | 2012/10/02 20:28 | URL |

境川CR

自分も以前は良く境川CR走っていましたが
狭い上にブラインドカーブも多く
道路の真ん中にポールが立っていたり
一番最悪なのは狭い道路を歩行者と自転車押し込めての対面交通な事
歩行者(ジョギングも含めて)当然ですが右左関係なく歩いているためかなり危険な思いをしました

犬を散歩させている時に犬が急に進路を変えて道路を横断したため犬とぶつかりそうになった事があります

それ以来境川CRは走らなくなりました
もっぱら大和藤沢線を使っています




| LOADBIKE愛好家 | 2012/12/19 01:19 | URL | >> EDIT

Re: 境川CR

LOADBIKE愛好家さん

左側通行は比較的守られるようになってきましたが、弱者にお構いなしで飛ばしまくるロード乗りも増えてます。私が境川CRを利用するのは戸塚自動車学校へ通うときくらいなもので、サイクリングやツーリング目的ではオススメできない道だと思います。

CRで弱者を危険に晒す暴走ロード乗り
車道で自転車を危険に晒す自己中ドライバー

どちらも大差はありません。自己中運転で弱者相手に事故ったら社会的に身を滅ぼします。相手の人生も狂わせてしまいます。この事を意識してもらいたいですね。

| 中野 螢一 | 2012/12/19 22:44 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nakano96.blog.fc2.com/tb.php/14-2e9847b6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>