FC2ブログ

湘南ロードライン

<< 2019-07- | ARCHIVE-SELECT | 2019-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

煽り運転と暴行に遭わないための自己防衛



茨城の常磐道の交通トラブルで、強制的に停車させて暴力を振るい、被害者が出血したという事件がありましたが、この映像が投稿されてから、愛知と静岡でも同一人物と思われる危険運転の映像が公開され、話題になっています。

危険運転や、まして暴力行為は論外ですが、こういう殺気だったキチ〇イドライバーは数百人に1人は混ざっているので、煽られるほうも被害者ヅラばかりするのではなく、自己防衛して欲しいと思います。
もちろん、煽られるのを100%防ぐのは無理で、私も煽られたことはあるし、以前もこのブログに書いた覚えがありますが、2013年には新東名で強制的に停車させられて相手が降りてきたので、路肩をバックで逃げた事もありました。長距離ドライブ、特に東名、名神の移動となると、必ず数回の煽り運転に遭遇します。

Twitterやネット上でもかなり多く指摘されていますが、一番いけないのには理由もなく追い越し車線を走り続ける事で、追い越し車線は追い越しが終わったらすぐに走行車線に戻らなきゃいけないのです。
それ以外にも、後ろで追い抜きたそうな車がいたらなるべく進路を譲るようにする、この2点を意識するだけで煽り運転の大部分は自己防衛できると思います。

ただ、意識していても煽り運転に遭遇してしまうケースもあります。
今回の映像でも、常磐道の件と、新東名のトラックの件では、被害車両がともに追い越し車線を走り続けているという指摘がTwitter等で多くあるのですが、映像だけでは本当に追い越し車線を走り続けていたのかどうか、よくわかりませんし、後から追加の映像が出て判明した事ですが、両方とも意味もなく追い越し車線を走り続けていた訳ではなく、走行車線に対して車間距離をとるため、すぐには車線変更できなかったようです。

煽られるケースとして自分がよく経験するのは

2019-08-14-2.png

上の図で言うと、黄色いクルマがオレな訳ですが、走行車線に入る余地が全くないんですね。せめて速度を上げようとしても、制限速度が80km/hの道路で、100km/hを超えて運転するのは物凄く捕まるリスクが高いんですよ。そして後ろの煽ってる車が、実は覆面パトカーで速度を上げた途端にそのまま検挙されたなんて話しもあるようです。覆面パトカーでも車間距離を詰めるケースはあり、それを煽りだと思って速度を上げると、まんまとハマるんですよ。
実際のところ後ろの煽り運転者があまりにも危険だと感じた場合は、走行車線に無理やり割り込んでしまう事もまぁあります。



次のケース、これも何回か経験し、そのうち1回は強制的に停車させられた事件があったケースですが
2019-08-14-3.png

これもよくありがちなニアミスで、これが原因で強制的に停車させられた事がありました。相手が降りてきたので、バックで逃走して事なきを得ました。
これを防ぐとなると、走行車線に対して大きく速度差をつける(大幅な速度超過)か、または走行車線に対して車間距離をとらずに割り込む、あるいは後ろの煽り運転者が左から追い越す事を想定して、あえて走行車線に戻らないという選択肢もあるかもしれませんが、難しいですね。


ただ、このように対策のしようがないケースは別として、「サンデードライバー」という呼び名に代表されるような、意味もなく追い越し車線をチンタラ走るとか、いつまでも隣りの車と横並びで並走する、合流で加速しないとかは、煽り運転を誘発するだけでなく、他の善良なドライバーにとっても迷惑なので、そこは皆さん意識して欲しいと思います。
番組で煽り運転を特集するなら、それ以前に煽られないための交通マナーもセットで特集して欲しいと思います。
スポンサーサイト



| 道路交通編 | 15:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

検索フォームを追加

ブログ画面右側の部分に「サイト内検索フォーム」を設置しましたので、過去記事の検索に使ってください。

| 未分類 | 16:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

弘前、東北ドライブ

2019年7月26日(金)出発の東北ドライブレポートです。

22時00分に東京日本橋のトヨタレンタカー店舗を出発。今回使用車両は現行型カローラフィールダーです。
今回のnotteco同乗者は40代男性で弘前までの乗車でした。
出発早々からおしゃべりに夢中になり過ぎて、首都高の扇大橋ICでETCカードを入れ忘れるというアクシデントが発生!今までこんなミスは一度もなかったので、長年の運転経験による油断と慢心ですね。気を引き締め直そうと思います。
花巻南~盛岡南の120km/h化後は初めての走行でした。

AM7時50分に弘前駅に到着。これで同乗者の青森行列車(8:04発)の接続もバッチリです。
近くのすき家でうな丼二枚盛りを食べたあと、1時間ほど仮眠。



2019-08-03-13.jpg
岩木山に向かいます。ふらいんぐうぃっちの聖地になっている下湯口あたりも見てきました。



2019-08-03-15.jpg
津軽岩木スカイラインを登ります。



2019-08-03-16.jpg
2019-08-03-20.jpg
8合目駐車場に到着。7月末なのに少し寒いくらい。ここからリフトに乗って上を目指しますが、分厚い雲がかかってますね。こりゃ、景色は全く期待できんな。



2019-08-03-57.jpg
桜ミクが貼ってありました。



2019-08-03-33.jpg
2019-08-03-36.jpg
2019-08-03-34.jpg
リフトに乗ると雲に突入して、急に風が強くなる。そして急激に気温が下がって「ギャー!」
寒すぎですね。頂上まで登山するわけじゃないので、防寒対策は必要ないと思ってたのに、想像以上の寒さでたまらず、すぐにまたリフトで引き返しました。
標高1,470mってこんなに寒いのかね?2年前にコースターで富士山ドライブしたときは2,400メートルまで車で登ったけど、そんなに寒くはなかったし、昔は自転車で箱根駒ヶ岳の標高1,200メートルもよく行ったけど、そんなに寒くはない。
やはり東北だからでしょうか。



2019-08-03-65.jpg
2019-08-03-66.jpg
2019-08-03-70.jpg
不動の滝です。神社として整備されていますが、人は数人しかおらず、静かな所でした。写真だとしょぼいですが、実際の滝はもっと壮大ですからね。やはりこういうのは実際に見に行って体感できるものです。


2019-08-02-1.jpg
毎度お馴染みの健康ランドゆっこ盛岡で一泊。やはり、予約不要ながらフトンで寝れるというのが魅力的なんですよ。ドライブでも鉄道旅行でも拠点になってます。
徹夜明けだったので、18時と早めに入館しました。そして、翌日はAM3時半、まだ暗い中を出発しました。真っ暗の森の中をドライブするのも醍醐味なのです。
喜多方まで山の中をぬうようなルートで移動しました。緑豊かな山とか森の中を移動するのは最高ですね。



2019-08-02-2.jpg
今回の走行距離は2日間で1,669km、燃料消費量は88.28Lでした。平均燃費は18.9km/L、今までにない低燃費を記録した気がします。信号のない山間の道ばかり走ったせいでしょうか。往路の東北道は結構飛ばしたんですがね。

この現行フィールダーは2012年から続いていますが、2015年のマイナーチェンジでライトが厳つくなりました。個人的には、数年前まで借りていた前期デザインのほうが好きかなーと思います。
ナビも新しくなってましたが、ガラケー式の文字入力になったため使いにくい・・・
という事で、前期型があるうちはそっちを指定したほうがいいですね。
ただ機能面では、自動ブレーキとか、車線逸脱警報とか、障害物警報とか、色々ついてて驚きました。

| ツーリング・ドライブ | 17:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

7月18日に発生した事件について

2019年7月18日AM10時30分頃に発生した事件について、前代未聞のテロにも匹敵するような残忍な事件になり、言葉もありません。
通り魔事件と言うと、個人的には秋葉原と相模原の事件の印象が強いのですが、それらを上回るだけでなく、殺害方法としてもナイフを用いるもの等とは異なり、殺人として最も残酷とも言える放火による焼死という事で、被害者の痛みと苦しみを思うと想像を絶するものがあります。
本当に心からご冥福をお祈りしますとしか言えませんが、個人的にも複数のアニメ作品で思い入れがある京アニで、このような残酷な仕打ちを受けたスタッフの方を想像するとショックで言葉も出ません。

戦後以降、単独殺人犯としては最も最悪な被害を出した事件という事もあり、誰かがTwitterで言ってましたが、より強い記憶として覚えておくためにも、当時自分はどこで何をしていたのかと合わせて覚えておこうと思います。
事件が発生した当時、私はタクシー乗務中で、10時20分頃に手が上がったお客様を藤沢市柄沢まで送ってる途中でした。柄沢でお客様を降ろしたのが10時45分。
その後、自社の社長を茅ヶ崎まで送る予定があり、正午12時頃に社長を乗せて出発した直後、その社長から事件のことを初めて知らされました。ただ、その時点では1人死亡、数十人が負傷という報道でした。
詳細不明な状態が1日以上続いて、実は30人以上も亡くなっていたという事が初めて報道されたのは、翌日以降だった気がします。

京アニ作品で個人的に全話視聴したものは
・涼宮ハルヒの憂鬱
・CLANNAD
・けいおん!
・氷菓
・中二病でも恋がしたい!
・たまこまーけっと
・境界の彼方
・甘城ブリリアントパーク

ガチでオタクな方だと、京アニの作品を全て視聴しているとか、京アニに限らずアニメの殆どを一通り視聴している人もいるので、そういう人と比べると私はオタクとも言い切れない中途半端な存在ですが、いずれにしても私が全話視聴した京アニ作品は上記の通りです。

特にCLANNADと中二病は熱心に視聴して聖地巡礼に行きました。
CLANNADは2期OPの桜並木と、作中でよく出る交差点のシーンが大田区にあって、当時の軽トラ配達エリア内で毎日のように通る場所だったので一人でテンション上がってました。
中二病でも恋がしたいは、滋賀県のしゃくなげ学校という古い木造校舎が聖地で、2013年にメルファ7で進入しようとして道が狭すぎて動けなくなるというバカみたいな思い出があります。その後、乗用車のレンタカーで通算3回も行ってます。
この作品は2018年に改めて劇場版が公開され、内容は主人公2人が京都、滋賀を出て、和歌山や東京、青森、北海道を旅するというもので、京アニならではの忠実な風景描写に感動しました。


アニメ会社としても多くのファンがいる会社のため、事件があってから募金活動が盛んに行われ、7月末の時点で13億円が集まったそうです。日本国政府としても支援に乗り出す方針を示して、うちのタクシー会社でもオタでも何でもない乗務員が「京アニ」という名前を知ることになり、事件でオタクの枠を超えて知名度が上がったのは何とも皮肉です。ただ、京アニ復活して欲しいという声も多方面から挙がってるのですが、亡くなってしまった方や、今でも生きながら苦しむ被害者の事を思うと、当面の間はそっとしておいたほうがいいのかな、と思います。


本事件ではガソリンが使われましたが、このガソリンというのも、揮発性が高くて爆発しやすく、軽油や灯油と比べても、特に危険度の高い液体です。
1940年、現在のJR桜島線の安治川口駅で、ガソリン気動車による大惨事があってから、旅客列車の燃料としてガソリンを使用することが問題視され、それをきっかけにガソリン気動車は急速に廃れていった歴史がありますが、自動車においても交通事故の二次災害でガソリン車が爆発して乗員が焼死する悲劇は度々発生し、一方でディーゼル車は火災は起こしても爆発はしないので乗員の避難は間に合う傾向があります。
YouTubeのドライブレコーダー映像でも、衝突した瞬間に車が爆発して火だるまになる映像がいくつか出回ってますが、こういうのを見ると、ガソリンというのは人の手には負えない危険物なのかな、と思えてきます。大型自動車(トラック、バス)は大半がディーゼル車ですが、一般の乗用車も全てディーゼル車に転換したほうがいい気がします。
もちろん、現実的にはかなり厳しいでしょうし、スポーツカーや二輪車はどうするんだという問題もあるでしょうが、交通事故、放火事件の両方を考えても、検討したほうがいいんじゃないかな、と思います。


追記
9月3日にJR奈良線を全線乗車した際、その車窓からではありますが、初めて現場を見ました。
木幡駅を出発してすぐの踏切の所に京アニ&Dショップ!があり、次の六地蔵駅を出発してしばらく進むと第一スタジオが見えます。

| 未分類 | 00:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |