FC2ブログ

湘南ロードライン

<< 2017-03- | ARCHIVE-SELECT | 2017-05- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

会津ドライブ9回目、三春滝桜

4月7日からの金土日が休みになったので、お花見ということで奈良吉野に見頃より少し早いながらも行ったんですが、残念ながら桜は殆ど開花しておらず、挙句に雨にも降られて失敗してしまいました。
仕方ないので、ここは来年必ずリベンジする事にして、お花見は改めて会津方面へ、日本三大桜の一つである三春滝桜を見に行く事にしました。
朝4時に藤沢の日産レンタカー店舗を出発し、9時半くらいに喜多方へ到着。


2017-04-18-9.jpg
喜多方は去年も行ってラーメン食べてきたけど、今回は喜多方ラーメンの中でも上位にランクインするお店に入りました。駐車場も店内も混雑するので、入るのに時間がかかったけど、さっぱり味の中華そばを味わいました。去年入ったお店と比べると、塩ラーメンに近かった感じ。料理の撮影は賛否両論あるので、私は今のところやらない方針です。
このあと、若松城に行くと桜が満開でした。写真撮り忘れた。




2017-04-18-12.jpg
2017-04-18-13.jpg
2017-04-18-17.jpg
そして今回のメイン、三春滝桜です。樹齢は1000年以上で、ファンタジー世界に登場しそうな巨木に圧倒されました。
観光客は家族とカップルが殆どで、周囲の芝生に座って鑑賞してました。周辺には屋台があり、駐車場も整備されているので行きやすいと思います。
今回は平日なので大丈夫でしたが、休日は渋滞で3時間以上かかる事もあるそうなので、ご注意を。
スポンサーサイト



| ツーリング・ドライブ | 15:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

横須賀カレー

本場の横須賀カレーを食べようと友人と計画し、行ってきました。



2017-04-18-6.jpg
2017-04-18-5.jpg
まず三笠公園に行きました。その名の通り、公園内には旧帝国海軍の戦艦「三笠」が丸ごと保存されており、甲板上も見学できるようですが、私が行ったときは17時を過ぎてしまったため閉館でした。
船体がツルツルな現在の艦艇とは異なり、リベットの接合部だらけな船体がいかにも昔の船ですね。
元々はこの場所に浮いていたそうですが、保存時に船底とその周囲にコンクリートと土砂が敷き詰められ、艦内にも土砂が注入されて、現在は船舶としての機能は失われ、写真を見てもわかる通り陸地と一体化されています。

余談ですが、同僚の話しで、鎌倉駅乗り場から「三笠までお願いします」と言われて、「はいっ、三笠ですね!承知しました!」と大喜びで横須賀に向かおうとしたら、「あれ?どこ行くんですか?三笠ですよ、江ノ島方面ですよ。」と言われ、同僚は横須賀の三笠公園だと思っていたばかりに「???」状態。
よーく話しを聞いたら、江ノ島の先の片瀬海岸にある「三笠」というレストランだったオチです。同僚「ショボーン(´・ω・`)」



2017-04-18-7.jpg
横須賀市は「カレーの街よこすか」というキャッチコピーで街おこしに取り組んでますが、その一環で「よこすか海軍カレー」の名称を登録商標とし、認定を受けた店舗だけが、この名称を使用できるのだそうです。
認定されるには、帝国海軍のレシピであること、横須賀市内でしか提供できないこと、サラダと牛乳をセットで出すことなど、いくつか条件があり、さらには月に1回の監査もおこなう徹底ぶりなので、この名称を掲げた店舗は、本場の海軍カレーを食べれるお店と思って間違いないと思います。
という事で、「よこすか海軍カレー館」という、登録商標そのままのお店で食事しました。小麦粉がよくきいてるのか、黄色っぽい色でトロトロ感がよく出ていました。コク旨です。



2017-04-18-8.jpg
観艦式で乗って以来だけど、そのうちまた乗りたいですね。


| ツーリング・ドライブ | 22:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

お花見ドライブで運転した新型コースター

2017-04-11-1.jpg

今までメルファ7でお世話になったトナカイレンタカーですが、新型コースターを納車したのでレンタルしました。
正確にはコースターではなく、日野リエッセⅡだけど、リエッセRX系(前扉でエアブレーキ付)と紛らわしいので、コースターとしておきます。トナカイさんはリエッセRX系もリエッセⅡも所有しているので、尚さら紛らわしい。

本来は沢山の写真を撮って詳しく解説する予定だったのですが、最終日の午後くらいに誤ってデジカメを「絵画モード」にしてしまったため、それ以降に撮った写真はすべて絵画風に変換されてパーになりました。
コースターの写真だけでなく、河口湖周辺の洞窟を探検した写真とかも全てパー・・・、デジカメにそんな機能いらねーよ!

納車されて2週間、走行距離は300kmだけという新車でした。
実はこの手のマイクロを自分で借りたのは初めてですが、運転機器もナビもオーディオもすべて大手レンタカーの乗用車と同じで、なんというか、もうバスではなく乗用車でしたね。
客席のリクライニングは、レバーではなくヒモを引っ張って操作するところも乗用車と似ています。
グレードは一番上のEXで、エンジンも180馬力の高出力タイプだそうなので、そこがトヨタレンタカーのコースターと違うのでしょうか。リエッセRX系と同じ馬力ですが、車両重量はRX系の5トン強に対して、こちらは4トン弱なのでそのぶん加速性能は高く、高速道路ではガンガン走れました。しかし、エンジン音は軽トラ並みにうるさい。

オーディオについては、本来は標準装備であるはずのAUX端子(音声入力端子)が、ナビを取り付けた際になくなってしまったらしく、音楽は現況CDだけのようです。ナビ自体はAUX端子による音声入力モードにも対応していたので、端子を取り付ける工事をすれば使用可能になると思います。

ミッションは6速ATで、メーター読み時速100km/hで1900回転でした。これは私がよく利用するカローラフィールダーのCVT車と同じ回転数で、メルファやリエッセRX系と比べると、大幅に低いです。
燃費は約6.6km/Lでしたが、往路で10人乗せたまま結構飛ばしたので、速度を落とせばもっと伸びると思います。
エンジンはターボ付きなので、高速道路で休憩時は最低3分アイドリングしてエンジンを冷却してから停止すること、あと排ガス浄化装置もついてるので、表示灯が点いたらボタンを押して浄化する必要があります。

自宅近くの、メルファ7でギリギリ曲がれる狭い場所を通ったのですが、余裕で曲がれるリエッセRX系とは違い、この車はメルファ7と同様にギリギリやっとで曲がれる状況でした。
後で調べてみたら、リエッセRX系は最小回転半径が5.8mで、メルファ7は6.3mですが、このコースターはなんと6.5mでした。ホイールベースもメルファ7の3.710に対して、コースターは3.935もあるので、小回り性能はリエッセRX系どころかメルファ7にも負ける事を初めて知りました。前扉車よりも前輪が前に出てるのはわかりますが、リアオーバーハングも長いので、メルファ7と比べてホイールベースが長くなる事はないだろと感覚的に決めつけており、その感覚のまま当日も運転してたわけですが、とんでもない事ですね。
しかし、長いホイールベースは高速道路で安定するので、長距離メインの私にとってはメリットもあるのでしょうか。

全長7m(6990mm)はどの小型バスも同じですが、車体幅は先代の2035mmに対し、本モデルではリエッセRX系やポンチョと同じ2080mmまで拡大されたので、先代よりもシート幅に余裕ができたと思います。
全高も先代の2580mmに対し、本モデルでは2635mmになり、室内高も拡大されたようです。

またレンタルする機会があったら、今度はちゃんと写真を撮って紹介したいと思います。

| バスの知識 | 17:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>