湘南ロードライン

<< 2017-05- | ARCHIVE-SELECT | 2017-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

タクシー運転手に対するチップ

海外では慣習として、宿泊や飲食店、タクシーやバスの利用で、規定の料金とは別に心づけとして現金を支払う暗黙のルールがあります。
チップの金額は利用者の任意ですが、正規料金の15%とか20%とか、国や地域にもよりますが大体の相場は決まっているようです。こうした国では従業員の収入源にチップが前提として含まれているため、正規料金はかなり安く設定してあり、そのぶん利用者が自らの気持ちとして、サービス満足度に応じてチップを支払うという暗黙のルールになっています。

現代の日本ではこういう文化はありませんが、団体旅行の旅館や観光バスの利用においては、従業員や運転士に対してチップのようなものを支払う風習が残っているようです。ただ、海外のチップと違って現金をそのまま渡すのは失礼とされ、紙や祝儀袋で包んで渡すのが礼儀とされています。

で、日本のタクシーにおいても、お客様によってはチップを頂けるケースが時々あったり、運転手に対して「ありがとうございました」と仰るお客様もおります。
私自身、この仕事に転職してから初めて知ったことなので驚きましたが、「客のほうが偉いんだ!」みたいな風潮があるこの日本においても、中には運転手に対して心遣いをしてくれるお客様もいるんだという事を知ったし、私自身もそういう所は見習おうと思いました。
というか、私の身内は店員に対して「客だ!」みたいな態度をとる人が多く、タクシー運転手については軽蔑の対象と見なすケースもあり、私自身も身内の影響とネットの影響もあってそれに染まってましたが、日本人そういう人ばかりじゃないという事を今さらながら知りました。

チップを頂けるケースとしては、ワンメーター(初乗り730円)の利用で1000円札を出し、お釣り(270円)は(運転手が受け取って)いいよという方や、1090円に対して1100円出してお釣りはいいよという方もおりますが、ごく稀に年配の方の中には、料金1990円に対して2200円を出して、「運転手さんへのお賽銭だから受け取ってね」という方もおりました。(運転手は神様仏様じゃないという突っ込みはナシw)
こうしたチップは、鎌倉で営業している私の場合は、概ね一日(18時間勤務)のチップ総額は平均して500円くらいかなという感覚ですが、日によって大きく変動するので、チップが全くない日があれば、一日のチップ合計が2000円を超えた日もありました。

ただ、チップが常識の海外とは違い、日本のタクシー乗務員の人件費は正規料金に含まれているので、日本においてはチップを払わなくても問題はありませんし、実際大半のお客様は払わないです。
むしろコンビニやスーパーの店員、ファミレスの従業員、路線バスの運転士、ビジネスホテルの従業員など、大半の接客業でチップは皆無だと思われますが、その中でタクシーだけが少額とはいえチップを頂いてる気がして申し訳ないという気持ちもあります。

日本のタクシーの場合、他の接客業とは異なり業界の独特な風習があり、例えば、
お釣りは会社から支給されないので運転手が自分で立て替える。
お客様とトラブルが発生して正規料金を頂けなかったり、踏み倒されたり乗り逃げされた場合でも運転手が自腹で会社に納金しなければいけない。
売上げで給料が決まるため、締め日にならないとその月の手取りがわからない。

こうした特殊な事情が世間にも知られているため、なんというか、お布施みたいな感じでチップを頂けるんだと思います。
私としては、チップは非常に有難いですが、一部のプライドが高い乗務員の中には、他のチップが皆無な接客業と比べて、この業界が世間から哀れまれている事を嘆く人もいたりします。

ちなみに、運転手が新人で地理や建物を覚えきれていないケースですが、海外ではチップを減額する代わりに乗客が道案内したりしますが、日本では正規料金が決まっているのでそれができず、お客様不満の原因になっています。
ウチの会社でも、クレーム内容の第一位は「地理がわからない新人」で、他の接客態度が悪いとか運転が荒い等のクレーム件数よりも多いのだそうです。

私はトラブルが嫌なので、稼げる東京や横浜を選ばず、あえて地元の鎌倉を選び、入る前に地図に書いてある事はなるべく覚えるようにしました。
実際には、「教えて頂けますか?」と丁寧にお願いすれば、大半のお客様は快く、あるいは仕方なく応じてくれますが、たまに一筋縄ではいかないお客様もいるので、時には正規料金を減額して、例えば1540円を1000円にして、残り540円は自腹にした事もありました。
また、新人ではない現在でも、慣れない地域に行くとルートを誤って遠回りしてしまう事があり、その場合もお客様に事情を説明して、自腹による値引きをする事となります。厳密には自腹の立て替えても含めて値引きは違反ですが、実際問題として運転手のミスで発生した損害をお客様に請求するわけにはいかないので、そこは臨機応変に上手くやるしかないです。
大抵は遠回りした分の損害だけ値引きすれば済みますが、本当にごく稀ながら「わざと遠回りした!」「そんな悪質な事してまで金を取りたいのか!」とカンカンに怒ってしまい、全額無料にせざるを得ないようなケースもあります。(今のところ2回)
給料とは別に、チップを頂けたり、あるいは自腹で損をしてしまったり、というのがこの業界の特殊な所です。
スポンサーサイト

| タクシー | 21:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

エアロミディMJのさよなら運転について

今まで何回かお世話になった関西某レンタカーさんの三菱ふそう エアロミディMJ(PA-MJ26RF)が、2017年7月2日で運用終了する事になったので、6月21日(水)から22日(木)にかけて、最後のドライブを実施します。
行き先は、私にとって長距離ドライブの原点である福島県会津地方にしようと思います。

21日早朝に鎌倉を出発して会津若松に行き、そこから只見線沿いの国道252号線に沿ってドライブします。ド田舎なので目立った観光スポットや見どころなどは特にありませんが、綺麗な山脈と森、小川、集落等を見て回ります。天候に恵まれれば、綺麗な星空も見れるかもしれません。
252号線で新潟まで出て、そこから高速深夜割引きで北陸道を関西方面へ進みます。

運行車両については、下記の通りです。
DSCN1322.jpg

DSCN1325.jpg
関西地方の某レンタカー会社が運用する2007年式のMJです。現在は非公開ため、レンタカー会社の名前は伏せます。
エアロミディMJは1988年に登場し、以来改良を重ねながら2007年まで販売されました。登場時は日野レインボー7Mや初代エアロクイーン等と言った車種と同世代で、特に初代エアロバスKとは全く同じデザインでしたが、それらが90年代で2代目にモデルチェンジしていく中、エアロミディはモデルチェンジせず、時代に合わせたマイナーチェンジはしながらも2007年まで初代のまま生産されました。
前面ライト類はエアロクイーンの2代目モデルチェンジに合わせて同じ部品に変更されましたが、運転台のレイアウトやダッシュボードの形状、外観の窓周りの形状など、1988年当時から全く変わっていない部分もあります。



DSCN1311.jpg

DSCN1315.jpg
座席は4列シートですが、この車は最大縦6列まで設定できるところ1列減の縦5列としているので、足元スペースが広く快適です。



DSCN1317.jpg

DSCN1318.jpg

DSCN1319.jpg
運転台は、フィンガーシフトとホイールパークブレーキ(ブシューンというエア音が鳴るサイドブレーキ)が装備されており、これはレンタカーとしては極めて貴重なものです。

当ブログでドライブの事前告知はあまりしませんが、今回はもしかしたら、最後の小型観光バス運転になる可能性があるため、報告しました。
トナカイレンタカーのメルファ7は昨年終了し、それに続くように関西某レンタカーさんも終了がアナウンスされました。
ネットで探すと、他にもMJやレインボー、メルファ7はいくつか見つかるものの、トナカイさんや関西某さんのような条件で貸し出してくれる所が、残念ながらありません。
というのは、保険内容が不十分だったり、距離制限があったり、排ガス規制に適合していなかったり、あるいは私が遠方で素性が不明だとか、使用目的が不適切(運転目的とか10人に満たない人数ではダメ)とか、そもそも常連限定で一般への貸し出しはしていないとか、様々な事情がありました。

結論、やはりもう自己所有しかないですね。w

| 未分類 | 23:48 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

タクシーの車内人身事故

車内人身事故と言えば、路線バスにおいて急ブレーキの反動で車内の乗客が負傷するケースを指すことが多いですが、路線バスだけでなく、タクシーでも車内人身事故は度々発生します。
交通事故の一種なので、発生した場合は警察による現場検証が行われ、運転者は刑事処分を受けることになります。

かつて同僚が在籍していた他社の話しですが、猫を急ブレーキで回避して車内人身事故となってしまい、刑事処分が行われて免停、失職したドライバーがいたそうです。
それ以来、新人の研修では「猫が飛び出してきても急ブレーキは厳禁!ひいてしまうのは止むを得ない!」という教育をしているそうです。まぁ実際のところ、猫の生命よりもお客様の安全が優先されるので、仕方がない事でしょうし、いざとなったら私も非情な判断をしなければいけないわけですが、実際に遭遇したらどうなるかな・・・。

元よりタクシーの場合、お客様がちゃんとシートに座ってシートベルトをしていれば、急ブレーキだけで車内人身事故にはならないと思いますが、現況では運転手よりもお客様の立場が圧倒的に強く、安全上の理由で注意した事に対しても「うるせぇなぁ!」となってしまうのです。そういえば、以前「タクシー車内でお化粧は」という記事を書きましたが、まさにそういう事ですね。

ちなみに車内人身事故の被害者は、比較的女性が多いです。たぶん、男性の場合は車の運転や特性を理解している事が多いので、急ブレーキでも咄嗟に手を付くとかして受け身をとるのですが、女性の場合は車に関心がないので急ブレーキや急ハンドルの反動も理解しておらず、タクシー車内で刃物を用いてまつ毛を切る等の危険行為や、 シートにちゃんと座らなかったり、路線バス車内では両手に荷物を持ったままどこにも掴まらず、何かあったときにそのまま吹っ飛ばされて怪我するんだと思います。

そういえば、住宅地の裏道で赤ちゃんを抱えたまま「急いで!」とまくし立ててくる女もいましたが、飛ばせば急ブレーキの確率も高まるし、その割りにシートベルトもせずに前かがみ姿勢で運転手に圧力をかけ、その状態で何かあっても自分は100%被害者という態度で全て運転手のせいにするので、本当に憤慨します。(←お子さんをチャイルドシートで固定してないので安全上の理由からっこれ以上は飛ばせませんと言ったら、口論になったので乗車拒否とし、料金未収のまま途中で降ろした)

路線バスのように、仕事効率は度外視してノロノロ走ればこの手の事故は大幅に減るのでしょうが、タクシーのお客様は急ぎが多く、また時間がかかれば料金も上がるので、現実的には自家用車と同程度のスピードは出さないと怒られます。
まぁ、それでも路線バスに比べれば、タクシーの車内人身事故のリスクはまだ低いほうなんでしょうかね。

| タクシー | 21:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |