FC2ブログ

湘南ロードライン

<< 2019-12- | ARCHIVE-SELECT | 2020-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

2020年の始まり

2020-01-12-1.jpg
遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします。
まずは近況報告から。



2019-12-29-25.jpg
今回も大阪日本橋—東京ビッグサイトのコミックマーケット97ライドシェアを決行しました。金ないのでバス運行できず、エルグランドで5名枠で満席でした。
C96に続いて今回のC97も4日間の開催でした。



2019-12-29-38.jpg
昨年夏のC96の時に初めて入ったのですが、企業ブースの青海展示棟近くにあるヴィーナスフォートというショッピングモールです。モール全体がヨーロッパの街並みを再現したテーマパークみたいな感じで、中央には大聖堂みたいな広場があり、かなり金がかかってそうな作りと演出でした。



2019-12-29-42.jpg
2019-12-29-47.jpg
同ショッピングモール内には昭和の車が沢山展示されています。車内を覗き込むと当時の日本人の体格なのか、かなり狭い車内でした。こうして芸術品として眺めるのはいいけど、実際に乗るのはきつそうですね。



2020-01-02-11.jpg
大晦日のコミケが終わってから、東北本線を北上して郡山のまねきの湯で年越しました。東京のまねきの湯よりも小規模で古かったですが、温泉入ってマンガ読んで1F仮眠室でよく眠れました。



2020-01-02-12.jpg
年越しまであと10秒


2020-01-02-20.jpg
年明けて、初日の出は列車内から見ようと思っていたのですが寝坊。起きたら7時30分でした。さすがに2時までマンガ読んでたら無理ですね。只見線のキハ40系が本年度で引退しそうなので、最後の乗車をするつもりだったのがそれも出来なくなってしまい、仕方ないので仙台に行って帰ることに。
12月に買い溜めたマンガ、ラノベを701系電車内で一気に読みました。

恒例の一年の振り返りですが、今回はやりません。
昨年の自分を振り返ってみると、想像以上に何もない年だったんですね。まず2011年に大型二種免許をとってから、教習所やレンタカーのバスを割りと頻繁に運転してきたのですが、昨年度は初めて1年を通してマイクロを含めたバスを全く運転しない年になりました。その他、ドライブ旅行も予算の都合で削減し、代わりに鉄道旅行を増やして充実を図ったものの、全体的につまらない人生に転落しつつあるかな、という焦りを正直感じています。

世間的には、まず平成から令和への元号改元という大きな出来事があって、京都アニメーションの凄惨な事件があって、台風15号と19号が立て続けに発生して各地に甚大な被害を出しました。
台風15号はちょうど東北、新潟ドライブから帰ってきた所で、東京で台風直撃を受けて道路がマヒし、大変な目に遭いました。レンタカーの返却が13時間も遅れるという私のドライブ史上、前代未聞の事態でした。
台風19号では新幹線E7系電車の大量廃車をはじめ、東日本大震災にも似た市街地浸水、大災害を目の当たりにしました。

ここ近年で相次ぐ大災害に、本年以降はどうなってしまうのかという不安もありますが、一方で自分の今後の人生を考えると、今の生活に限界を感じつつあります。今後は割りとマジで転職活動しないとヤバイという焦りがあり、ブラックであるとTwitterで散々言われている路線バス業界に入ろうと決意しています。
そして、本年度はもっといい報告ができるように頑張りたいです。
スポンサーサイト



| 未分類 | 01:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

京急バス鎌倉営業所の口コミ

以下、グーグルの口コミから引用

私が悪いのでしょうけど、鎌倉駅から材木座に行きたかったのですが、乗り場が一緒だったので、間違えてリビエラ逗子マリーナ行きの直行バスに乗ってしまいました。鎌倉駅で動き出しすぐに気付き、運転手さんに間違えた旨を伝えて、下ろしてもらいたいことを伝えましたが、冷たく、法律でムリの一点張り…
バス内で、こちらの営業所の電話番号を調べ私から連絡し、今回限りということで、運転手さんに連絡をとってもらいました。
ようやく連絡がついたのはそこがどこかもわからない逗子の山の中でしたが、運転手さんの言い方を含めた対応があんまりだったので、こちらも半ば悔しさもあって、そこで下りることにしました。
もちろん乗車賃は払いました。
そこから徒歩で鎌倉方面はどっちかGoogle map頼み…。
道ゆく方が親切に方向を教えてくれ、涙がでそうでした。
これからはバスに乗るよりほ歩けるなら歩こうと思った次第…。
営業所の対応してくださった責任者の方、降車後もお電話で配慮くださり、ありがとうございます。
運転手さんはこのあと、規則を遵守したことを褒められたのでしょうか…?
自分のミスですが、本当に困っている場合、安全上も問題ないのならば運転手さんの裁量で少しは柔軟にしてもらえる、弱者に優しい交通機関であることを望んで、この評価をつけさせてもらいました、

今回は、出発直後の鎌倉駅のロータリー内で申し出でも、直通の終点までの降車は、どんな場合でも絶対にムリ!とのことだったので、利用される方はくれぐれも行き先間違いに気をつけてください




京急バス鎌倉営業所に投稿されたグーグルの口コミを引用しましたが、改めてこの手のクレームは交通従事者の宿命であると実感しました。以前にも高速バスに乗り遅れた乗客が道路上でバスを止めて、警察沙汰になった事件について書きましたね。
その時にも書きましたが、路線バスのバス停以外の旅客乗降は日本の法律で禁止されているため、運転手個人の裁量どころか、バス会社の裁量でもどうしようもないのです。

一例として、バス停以外の場所で旅客を乗降させて、乗降口で足をすべらせ転倒したとか、バスを降りた直後にバイクや自転車とぶつかって怪我をしたとします。バスは旅客が怪我をする事故については、全て国の行政機関に詳細を報告する義務があるため、バス停じゃない場所という法令違反が明るみになれば、関わった責任者と乗務員は処罰を受けることになります。
普通にバス停で乗降していても転んで怪我とか自転車とぶつかって怪我するのは度々起きていて、その度に当局に報告しており、そこに違反が含まれていたら責任問題になるわけです。
そして、利用者のバス乗り間違いは日常茶飯事ですから、全員に今回のような対応をしていたら、遅かれ早かれこういう事故が起きて会社や従業員は処罰を受けます。
利用者の立場で法令違反の要求をするというのは、会社や従業員にこういうリスクを負わせている事を理解して欲しいです。

私はタクシー乗務員ですが、タクシーにも交通ルールをはじめ、様々な法律と規則の縛りがあり、利用客の要求が法令と相反する場合は説明をした上で断るしかないのですが、それがクレームになったり、あるいはこちらが物凄くひどい事をしたとか、人でなしみたいに言われる事もあります。
ウチの会社の場合、地域的に普段運転をしない女性や年配者の利用が多く、交通違反になる要求がかなり多くて、運転手が客の言うことを聞かないとか毎日のようにクレームの電話がかかってきて事務員も疲弊しています。

とは言え、国が決めた法律や規則の中には現実に即してない部分があるのも確かで、それのせいで現場が苦労しているケースもあります。
バスの判断でおこなっても良いという融通くらいは、国の法令として認めてもいいんじゃないかとは思います。よくあるのは乗り間違いの他に、渋滞で全く進まず急いでるから降ろしてくれとか、ウ〇コもれそうだからマジで降ろしてくれというパターンもあるので、こういった事態のとき合法的に融通が利かせられれば、クレームも減って従業員の精神的負担も減ってくると思います。
タクシーについても、メーター器を止める操作をしても車が完全に停車するまで強制的に加算を続ける仕組みは、様々なトラブルの原因になっていて、これも法律なのですが早急に改正して欲しいですね。
個人的にはそう思ってますが、現況の法律がこうなってる以上、従業員も利用者も共通した国民としてそれに従うしかないわけで、それを変えたいのなら乗務員や会社に八つ当たりするのではなく、然るべき行政機関に対して声を上げるしかないです。

最後に、今回の口コミにあったリビエラ逗子マリーナ直行バスに間違えて乗ってしまった場合ですが、投稿者さんはバス車内で営業所の電話番号を調べて連絡したようですが、私なら終点まで行ったあと鎌倉駅に折り返すバスの時刻を調べると思います。調べたところ、この直行バスは土日祝のみの運行で15分間隔で出ているようなので、私なら諦めて逗子マリーナまで往復します。

| バスの知識 | 23:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |