湘南ロードライン

<< 2017-03- | ARCHIVE-SELECT | 2017-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

会津ドライブ9回目、三春滝桜

4月7日からの金土日が休みになったので、お花見ということで奈良吉野に見頃より少し早いながらも行ったんですが、残念ながら桜は殆ど開花しておらず、挙句に雨にも降られて失敗してしまいました。
仕方ないので、ここは来年必ずリベンジする事にして、お花見は改めて会津方面へ、日本三大桜の一つである三春滝桜を見に行く事にしました。
朝4時に藤沢の日産レンタカー店舗を出発し、9時半くらいに喜多方へ到着。


2017-04-18-9.jpg
喜多方は去年も行ってラーメン食べてきたけど、今回は喜多方ラーメンの中でも上位にランクインするお店に入りました。駐車場も店内も混雑するので、入るのに時間がかかったけど、さっぱり味の中華そばを味わいました。去年入ったお店と比べると、塩ラーメンに近かった感じ。料理の撮影は賛否両論あるので、私は今のところやらない方針です。
このあと、若松城に行くと桜が満開でした。写真撮り忘れた。




2017-04-18-12.jpg
2017-04-18-13.jpg
2017-04-18-17.jpg
そして今回のメイン、三春滝桜です。樹齢は1000年以上で、ファンタジー世界に登場しそうな巨木に圧倒されました。
観光客は家族とカップルが殆どで、周囲の芝生に座って鑑賞してました。周辺には屋台があり、駐車場も整備されているので行きやすいと思います。
今回は平日なので大丈夫でしたが、休日は渋滞で3時間以上かかる事もあるそうなので、ご注意を。
スポンサーサイト

| 旅行・ツーリング | 15:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

横須賀ドライブ

タクシー仕事で昼間から横須賀に行く機会に恵まれたので、そのまま横須賀を堪能してきました。



2017-04-18-6.jpg
2017-04-18-5.jpg
という事で、まず三笠公園に行きました。その名の通り、公園内には旧帝国海軍の戦艦「三笠」が丸ごと保存されており、甲板上も見学できるようですが、私が行ったときは17時を過ぎてしまったため閉館でした。
船体がツルツルな現在の艦艇とは異なり、リベットの接合部だらけな船体がいかにも昔の船ですね。
元々はこの場所に浮いていたそうですが、保存時に船底とその周囲にコンクリートと土砂が敷き詰められ、艦内にも土砂が注入されて、現在は船舶としての機能は失われ、写真を見てもわかる通り陸地と一体化されています。

余談ですが、同僚の話しで、鎌倉駅乗り場から「三笠までお願いします」と言われて、「はいっ、三笠ですね!承知しました!」と大喜びで横須賀に向かおうとしたら、「あれ?どこ行くんですか?三笠ですよ、江ノ島方面ですよ。」と言われ、同僚は横須賀の三笠公園だと思っていたばかりに「???」状態。
よーく話しを聞いたら、江ノ島の先の片瀬海岸にある「三笠」というレストランだったオチです。同僚「ショボーン(´・ω・`)」



2017-04-18-7.jpg
横須賀市は「カレーの街よこすか」というキャッチコピーで街おこしに取り組んでますが、その一環で「よこすか海軍カレー」の名称を登録商標とし、認定を受けた店舗だけが、この名称を使用できるのだそうです。
認定されるには、帝国海軍のレシピであること、横須賀市内でしか提供できないこと、サラダと牛乳をセットで出すことなど、いくつか条件があり、さらには月に1回の監査もおこなう徹底ぶりなので、この名称を掲げた店舗は、本場の海軍カレーを食べれるお店と思って間違いないと思います。
という事で、「よこすか海軍カレー館」という、登録商標そのままのお店で食事しました。小麦粉がよくきいてるのか、黄色っぽい色でトロトロ感がよく出ていました。コク旨です。



2017-04-18-8.jpg
観艦式で乗って以来だけど、そのうちまた乗りたいですね。


| 旅行・ツーリング | 22:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

お花見ドライブで運転した新型コースター

2017-04-11-1.jpg

今までメルファ7でお世話になったトナカイレンタカーですが、新型コースターを納車したのでレンタルしました。
正確にはコースターではなく、日野リエッセⅡだけど、リエッセRX系(前扉でエアブレーキ付)と紛らわしいので、コースターとしておきます。トナカイさんはリエッセRX系もリエッセⅡも所有しているので、尚さら紛らわしい。

本来は沢山の写真を撮って詳しく解説する予定だったのですが、最終日の午後くらいに誤ってデジカメを「絵画モード」にしてしまったため、それ以降に撮った写真はすべて絵画風に変換されてパーになりました。
コースターの写真だけでなく、河口湖周辺の洞窟を探検した写真とかも全てパー・・・、デジカメにそんな機能いらねーよ!

納車されて2週間、走行距離は300kmだけという新車でした。
実はこの手のマイクロを自分で借りたのは初めてですが、運転機器もナビもオーディオもすべて大手レンタカーの乗用車と同じで、なんというか、もうバスではなく乗用車でしたね。
客席のリクライニングは、レバーではなくヒモを引っ張って操作するところも乗用車と似ています。
グレードは一番上のEXで、エンジンも180馬力の高出力タイプだそうなので、そこがトヨタレンタカーのコースターと違うのでしょうか。リエッセRX系と同じ馬力ですが、車両重量はRX系の5トン強に対して、こちらは4トン弱なのでそのぶん加速性能は高く、高速道路ではガンガン走れました。しかし、エンジン音は軽トラ並みにうるさい。

オーディオについては、本来は標準装備であるはずのAUX端子(音声入力端子)が、ナビを取り付けた際になくなってしまったらしく、音楽は現況CDだけのようです。ナビ自体はAUX端子による音声入力モードにも対応していたので、端子を取り付ける工事をすれば使用可能になると思います。

ミッションは6速ATで、メーター読み時速100km/hで1900回転でした。これは私がよく利用するカローラフィールダーのCVT車と同じ回転数で、メルファやリエッセRX系と比べると、大幅に低いです。
燃費は約6.6km/Lでしたが、往路で10人乗せたまま結構飛ばしたので、速度を落とせばもっと伸びると思います。
エンジンはターボ付きなので、高速道路で休憩時は最低3分アイドリングしてエンジンを冷却してから停止すること、あと排ガス浄化装置もついてるので、表示灯が点いたらボタンを押して浄化する必要があります。

自宅近くの、メルファ7でギリギリ曲がれる狭い場所を通ったのですが、余裕で曲がれるリエッセRX系とは違い、この車はメルファ7と同様にギリギリやっとで曲がれる状況でした。
後で調べてみたら、リエッセRX系は最小回転半径が5.8mで、メルファ7は6.3mですが、このコースターはなんと6.5mでした。ホイールベースもメルファ7の3.710に対して、コースターは3.935もあるので、小回り性能はリエッセRX系どころかメルファ7にも負ける事を初めて知りました。前扉車よりも前輪が前に出てるのはわかりますが、リアオーバーハングも長いので、メルファ7と比べてホイールベースが長くなる事はないだろと感覚的に決めつけており、その感覚のまま当日も運転してたわけですが、とんでもない事ですね。
しかし、長いホイールベースは高速道路で安定するので、長距離メインの私にとってはメリットもあるのでしょうか。

全長7m(6990mm)はどの小型バスも同じですが、車体幅は先代の2035mmに対し、本モデルではリエッセRX系やポンチョと同じ2080mmまで拡大されたので、先代よりもシート幅に余裕ができたと思います。
全高も先代の2580mmに対し、本モデルでは2635mmになり、室内高も拡大されたようです。

またレンタルする機会があったら、今度はちゃんと写真を撮って紹介したいと思います。

| バスの知識 | 17:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ライドシェアで同乗者を置いていった事件

昨年2月にライドシェアでSAに置いて行かれる事件という出来事を経験しましたが、今度は逆に同乗者を置いて行ってしまう事案が発生しました。


■発生日時と場所
2017年4月7日(金)21時00分頃 秋葉原UDX周辺


■概要
21時00分頃
nottecoライドシェアで10人と待ち合わせのため、集合場所である秋葉原UDXとマクドナルドの間にある路地へ進入しようとしたところ、待ち合わせ場所である当該道路が工事による通行止めのため、待ち合わせ場所に車で行かれない事になった。
代わりに停車できる場所を探しているうちに、待ち合わせ時間である21時を過ぎてしまったため、大勢から一斉に問い合わせが入る事態となった。

21時10分頃
場所を転々としたあと、本来予定していたUDXのマクドナルド側とは反対側、UDXの山手線側で停車する事にし、その旨を10人に連絡しようとしたものの、サイトの仕組み上、一人ひとりにメッセージを送信する作業は極めて複雑で、次々に来るメッセージに返信が追い付かない状態となった。
このままでは連絡がとれないまま時間ばかりが経過すると思い、車から降りて、自分の足で本来の集合場所までおもむき、何人かのライドシェア参加者と思われる方にお声がけをしたあと、サイト上のメッセージ送信作業も引き続き行った。

21時20分頃
ある一人の同乗予定者から、「トラックの前に止まっているコースター(マイクロバス)であってます?」というメッセージが来たので、私が「あってます」と返信すると、さらに相手から「ナンバープレート〇〇〇のコースターですか?」という返信が来たので、この時点でこの人は車を発見できたから大丈夫と判断し、まだ連絡がとれてない他の人の対応を急ぐため、返信をしなかった。

21時25分頃
最終的に9人の方が車の前に集まっていたので、ドアを開けて乗車後、一人ずつ名前(ハンドルネーム)を確認する形の点呼を行った。この際、先ほど車を特定できた人は当然いる筈と決めつけてしまい、実際にいる人数に違和感を覚えながらも、当日キャンセルの人もいたので、それによるものだろうと思って処理。

21時30分頃
出発

翌2時50分頃
刈谷パーキングエリア出発時の点呼で、人数が合わないので、近くの席の同乗者に尋ねたところ、出発時から居なかったと言われ、乗り遅れが判明。

4月9日
サイト上のレビューで、相手は私を最低評価で記入。


■原因
・サイトの仕様上、メッセージ送信相手の選択画面では、本ドライブの同乗予定者だけでなく、後日出発のドライブ同乗予定者や、問い合わせがあっただけの人も含めて表示されるため、大勢の中から送信したい人を一覧から探す必要があり、また送信や受信をするたびに並び順が変わるので、誰に送って誰にまだ送ってないのか、わからなくなったこと。
・21時30分に出発したあとは新着メッセージがなく、次のサービスエリアまで気付かなかったこと。
・相手は車を特定するところまではできたのに、なぜかその場を立ち去ったこと。
・数日前から同乗予定者のキャンセルが発生する度に、追加で募集して別途同乗者を確保する事を繰り返し、当日もキャンセルが発生したため、2日前に作成した同乗者のチェックリストが役に立たず、出発時の点呼でミスが発生したこと。


■再発防止策
・同乗予定者が5名を超える場合は、連絡手段としてサイト上のメッセージだけでなく、全員で共有可能な掲示板やチャット等を用意する。
・同乗者のチェックリストはこまめに修正する。
・狭い道は工事で閉鎖されやすいので、なるべく大通りを集合場所にする。


以下、当方コメント
この度は不手際から大勢の方にご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。また、同乗者同士で声をかけ合って情報を共有するなど、各自の自発的な行動により、混乱を抑えられましたこと、感謝します。
これにより、本来乗車する10人のうち、9人の方は自発的に車の前までおいでになりましたが、1人はどこかへ行かれてしまい、それに気付くことができず残念な結果となりました。

私としては、工事による通行止めで予定していた集合場所に配車できず、別の場所に変更せざるを得なかったのですが、同じUDX沿いで、そんな遠い場所に止めたわけではないし、21時10分から21時30分までの約20分間、その場所に駐車しており、他の同乗者も次々と集まってきた状況で、上記のように車を特定できたにも関わらず、なぜ立ち去ってしまったのか疑問です。

集合場所変更の話しはしたし、そのあと車を特定できたようなので大丈夫と思ってましたが、そのあともメッセージが次々にきて返信を求められました。しかし、これだけの人数がいる状況で、特定の一人に対して手取り足取り教えて面倒を見るなど不可能です。
交渉の段階から当方プロフィールを読んでいない、承認後も当方で定めるローカルルールを把握していないなど、なんというか「お客さん感覚」みたいな感じでした。
点呼ミスした私にも非はあるので、お互いに謝罪して終わりかと思ってましたが、あたかも自分が100%被害者という態度で、サイト上に最低評価で記入したことは誠に遺憾です。
今後は、同乗を承認するに当たっては、基準をさらに厳格化する事を検討します。

| のってこ! | 23:34 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |