FC2ブログ

湘南ロードライン

<< 2019-09- | ARCHIVE-SELECT | 2019-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

【特集】最小回転半径

最小回転半径とは、ハンドルを一杯に切って旋回した際に、外側タイヤの中心が描く円の半径のこと。
タイヤよりボディが突出している車種は最小回転半径の道幅でUターンすることはできない。
という事で、小回りが利くクルマランキングというか、あらゆる車種の最小回転半径を比較してみます。



2019-10-11-3.png
①:いすゞ エルフ(小型平ボディ)
最小回転半径:4.5m




2019-10-11-4.png
②:トヨタ ハイエース(標準ボディ)
最小回転半径:4.9m



2019-10-11-5.png
③:トヨタ クラウンコンフォート
最小回転半径:5.1m




2019-10-11-9.png
④:トヨタ ノア
最小回転半径:5.5m


上記①~④は全て小型自動車(4ナンバー、5ナンバー)の規格でフルサイズ、つまり上記4車種はすべて車幅1.7m、全長4.7mのサイズで作られています。同じボディサイズなら、トラックがダントツで小回りが利くという事ですね。
また、①~③は後輪駆動車ですが、④のノアのみ前輪駆動です。一般的に、前輪駆動のほうがハンドルが切れないため、同じボディサイズでもハイエースやクラウンコンフォートと比べると、ノアの小回りは利かなくなってしまいます。これが前輪駆動のデメリットですが、一方で後輪駆動のデメリットは、クラウンコンフォートのようなFR車の場合、シャフトを通すため床を平らにする事ができず、足元スペースに非常に邪魔な出っ張りができることです。タクシー乗ったことある方ならわかると思います。



2019-10-11-8.png
⑤:日産 エルグランド
最小回転半径:5.7m




2019-10-11-2.png
⑥:日野 リエッセ(RX系)
最小回転半径:5.8m



DSC00153.jpg
⑦:日野 メルファ7(CH系)
最小回転半径:6.3m




2019-10-11-7.png
⑧:日野 セレガハイデッカーショート(9m)
最小回転半径:6.3m




2019-10-11-6.png
⑨:トヨタ コースター(7m)
最小回転半径:6.5m


⑤エルグランドと⑥リエッセの最小回転半径は、0.1mしか差がないそうです。ただ、リエッセは前扉付きでフロントオーバーハングが長いので、実際のUターンにおいてはリエッセのほうが大きく道幅をとると思います。それでも、同じ7mマイクロで⑨コースターと比べると、リエッセの小回り性能はダントツで、7mサイズながら普通車専用の駐車場でも普通車感覚で取り回しが利いたのを覚えています。
次に⑦メルファ7と⑧セレガハイデッカーショートですが、ボディサイズは全く違うのに最小回転半径は同じだそうです。挙げ句には、コースターよりもセレガ9mのほうが最小回転半径が小さいという・・・。
ホイールベースを比べると、メルファ7が3.7m、コースターが3.9m、セレガ9mが4.2mとなっています。
ちなみに他の9mバスの最小回転半径は、エアロエースショートタイプ(9m)が7.2m、メルファ(9m)が7.4m、ポンチョが7.7mとなっています。
最後に、ここでは最も最小回転半径が大きいコースターですが、他の前扉付きバスと違ってフロントオーバーハングの出っ張りがないので、実際の運転でそこまで不利になるという事はないと思います。
スポンサーサイト



| バスの知識 | 23:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |