湘南ロードライン

<< 2017-02- | ARCHIVE-SELECT | 2017-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

秋葉原JRガードの事故

秋葉原駅前に、トラック等が頻繁に衝突することで有名な、高さ制限2.8mのガードがあります。
秋葉原は月2回ほど行くんですが、これまでも2トン車による事故を2回見てきて、今回で3回目の目撃となる事故は、なんとメルファ7でした。オタク街とは反対側ですが、パトカーが真ん中で停車しながら通行止めをアナウンスしているので、見に行ったわけです。
あまり露骨に野次馬やるのは当事者にとって悪いと思うので、素通りを装ってこっそり撮影しました。



2017-03-25-1.jpg
2017-03-25-2.jpg
屋根のスポイラーはもぎ取れたようで、置いてありました。




2017-03-25-3.jpg
写真には写ってませんが、冷房装置もかなり潰れていました。

停車しているのは昭和通り側ですが、こことは反対のオタク街側に破片が散らばっていたので、ぶつかったあと出口まで走ったという事でしょうか。
2.8m制限のガードに対し、ぶつかったメルファ7はハイデッカーでスポイラー付きなので全高3.42mとなり、大幅オーバーです。
仮に他の車種だったらどうかと思って調べてみましたが、メルファ7の一番低いタイプ、ノーマルデッカーでスポイラー無しでも全高3.02mでオーバー。
リエッセRX系でも全高2.82mで2cmだけオーバー
コースター(リエッセⅡ)のハイルーフなら全高2.75mで、ようやくクリアでした。

私もメルファ7で秋葉原行って、UDX前を待ち合わせ場所にした事あるけど、このガードの存在は以前から知っていたので問題なかったものの、他人事ではないと思ってます。知らない地域ではどこに高さ制限があるかなんてわからんですからね。



2017-03-25-5.png
破片が散らばっていたオタク街側のガード入口。
私の一つの考察ですが、交差点のすぐそこにガードがあるので、右左折の安全確認に気をとられた隙に、高さ制限を見落とした可能性もあります。ハイデッカーだと左折巻き込みを恐れるあまり、左側ばかり気をとられて、そのタイミングで魔はやってくるので、オレも気をつけます。
スポンサーサイト

| バスの知識 | 00:01 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

3月の青春18きっぷ

今シーズンの青春18きっぷ旅は、3月8日から11日にかけて行ってきました。

2017-03-23-1.jpg
桜井線105系の連結面にあるプレート。



2017-03-23-2.jpg
どこかの駅で買った、沿線名物の「柿の葉寿司」



2017-03-23-3.jpg
京都に向かう103系に乗ったら、先頭の車番が225の編成に当たって、どこかで覚えのある番号だと思って調べてみたら、やはり元山手線の車両でした。奈良線と山手線は色が同じですが、一部の車両は山手線から転属した車両も含まれているという事で、調べたことがあったんですね。1973年3月の製造で44年も経ちますが現役です。オレが生まれる前の、見たことない昭和時代の東京を走り回っていたという事ですね。


2017-03-23-4.jpg
2017-03-23-5.jpg
2017-03-23-6.jpg
2017-03-23-8.jpg
2017-03-23-7.jpg
伏見稲荷大社に行きました。テレビアニメで聖地化もしてるのでね。
稲荷山全体が境内のようで、道には鳥居の連続トンネルがあり、鳥居一つ一つを見ると新品からボロボロまで様々でした。一本道ではなく、いくつか分かれ道があって全部歩いたら数時間はかかると思うけど、これだけの数の鳥居を整備するのは相当大変だと思います。登るだけでもヒーヒー言って引き返す観光客が多数ですが、登った先の見晴らしは素晴らしかったです。

| 鉄道 | 16:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

湘南電車の歴史

国鉄電車の塗装として、オレンジと緑の「湘南色」が全国的に流行りましたが、近年では廃車や新塗装への塗り替えが進み、残り僅かとなってきました。今回は湘南電車の特集です。


2017-03-04.png
80系電車(1950~1977)
1950年に東海道線で運転を開始した80系電車が湘南色の始まりで、当時の茶色一色の旧形車両が多数を占めていた中では異彩を放ち、注目されました。当初は東海道線の湘南地区を中心に運転された事から、この派手な電車を人々は「湘南電車」と呼ぶようになり、湘南電車と言えばこの80系でした。しかし、後年には関東だけでなく関西や中国地方など、本州を縦断する形で配置されたため、もはや湘南の電車とは言えない気がします。
各駅に停まる普通列車のほか、当時の特急と同じ所要時間で運転する準急列車(別料金)でも使用されました。ただ、機関車牽引の客車と比べると依然として居住性に劣るため、東京~大阪のような長距離列車ではあまり用いられませんでした。1977年に東京口での運転を終了したあとは、一部が飯田線に転属して細々と運用されてましたが、これも1983年に引退して国鉄線から全廃されました。
このオレンジと緑の配色の由来は色々な説があり、「沿線(主に静岡)の名物みかんと緑茶にちなんだもの」という説明がJR公式からされていますが、一方で80系の塗装を決める際にアメリカのグレートノーザン鉄道を参考にしたとも言われています。


2017-03-04-3.png
153系電車(1958~1981)
載せられる写真がwikiになかったので鉄道模型で代用。1958年11月に、80系で運転されていた準急「東海」「比叡」と、東京から伊豆方面に行く「湘南準急」を引き継ぐ形で登場しました。80系と同じく、普通列車としても優等列車(別料金)としても使用できる車両として開発され、東海道線の幅広い運用を担いました。普通列車の運用もある一方、居住性の面では従来の客車を上回ったことから、ついに東京~大阪の長距離に(機関車付きの客車ではなく)電車として本格的に運転される事になり、急行「なにわ」「せっつ」として東京~大阪の運用を担いました。さらに1962年には、東京~広島に急行「宮島」が設定され、電車急行としては最長の894.8kmを記録しました。
しかし、1964年に東海道新幹線が開業すると、在来線の長距離列車は大幅に削減され、以後は地域密着型の短距離運転が中心になりました。関西地区では乗車券のみで乗れる「新快速」が1970年から設定され、この153系が担ったため、153系=新快速というイメージを持つ人もいるようです。関東地区では113系とともに普通列車のほか、踊り子の前進である急行「伊豆」等も担いましたが、踊り子用の新車185系や、普通用に追加で導入された113系によって次第に置き換えられ、1981年に東京口の運転は終了し、1982年には西日本からも引退して全廃しました。80系のように地方へ転属される事はなかったため、国鉄線からは80系よりも1年早く全廃しました。



2017-03-04-5.png
165系電車(1963~1996)
外見は153系と瓜二つで、構造や車内設備もほぼ同じですが、新開発の高出力モーターを搭載した車両としてこの165系が開発されました。東海道線では153系を補完する形で運用されてましたが、1982年に153系が引退するに当たり、元々は153系と共同運行だった急行「東海」と「大垣夜行(ムーンライトながらの前身)」を165系に一本化する形で引き継ぎました。車両数自体はそんなに多くなかったため、東海道線ではあまり目立たない存在でした。東京口の定期列車としては1996年に引退したものの、その後も臨時列車で運転されたようで、私としては1999年に修学旅行の貸切列車として乗ったのが、最初で最後の165系乗車になりました。2003年に全廃。



2017-03-04-2.png
113系電車(1963~2006)
活躍期間を見てもわかる通り、東海道線の普通列車として長年に渡って運用された主力車両です。登場こそ1963年であるものの、長期間に渡って大量に製造され、1982年の153系引退に際してもこの113系が新車として追加導入されたため、2000年代に入っても大量に残っている状態でした。
普通列車に特化した設計のため、片側3ドアという混雑に対応した仕様になっていますが、一応は優等列車での運用も考慮したのか、車内に座席番号が表示されています。そして、稀にですが「大垣夜行(ムーンライトながらの前身)」の増便で165系が足りないとき、この113系が運用に入って東京から大垣まで行った事もあったそうです。(元々、大垣夜行で使用してきた153系を113系で取り替えたために起きた現象)
JR初期は東京発、浜松行の普通運用もあったようですが、徐々に短縮され、地域ごとに発着地点を設定するようになったため、18きっぱーなど長距離の移動では頻繁な乗り換えを強いられるようになりました。
2006年に東京口から引退するに当たっては、「湘南電車の引退」と報道され、JR東日本も「さよなら湘南電車」という観光パンフレットを作成するなど、この113系を80系から続く「湘南電車」として呼称する風潮がありました。
湘南地区からはもう引退してますが、湘南色の113系自体は本州全土に配置されたため、現在でも群馬県の高崎地区や、西日本の京都地区、岡山地区でこのカラーリングの113系(と115系)が走っています。



2017-03-04-4.png
ちなみに、113系の後継車両である211系は、銀色車体に湘南色の帯を巻いている事から、これを「湘南電車」と呼ぶこともできますが、やはり一般人の間では、湘南電車と言ったら上記のように車体全体をオレンジと緑で塗装した電車という認識になっていると思うので、211系をはじめ現行のE231系やE233系を湘南電車と呼ぶのは無理があるかもしれません。
一部の関係者やマニアがいくらそう呼称しても、一般人に浸透しなきゃ意味がないですからね。

| 鉄道 | 19:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |