湘南ロードライン

<< 2017-08- | ARCHIVE-SELECT | 2017-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

18きっぷ八戸線、北リアス線の旅

さて、メチャクチャだった八戸線、北リアス線の旅をまとめます。


2017-09-17-1.jpg
まず、藤沢から宇都宮線直通、黒磯行の列車に乗るはずが、宇都宮線内の人身事故により宇都宮線への直通は中止になり、行先が東京行になってしまう・・・。
ひとまず東京駅には定刻通りに着いたものの、ここから山手線で上野まで移動し、そこから本来直通するはずだった黒磯行が上野始発で運転されるはずなので、それに間に合わせるべく急いだものの、山手線が上野に入ると同時に出発時間になってしまいました。
やはりダメか・・・、と思ったら、その始発列車の折り返しが遅れていたため、幸いにも何とか乗車することに成功!
しかし、定刻から13分遅れて上野を発車して、黒磯の乗り換えが数分しかないので、間に合うかどうか微妙でした。これに乗り遅れると、本数が少ないので1時間以上待つ可能性もあり、そうすると北上で予約しているホテルに今日中の到着ができないので、新幹線に乗るしかないのです。
黒磯での乗り換えが勝負で、車中ずっとそんな事を考えてました。何とか間に合いますようにってね。



2017-09-17-2.jpg
心の中では物凄く急いでいながらも黒磯到着まで電車内で待つしか出来ない私ですが、栗橋でさらなる事態が発生!
わーいわーい(^O^)、またしても人身事故だー!宇都宮線本日2度目の人身事故だ!ホームに「抑止」って出てるからここから先は進めないやー!これから事故処理だから運転再開の見込みは不明だってね!
これで新幹線移動は確実になりました。しかも、当初の想定よりも長い区間に渡って新幹線を利用することになりそうです。
とりあえず駅を出て、目の前にあったデイリーで焼き立てパンと野菜ジュースを買って、また電車に戻ってパンを食べながら途方に暮れる・・・(泣)。



2017-09-17-3.jpg
何とか1時間ちょっとで運転再開して、乗車していた黒磯行は古河行になってしまい、古河から宇都宮行に乗って、宇都宮から205系の黒磯行に乗車。本来は藤沢から黒磯まで1本で行く予定だったのが、東京、上野、古河、宇都宮と4回も乗り換えました。スケジュールは1時間40分くらい遅れてます。
この時間から在来線でどこまで行けるかをスマホで調べた結果、仙台から新幹線を利用することにしました。



2017-09-17-4.jpg
黒磯から701系に乗車。福島で乗り換えですが、福島から仙台も701系でした。学生と社会人の帰宅ラッシュが始まって、混雑してました。



2017-09-17-6.jpg
そして新幹線E5系に乗車。
痛い出費で18きっぷの意味が半減してしまったけど、さすが速いですね。
あと、このカラーリングはミクさんに似てますねw。E5系を擬人化したのがミクさんという設定はダメかな?



2017-09-17-5.jpg
E5系は初めて乗車しましたが、乗り心地や走行音、小さい窓とかは東海のN700系と雰囲気が似ていました。リクライニングシートは普通車でも枕付きで、シートについてはN700系よりも上な感じがしました。
ミクさんのコミックを持ち歩いていたのはE5系のカラーリングを意識したわけではなく、本当にたまたまの偶然ですw。
このあと、北上駅近くの格安ビジネスホテルで一泊しました。



2017-09-17-7.jpg
ホテルの朝食をとったあと、さらに北を目指して東北線に乗車します。車両はまた701系。
朝という事もあって、通勤や通学で大混雑ですが、特に学生の割合が高かったです。終点盛岡まで終始混んでました。



2017-09-17-8.jpg
盛岡から先は三セク化されているので18きっぷは使えません。
八戸までは三セクで3000円、新幹線で4000円みたいな感じですが、今回は時間がないので新幹線で行くスケジュールを組みました。
で、この区間は自由席の設定がなく、指定席でしか買えないのですが、すでに満席だったので立席券という立って乗る券を買いました。そのため、指定席料金が免除になって三セクとの金額差が僅かになりましたが、新幹線で立ったのは数年ぶりでした。グリーン車のほうはガラガラなんですけどね。



2017-09-17-9.jpg
八戸は、駅前はロータリーが整備されて、それなりに市街地として発展していました。しかし反対側に行ってみたら何もなく、工事中でした。これが完成すれば駅の両側にロータリーが出来るので、さらに市街地として開発、発展していくのでしょう。



2017-09-17-10.jpg
そして旅の目的の一つである、八戸線に乗車します。車両は昭和時代の原型を保っているキハ40系ですが、本年度から新型車両への取り換えが決定しているので、その前に乗りに来たわけです。



2017-09-17-11.jpg
冷房装置がないので所々、窓を開けてます。出入口は前後の2箇所で、デッキ仕切りもあって、まるで昔の客車ですね。
夏場は冷房ないですが、冬場はデッキ構造のおかげでヒーターの熱が逃げにくく、温かい車内なのだそうです。



2017-09-17-13.jpg
八戸線は大半の区間で海が眺められます。私は残念ながら海と反対側の席しか取れなかったので、このような写真しかありませんが、本当に青くて綺麗な海でした。


2017-09-17-15.jpg
しばらく海沿いを走ったあと、山に入りました。ほとんど坂なのでノッチ入れっぱなしですが、原型の非力なエンジンなのでかなり遅い速度でした。しかし、エンジンはいい音たててますね。



2017-09-17-16.jpg
山を越えて下り坂に入ると、のどかな田園風景が広がるとともに、列車は再び速度が上がります。冷房ないから窓全開で、下り坂なのでエンジン音もなく、気分は完全に昔の客車。鉄郎とメーテルを思い出しましたw



2017-09-17-17.jpg
終点の久慈に到着。平日なのに意外と観光客は多かったかな。



2017-09-17-18.jpg
2017-09-17-19.jpg
久慈駅前のロータリーです。田舎町だと思ってたけど、意外と市街地でしたね。しかし、バスやタクシー車両は古いものが目立ちました。ご覧の通り、リエッセの先代モデルであるレインボーRBがいます。



2017-09-17-21.jpg
料理の撮影は賛否両論があるので私は基本やらない方針でしたが、今回初めて載せます。
道の駅くじにあるレストラン、山海里で豪勢な食事にしました。海女丼とか漁師なげこみ丼とか色々あったけど、思い切って2,300円の琥珀丼を注文。
具は見ての通りですが、ご飯の中にウニと牛肉が入っていて、物凄くボリュームのある丼でした。量が結構あります。



2017-09-17-20.jpg
琥珀丼を注文すると、久慈原産の琥珀ストラップが付いてきます。



2017-09-17-22.jpg
食事を終えて、ここから三陸鉄道北リアス線に乗車します。私鉄なので18きっぷは使えません。元々は国鉄の路線でしたが、JR移行を待たずに国鉄から直接三セク化されました。
車両は三陸鉄道がオリジナルで発注したものですが、機器、車体とも国鉄車と共通する部分が多々あります。



2017-09-17-23.jpg
こちらは貸切観光用の車両で、中はシャンデリアや間接照明など豪華な内装になってました。今回こちらには乗車しません。



2017-09-17-24.jpg
三陸鉄道の普通列車用気動車ですが、車体は国鉄車と殆ど同じでした。座席や窓枠の部品も同じですね。
元は冷房無しだったようですが、現在は冷房ついてます。ただ、吹き出し口が路線バスと同じ部品で、容量も少ないのかあまりきいてない感じで暑かったです。



2017-09-17-28.jpg
2017-09-17-25.jpg
2017-09-17-26.jpg
風景は海と山が見えますが、観光に力を入れているようで、途中の景色がいい所では停車して撮影タイムというサービスもありました。私を含めて山側の席に座っていた人は、撮影どうぞの放送が入るなり一斉に立ち上がって、車内を歩き回ってカメラを向けてました。



2017-09-17-29.jpg
終点の宮古から山田線に乗り換えて盛岡に行くはずが、バス代行との説明を受けて、「え?」。
聞いたら、昨年の台風による災害で不通になってるとの事で、こんな基本的な情報すら知らずに計画立ててたオレはバカだと思いました。
それはともかく、盛岡までバス移動になったので、急遽エアロエースに乗車。山田線と並行する国道106号線を走るものの、やはり高速道路じゃないので所要時間は鉄道よりも大幅にかかり、ここでまたスケジュールが大幅に狂う事態になりました、うわ・・・。



2017-09-17-30.jpg
盛岡に到着して、アニメイトに寄ってコミックとラノベ購入。駅ではU規制の古いキュービックが沢山いました。機会があったら乗りたいですね。
盛岡から東北線701系に乗車して仙台を目指します。車内混雑しているので、乗務員室で立ってましたw。地方の列車は短編成同士を連結した運用が多く、乗務員室によるデッドスペースを減らすために連結時や最後尾では運転台以外の部分を解放してるんですね。



2017-09-17-32.jpg
2017-09-17-31.jpg
仙台のカプセルホテルで一泊してから、仙石線を石巻まで往復しました。女川まで行きたかったけど、どうしてもダイヤが合わず今回も断念。車両は元山手線の205系です。
仙石線は震災の津波で大きな被害を受けましたが、復旧に当たっては高台や内陸に移転した区間もあり、特に高台では坂をひたすら上がって景色が素晴らしいシーンもありました。


2017-09-17-33.jpg
松島基地に近い鹿妻駅には、ブルーインパルスT-2の保存機が飾られてます。津波にも耐えました。


仙台に戻ってから、駅から少し遠いけど太助という牛タン屋さんで食事にしました。
平日なのに行列ができるほどの人気店です。牛タンB定食を注文、塩分濃いめだけどご飯との組み合わせも最高で美味しいです。
一つ非常に残念だったのが、クレーマー女に遭遇したこと。店員が別のお客の注文を受けてる最中に横から割り込むように注文して、当然そんな注文の仕方で店員が処理できるはずがなく、改めて注文を伺ったら「え?さっき言ったでしょ!なんで聞いてないの?」とキレる。
ああ、こういうクレーマー女がいるからお店の口コミとかもすぐに荒れるんだと思いました。やだねぇ。

このあと、盛岡で買ったコミックやラノベを読みながら東北線で帰りましたが、今回はなんだか散々な旅になってしまいましたね。
行きの東北線で二度の人身事故に遭い、新幹線移動による臨時出費があったこと。
山田線の災害運休という基本的な情報すら把握せず、スケジュールが狂って一部予定がキャンセルになったこと。
そして、最後のクレーマーおばさんです。

まぁ、旅は楽しむものですし、予定通りにいかないのも旅ならではという事で良しとしましょう。
スポンサーサイト

| 鉄道 | 02:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |