FC2ブログ

湘南ロードライン

<< 2020-01- | ARCHIVE-SELECT | 2020-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

企業や地域の看板萌えキャラクター

2020-02-16-1.jpeg

2020-2-19-1.jpg


2年前にドライブで稲荷山健康センターという所に一泊したのですが、施設は昔ながらの古い健康ランドながら、「いなりちゃん」という萌えキャラを前面に推してて、入口からカウンターまで館内のいたる所にパネルが設置されていて個人的にテンション上がってたんですが・・・。
今週末、再びドライブで宿泊場所として計画を立てたところ、今はこのキャラクター使われてないらしいですね。
使用をやめてしまった理由はわかりませんが、おそらくは一般利用者からのクレームなのかな、と想像してます。

半年くらい前にも、日本赤十字社が献血PRポスターに宇崎ちゃんを起用したところ、女性弁護士から「セクハラだ」とクレーム。
理由は、巨乳を強調し過ぎたデザインが良くなかったらしいですね。

何年か前にも、東京メトロがオリジナルキャラとして設定していた「駅及みちか」も、クレームが発生して騒動になって以来、HPや掲示物など公式の場からは引退してしまったのですが、理由は下半身のラインを強調し過ぎてヌードみたいになっていること、顔を赤らめて発情顔みたいになっているのが良くなかったようです。

三重県志摩市が公認していた「碧志摩メグ」という、海女をモデルにしたキャラクターも、クレームを受けて市が公認を撤回したのですが、これも巨乳や露出した太ももが良くなかったようです。

こうして考えていくと、企業や地域の看板娘みたいなキャラクターとして起用するのであれば、エロ要素というのは排除していかないと、全ての人に受け入れてもらうのは難しいという事ですね。そりゃ、エロ要素を含んだ萌えキャラでオタク男は喜ぶけど、公の施設や地域で不特定多数の市民や利用者に公開するのであれば、エロ要素とうのはまったく相応しくないという事です。

二次元キャラを起用すること自体は、個人的には非常に良いことだと思ってます。宣伝効果は抜群ですからね。ただ、それには女性や子供や年配者にも好感を持ってもらえる、みんなから親しまれ愛されるような健全なものでなければいけないんですね。
ちなみに、オレ個人的にもアニメやマンガの二次元少女キャラは大好きでも、品のないエロや露出、巨乳はあまり好みません。やはり、そこは現実の日本人女性にそって、上品で清楚な大和撫子みたいな少女キャラがいいですね。

「けいおん」で知られる京都アニメーションのヒロイン達を見ればわかりますが、エロ要素を入れなかったとしても、十分に可愛らしいキャラを作る事は可能で、健全さと可愛さを両立する事は可能です。
京アニの大部分の作品では、女性キャラで巨乳とか巨尻があまりなく、現実の日本人女性に沿った体型設計がされているので、エロ要素はなくても清楚で魅力的なキャラが多く、そこが男性だけでなく女性にも高く評価されているわけです。

企業や地域の看板娘として二次元キャラを開発をするに当たっては、この点を意識すると良いと思います。
いち二次元ファンとして、企業や行政のお偉いさん方にはそういう方針でキャラクター開発を発注するようお願いしたいですね。
クレームで休止してしまった既存のキャラクターについても、基本はそのままで巨乳、巨尻、胸の谷間を見せる、短すぎるスカート、発情顔、そのへんを修正するだけで、一般市民の受けはだいぶ良くなると思います。
スポンサーサイト



| アニメ | 01:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |