湘南ロードライン

<< 2017-09- | ARCHIVE-SELECT | 2017-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

高速道路上で煽られ絡まれ停車させられたら




少し前の話題になりますが、東名高速で逆上した男が相手を執拗に追跡して進路を妨害し、追い越し車線に無理やり停車させた事で、結果的に大型トラックに追突されて被害者夫婦が亡くなってしまう痛ましい事件がありました。
ネット上では「事故ではなく殺人事件だ!」という意見が多く出ていますが、本当にそう思います。

しかし、この事件が話題になる以前から、こういった「高速道路上で無理やり止める」「路上での暴力トラブル」「故意の危険運転で事故を起こす」等の案件は数えきれないほど発生しており、なにも今回の件に限ったことではありません。このような悪質な危険運転や暴行事件は頻繁に起きているのです。

現に私も高速道路上で停車させられた事が一回、一般道で絡まれたことも一回あります。
自分以外の他者が一方的に絡まれている所も何度も目撃してますし、YOUTUBEにも動画が沢山上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=uO8V_vF0K0I
https://www.youtube.com/watch?v=uUF9xhl2jIM
https://www.youtube.com/watch?v=v1fBqTmaymo
https://www.youtube.com/watch?v=bn9vmuOHkpg

私がやられたケースは、知ってる人は知ってると思いますが、2013年にメルファ7(小型観光バス)で大阪行ったときですね。
新東名でトラックの車列を追い越すために追い越し車線を走行していたのですが、走行車線が空いたタイミングで左に戻ろうとしたと同時に、後ろで煽り続けていた後続車が左側から追い越しをかけた事でニアミスが発生、すぐに追い越し車線に戻ったものの、後続車は左から抜きながら幅寄せや急ブレーキを繰り返し、とにかく相手の危険運転が尋常ではないので路肩に緊急停車したところ、50m先で相手も停車して暴行する気満々で降りてきたので、咄嗟に路肩をバックで逃走して事なきを得たという事案がありました。
すごく広い路肩だったのでメルファ7でも余裕でしたが、高速道路で停車、バックしたのは初めてです。100mくらいバックした気がします。

また、私の友人の話しですが、その人は交通ルールや秩序、マナーに関して物凄く高い遵守意識があって、まるで法律、秩序、模範そのものが人間の姿をして歩いてるような人なのですが、運転も教習車みたいにする人なのです。
それで、制限速度厳守、一時停止も停止線でキッチリ止まるという走り方に後続のドライバーがイライラし、やがて一時停止の遵守を嫌がらせのブレーキと勘違いして逆上、絡まれて暴行を受け、警察を呼んだという事案がありました。

このように、たとえ模範的で非の打ちどころがないような人でも、理不尽なキチガイに絡まれてしまう事はあるのです。
「私は今のところ一度もないよ!」という方もいるかもしれませんが、職業として長距離運転をする人や、私のように趣味で長距離ドライブをする人は、運転時間が長いだけに絡まれる確率が高くなるわけで、決して他人事ではありません。
特にバスやトラック、軽自動車、あるいは普通車でもそんなにガンガン飛ばさない人は、常時アクセル全開で走るキチガイをイライラさせやすいので、煽られたら進路を譲るのが一番ですが、走行車線が詰まってる等で進路を譲るタイミングがない事もあります。そのため、遅かれ早かれキチガイに巻き込まれる事もあると考えておいたほうがいいです。

対応方法は、まず煽り返さない、クラクションを鳴らさない、相手を抜かさないことです。
YouTubeに沢山ある交通トラブルの動画を見て分析した結果ですが、執拗に追跡されたり進路妨害されている場合は、逃走するとしつこく追い掛けてきますが、ハザードランプを点けて停車すれば半分以上は納得して去っていくようです。
もし相手も停車して絡まれてしまった場合ですが、仮にこちらの運転ミスで一定の非があり、話しができる相手であれば一言謝ればそれで済むケースも多々ありますが、こちらに非がない状況(普通に走ってるだけなのに運転が遅いとか挙動が気に入らない等)で絡まれた場合、最初から暴行や恐喝が目的の可能性が高く、「すみません」とか言っても、ますます図に乗って暴行がエスカレートするだけです。

高速道路上で執拗に進路を妨害され、止められそうになったときは、自ら路肩に停車するようにしたほうがいいと思います。
先般の事件のように、追い越し車線で強制的に止められるまで抵抗を続けるのは危険で、速度を上げて逃げようとしても、相手もキチガイですから信じられない速度(180キロとか)で追いかけてきます。
そもそも、こういうキチガイは普段から運転が荒いので、直線ではアクセル全開、急カーブもスリップ寸前、横転寸前の限界運転を日常的にしているため、運転技術に関してはレーサーに近いものがあったりします。
そしてクラクションを鳴らしながら追跡してくるので、周囲の車も驚いて道をあけるため、サイレンを鳴らしたパトカーに追跡されているのと似た状況になります。こういうキチガイから逃走を図るというのは、サイレン鳴らしたパトカーから逃走するのと同じくらい難易度が高いのです。

YouTubeの映像を見て思ったことですが、キチガイにとって狙った獲物に逃げられる事ほど悔しいことはないのです。
なので、もし狙われてしまったら、逃走を図るのではなく自ら路肩に停車して相手に追い越させること、これで半数は納得して去っていきますが、もし相手も停車して暴行する気満々で降りてきたら、ドアロックして亀が甲羅に閉じこもるごとく車内に留まることです。それから警察に110番する事です。
可能であれば、相手の車からなるべく離れた位置で停車して、相手が降りて近付いてきたら(相手が車から離れてすぐ戻れない状況で)、バックや転回で逃走するのも方法だと思います。2013年に私が新東名で絡まれたときにやった方法はこれです。

スポンサーサイト

| 道路交通編 | 23:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

青森、大間ドライブ

今回は日産レンタカーのエルグランドを48hレンタルし、青森まで行ってきました。
本当は3連休に72hで行きたかったのと、15日にはビッグサイトでCOMIC1もあったので相当悩みましたが、紅葉のシーズンとカレンダーの休日を総合的に検討した結果、土日だけの48h強行ドライブとなりました。そのため、また時間に余裕のないガチガチな旅行となりました。

10月13日(金)21時、日産レンタカー藤沢駅前店を出庫し、22時30分に秋葉原で相乗りの5人を乗せて出発。
さすが雨男で、今回のドライブも出発から雨に降られました。そして、さすが道を間違える天才で、鶯谷駅前交差点を右折するべきところ誤って直進してしまいました。とりあえず路地に入って、同乗者5人を乗せたまま路地裏を縫ってルート復帰することに。

扇大橋ICから首都高に入り、深夜の雨の東北道をひたすら走りました。48hしかないので往路は特急ダイヤを組みました。
最初の休憩は福島の安達太良SAで、外は寒かったです。わかってはいたけど、やはり首都圏とは違いますね。
次は4時過ぎに岩手の前沢SAで休憩。気温は8℃まで下がりました。同乗者の方が前沢牛を注文してました。私も今度行ったら食べようと思います。
最後に花輪SAで休憩し、翌朝7時15分頃、予定通り青森ICを出ました。これで東北道を全線走破という事になりました。
青森駅には7時40分到着で、秋葉原から9時間10分となりました。相乗りの人は全員降車し、ここからは一人旅です。



2017-10-17-1.jpg
国道103号線の山道をひたすら登って、酸ヶ湯温泉を目指します。綺麗な景色も見られますが、早くしないと酸ヶ湯温泉の駐車場が埋まってしまうので先を急ぎます。



2017-10-17-2.jpg
2017-10-17-3.jpg
標高が上がるにつれて、紅葉が鮮やかになってきました。3連休ドライブやCOMIC1を諦めてまでこの日にドライブを決行したのは、この風景を見るためです。本当すごいですよ、山全体が紅葉に包まれていて。



2017-10-17-4.jpg
そして酸ヶ湯温泉駐車場に到着。ここもカラフルで綺麗な紅葉に包まれております。



2017-10-17-5.jpg
旅の一つ目の目的である酸ヶ湯温泉に入りました。ちょうど寒かったので一層温泉を楽しめました。
名前の通り本当に酸っぱい味がする温泉で、入るとヒリヒリします。
建物は昔ながらの木造で、廊下や階段は完全に明治大正の建物でした。なかなか雅やかで良かったです。

驚いたのは今時非常に珍しい「混浴」で、さらに驚いたのはオジサン方がみんな全裸スッポンポンで堂々と入っていったこと・・・。
混浴は初めてだし、全裸で入っていいのか迷いましたが、先に行った人はみんなスッポンポンだったので俺も恐る恐る侵入・・・、入ってみたら女性は皆無でした。
一応は男性エリアと女性エリアに区切られており、女性エリアの中には壁スペースも設置されていて、その壁スペースから出てくる女性は皆無でした。
まぁ女性エリアの中に狭い壁スペースを作るくらいなら、その壁を真ん中に移設して男女エリアを区切るように(実質的に混浴は廃止)したほうがいいと思います。脱衣所には混浴のマナーがうるさいほど書かれていて(ジロジロ見るなとか)、実際に女性客からのクレームも多いらしく(ジロジロ見られたとか)、個人的には混浴でないほうがお互い楽しめるのではと思いました。

混浴は昔からの文化だという主張もあるようですが、どんな男にも妻や彼女がいた昔と違って、今どきの男は女性関係が報われない人が多く、それが原因で性犯罪が年々増加していると考察する識者もいるし、人間だけでなくペンギンも異性関係に報われず二次元に走る時代なので、今どき混浴なんてやったらトラブルが続出するのは容易に想像できますね。



2017-10-17-16.jpg
温泉のあとは、併設の蕎麦店で食事してから2Fにある休憩所で雑魚寝。徹夜ドライブをした後なので、私にしては珍しく座布団1枚で寝れました。



2017-10-17-15.jpg
2017-10-17-6.jpg
2017-10-17-8.jpg
下山するときの紅葉も最高に綺麗ですね。紅葉名所は色々あるけど、山全体が広範囲に渡って色づいてるというのはあまりない気がします。それだけ条件に恵まれてるのでしょうかね。これ夜にライトアップしたら最高に輝くと思います。
山を下りて標高が下がるに従い、紅葉は緑に変わっていきました。地表付近の紅葉はまだこれからなんですね。



2017-10-17-7.jpg
本当は十和田、弘前と旅したいところですが、なにせ時間がないので酸ヶ湯から下北半島に直行します。



2017-10-17-17.jpg
むつ市の大湊には海上自衛隊の基地がありました。結構間近で護衛艦が見られます。陸奥湾の景色も最高でした。



2017-10-17-10.jpg
仏ヶ浦の断崖絶壁です。駐車場から徒歩で山を下りて間近で絶壁を見ることも可能ですが、片道徒歩15分かかるので時間がなく、上から眺めました。



2017-10-17-11.jpg
しばらく進むと車道が海沿いになり、仏ヶ浦ほどではないものの同様の火山岩石による風景が見られました。



2017-10-17-9.jpg
結構すごい所に道路建設してますね。



2017-10-17-12.jpg
日没が見れました。



2017-10-17-13.jpg
そして本州最北端、大間﨑に到着。すでに真っ暗で閉店ギリギリの駆け込みになりましたが、旅の二つ目の目的である大間まぐろを食べるため、まぐろ専門店「大間んぞく」で食事しました。注文したのはもちろん大トロマグロ丼。やわらかくてトロトロな脂がのった贅沢なお味でした。まさに大満足!

お店を出たのがちょうど18時の閉店時刻だったのですが、そのタイミングで駅の発車メロディーとして有名な永楽電気製のムーンリヴァが防災無線のチャイムとして流れてきてビックリ。こんな所でも使われてるんですね。
このあと、八戸のホテルで一泊しますが、ここからまた150kmだと・・・、遠いなぁ。

翌日は早朝の館鼻岸壁朝市を回ろうと思ってましたが、さすがに疲れが溜まっていたようで、起きたら8時・・・・。
朝市は諦めてそのまま帰路に着くことにしました。
帰りは同乗者1人のみで、昼間という事もあり大半のSAに立ち寄りながらのんびり帰りました。
今回は48hの弾丸強行だったため、あまりじっくり見て回ることができず、なんだか物足りない旅になってしまいました。それでも大間のまぐろは最高だったし、また来年に72hでリベンジしたいと思います。



2017-10-17-14.jpg
今回の総走行距離は1971kmとなりました。燃料は179L給油したので、平均燃費は11.0km/Lとなりました。思っていたよりも燃費は良かったです。
今回使用したエルグランドですが、車内もシートも大変広く、高級志向の割りには燃費が意外と良く、さらには燃料タンクが大きいので八戸から藤沢までの約750kmを給油無しで走れました。この距離を給油無しというのは、メルファ7のMT車並みの航続距離ですね。
レンタル料も会員には大幅な割引があったので、結構気に入りました。今後の6人ドライブについても積極的に使用しようと思います。

紅葉シーズンのドライブは、来月にまた香嵐渓に行こうと思います。
ちなみに来月1日は私の誕生日!しかもついに30歳に。うわ・・・

| 旅行・ツーリング | 12:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

大阪環状線 オレンジ103系のラストラン

2017年10月3日(火)をもって、大阪環状線で48年間活躍した103系電車が引退しました。
103系だから10月3日に引退が決まったのですが、平日の午前中にも関わらず、大勢のファンが集まりました。
驚いたのは、いわゆる「鉄道マニア」以外の、マニアと関係ない一般の方が沢山いたことです。まるで蒸気機関車のイベント運転とか、寝台列車の引退とか、そんな感じのレア列車が引退するみたいな雰囲気で、大勢の一般人が集まってました。

私は103系ファンとして、これまで色々な路線の103系ラストランを見てきましたが、これだけ多くの一般の人が集まったのは初めてだと思います。
2006年3月に常磐線から引退したときは、マニアが集まった以外は一般から特に注目される事もなく、2009年10月21日に仙石線から引退したときも、少数のマニアが集まるのみで駅の風景は通常通りでした。

それが今回の大阪環状線では、ホーム端でカメラを構えたマニアは元より、ホーム中間でマニアと関係ないサラリーマンや若い女性、イケメン系お兄さんからも一斉にスマホカメラを向けられ、ホーム全域から一斉に撮影されるという、いち通勤電車形式の引退としては異様な光景でした。
引退については以前から報道やSNSの拡散もあり、その影響でこれだけの一般人が集まったのかもしれませんが、それだけ多くの方から愛着があって惜しまれる中での卒業になり、いち103系ファンの私としても感無量であります。

やはり、日本を代表する通勤電車なんですよ。1963年の山手線から始まり、半世紀以上たった現在もJRで現役なのは凄いと思うし、個人的にも赤ちゃんのときから乗ってて、幼稚園児の頃にはモーターの音を覚えて、京浜東北線や常磐線で思い入れが強いのです。
首都圏では2006年に消滅したものの、関西の現役車両の中には、元山手線とか、元京浜東北線という経歴を持つ車両もあり、自分が生まれる前から東京や横浜を走っていた電車がまだあって、30歳になろうとするオレよりも年上なのかと思うと、時代の流れというのは不思議だなぁと思うわけなんですが、何言ってるのかわからないと思うので、本題に入ります。

この10月3日のために、10月2日~4日を休みにして大阪に行きました。
10月の時点でLA4編成の1本のみが残ってる状態でしたが、当日の運用については混乱を避けるため非公開との事なので、前日から新今宮のビジネスホテルに泊まり、当日朝6時から天王寺駅で待ち伏せする事にしました。幸いな事に、僅か10分程でお目当ての103系LA4編成が到着!



2017-10-04-3.jpg
混雑が激しいので、一旦大阪で降りました。大阪駅も整備されてだいぶ綺麗になりましたが、そこを昭和の骨董品が走るのも今日で最後です。



2017-10-04-4.jpg
反対側の電車で、どこの駅だったか忘れたけど、そこで撮影。



2017-10-04-5.jpg
反対側のホームからもカメラを向けてきます。鉄道マニアだけでなく、女子高生とか若い女性とかね。



2017-10-04-9.jpg
連結面はかなり改装されてますが、消火器あたりの機器類が入る筐体に面影があります。



2017-10-04-8.jpg
最後に残ったLA4編成は、比較的原型を保った車両を中心に組まれていました。こちらがその原型を保った車両で、それでもだいぶ変わってますが、窓周りは原型のままです。この編成では中間2両を除く6両がこの形でした。

早朝から内回りを何周も回り続けますが、主要駅を発車するたびにさよなら放送が繰り返されました。
「ご乗車の103系電車は、本日をもちまして大阪環状線を卒業します。オレンジ色の電車として長年親しまれてきましたが、新型車両323系にその役目を譲ります。1969年12月10日のデビューから48年、長きに渡りご利用頂きまして、誠にありがとうございました」
という放送が繰り返されていたのですが、ある車掌さんに交代したときから、「私も幼いときから環状線のオレンジ色の電車を見て育ち、車掌になる事を夢見ておりました」という放送が加わりました。そのうちyoutubeにもアップされると思います。



2017-10-04-11.jpg
こちらは、かなり改造された車両で、ほとんど原型の面影がありません。蛍光灯にカバーがついてたり、通勤電車としてはちょっと豪華な感じです。この編成では中間2両のみが該当しますが、環状線の103系は大半がこの改装済み車両でした。



2017-10-04-6.jpg
2017-10-04-7.jpg
早朝から環状線を回り続けた103系ですが、途中で環状線を外れて、ゆめ咲線の桜島まで行きました。



2017-10-04-10.jpg
桜島駅では電光掲示板でさよなら案内が。
ここで駅員さんから放送があり、この10時55分発、京橋行をもって最終の運行になると案内されました。
あれだけ盛大に宣伝してたのだから、終日走るものだと思っていただけに、突然の最終回をアナウンスされて「えっ?」と思ってしまいました。まるで気に入ってたアニメの放送が予告なく打ち切り最終回になったみたいな感覚ですよ。

桜島から終点京橋まではフル動画撮影したので、気が向いたらyoutubにアップするかもしれません。
本当は環状線一周をフル動画撮影するつもりだったのですが、混雑が収まる午後からと考えていたところ、まさか午前中で終わるなんて思ってなかったので、フル撮影叶いませんでした。まぁ、それについては私ではない他の誰かがyoutubeにアップするだろうと思います。
そして、終点の京橋では沢山のファンが待ち構えていました。やはり運用についてはファンの間で共有されてたんですかね。


2017-10-04-12.jpg
終点京橋で回送になり、そのまま森ノ宮の車庫まで引き上げましたが、帰庫後に方向幕が再び「大阪環状線」になってました。もう運用する事は永遠にないのに、ファン向けのサービスでしょうか?


こちらの動画に登場する山本さん親子は、前から2両目の動力車の台車直上にいた私の向かい側でずっと座ってました。まさかTV出演してたとは。
ちなみに鎌倉市から来た男性も出演してますが、オレじゃないからねw.。

これで103系が残る路線は、JR西日本の大和路線、奈良線、おおさか東線、羽衣線、和田岬線、播但線、加古川線、JR九州の唐津線、筑肥線となりました。また、103系から改造された105系が走る路線として和歌山線と万葉まほろば線があります。

阪和線と環状線の置き換えが完了した事で、おそらく来年度からは奈良区(大和路線と奈良線とおおさか東線)と、和歌山区の105系(和歌山線と万葉まほろば線)の置き換えに着手するものと予想しています。こう書くと5路線に見えますが、奈良区についてはすでに大半が201系に置き換えられ、残り僅かの103系がこれら3路線にランダムで運用に入る状況で、和歌山区の105系についても両数がそんなにないので、置き換えが始まったら一気に片付くと思われます。
あと、羽衣線と和田岬線についても、ひと駅だけの短い路線ゆえに前者2本、後者1本しか配置がないので、置き換えは即日で完了するでしょう。
(2017/10/31追記:環状線を引退した201系が6連と4連に組み替えられているとの情報があり、本年度から早速、大和路線と奈良線とおおさか東線の置き換えに充当されるとみられています)


おそらく2020年までには、JR西日本では播但線と加古川線のみ103系残存になると個人的に予測しています。乗って撮るなら今のうちに!

| 鉄道 | 22:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |