湘南ロードライン

<< 2016-12- | ARCHIVE-SELECT | 2017-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

携帯Eメールアドレス変更のお知らせ

平成29年1月29日付けで、携帯のEメールアドレスを変更する事にしました。
お昼から夕方くらいには、新しいアドレスを関係者の方にお知らせしようと思います。

現在使用しているメールアドレスは、高校生の頃に設定したものですが、長い上にわかりづらく、手動で入力する際に煩わしいのが変更の理由です。
冒頭の本名部分はそのままとし、後半の長い部分(バスの型式や厨二くさい文字列)を改めて、地名と四ケタの数字を組み合わせたものとします。数字の部分は、現在勤務する会社で私が担当するタクシー車両のナンバープレートに由来します。

新しいアドレスをお知らせする対象ですが、あまり疎遠の人には連絡するべきではないという意見がネット上に沢山あり、現に私も友達だと思っていた人が、いつの間にかアドレスを変える等して音信不通になっているケースがあります。
という事で、本来は登録している方全員に連絡したいところですが、相手によっては「えっ?とっくにアナタなんか削除してるのに、今さら?」というケースもあるようなので、送信するべき相手かどうかは私のほうで判断します。
万一、「友達だと思ってたのに新アドレスの連絡が来なかった!」というケースがありましたら、当ブログ経由でご連絡ください。
スポンサーサイト

| お知らせ | 01:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

南鎌倉高校女子自転車部のロケ地めぐり2

この記事は前回の続きなので、まずはコチラからご覧ください。
2017-01-20-24.png
2017-01-23-10.jpg



2017-01-20-25.png
2017-01-23-11.jpg



2017-01-20-26.png
2017-01-23-9.jpg
2話の鎌倉案内スタート地点は、下馬交差点。


2017-01-20-27.png
2017-01-24-3.jpg
下馬交差点から海に向かうと、滑川交差点に突き当たります。ここで冬音初登場。



2017-01-20-28.png
2017-01-24-4.jpg



2017-01-20-29.png
2017-01-24-5.jpg
滑川交差点にあるコンビニは、作中ではファミリーマートが設定されてますが、実際はローソンです。他作品でもチェーン店を実在する別のチェーン店に置き換えるケースがあるけど、何か理由があるのかな?


2017-01-20-31.png
2017-01-23-16.jpg
滑川交差点を右折して国道134号に入り、坂ノ下交差点のシーン。



2017-01-20-30.png
2016-11-08-101.jpg
鎌倉文学館。
「青い花」の藤ヶ谷女学院と、「うみねこのなく頃に」でも屋敷のモデルとして登場しました。この場所は入場料がかかるため、以前撮影した写真の使いまわしです。



2017-01-20-34.png
2017-01-23-18.jpg
長谷の力餅家さん。私は本作のコミックで知ったお店ですが、鎌倉のお土産としては有名なようです。最寄りは長谷駅だけど、極楽寺と長谷のほぼ中間にあるので、どちらの駅からでも歩いて行けると思います。
作中同様に立てかけてある自転車は、私のです。



2017-01-20-35.png
2017-01-24-8.jpg
力餅家さんの路地を入っていくと、御霊神社(ごりょうじんじゃ)があります。ひろみが「おれい?」とか読んでた所ですね。



2017-01-20-36.png
2017-01-23-20.jpg
作中に出てくるのは権五郎力餅10コ入り。


2017-01-24-9.jpg
という事で初めて力餅を買ってみたけど、権五郎力餅は品切れだったので、求肥力餅12個入りを買ってみました。
原材料が砂糖、小豆、白玉粉のみという無添加でウマーでした。


2017-01-20-37.png
2017-01-23-1.jpg



2017-01-20-38.png
2017-01-24-1.jpg
ひろみが迷子になったのは、長谷大谷戸交差点から佐助稲荷神社に向かう路地。



2017-01-20-39.png
2017-01-24-2.jpg



2017-01-20-40.png
2017-01-23-4.jpg
この山道を越えれば佐助稲荷神社に行けるという、おばあさんのセリフですが、実際でもその通りでした。私自身、稲荷神社の裏にそんな抜け道があるのは知らなかったです。


2017-01-20-41.png
2017-01-23-5.jpg
という事で、こういう機会じゃないとこんな山道歩くこともないだろうから、作中と同じく自転車を担いで行くことにしました。w ロードなので軽いとはいえ、想定してたよりもかなり体力勝負でした。長い階段や急な階段が多いのでね。



2017-01-20-43.png
2017-01-23-6.jpg
そして、結花が初登場した佐助稲荷神社に到着。



2017-1-20-45.png
2017-01-23-8.jpg


2017-01-23-7.jpg
伏見稲荷大社と同じく、鳥居の連続トンネルが特徴ですね。


2017-01-20-44.png
2017-01-23-17.jpg
渚が勤めるパン屋ベーカリーフラットは、向かい側の歩道の描写から、国道134号の坂ノ下交差点から鎌倉パークホテルの間に設定されてるようです



2017-01-20-1.png
2017-01-20-2.png
2017-01-20-20.png
2017-01-20-32.png
2017-01-20-33.png
2017-01-20-42.png
未回収シーンがまだ沢山ありますが、また今度行ってきます。

| アニメ | 18:19 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

南鎌倉高校女子自転車部のロケ地めぐり

今月からアニメ放送開始となった「南鎌倉高校女子自転車部」ですが、漫画コミックと同様に風景の描写が大変リアルなので、私にとっては地元ですが、ロケ地巡りに行ってきました。
現在3話まで放送されてますが、ここでは1話と2話に出てきた風景をまとめておきます。3話以降は気が向いたらね。



2017-01-20-3.png
2017-01-23-27.jpg



2017-01-20-4.png
2017-01-23-28.jpg
1話冒頭で、自転車に乗れない主人公が練習をするシーン。
場所は極楽寺駅から赤い橋を渡り、稲村ケ崎小学校を通り過ぎて一本目を左へ曲がり、しばらく進むとトンネルがあるので、それをくぐった先です。地理が作中と実際とで異なっており、ひろみが自転車で坂を下りて行った先は、県道32号のほうへ向かってるのですが、作中としては極楽寺駅方向に向かってる描写です。クルマで行く場合、普通車は通行困難、3ナンバー車は無理だと思います。



2017-01-20-5.png
2017-01-23-29.jpg



2017-01-20-6.png
2017-01-23-30.jpg
トンネルと極楽寺駅の間にある場所。



2017-01-20-7.png
2017-01-23-25.jpg



2017-01-20-8.png
2017-01-23-23.jpg



2017-01-20-9.png
2017-01-23-26.jpg



2017-01-20-11.png
2017-01-23-22.jpg




2017-01-20-13.png
2017-01-23-24.jpg
ひろみとともえが出会ったのは極楽寺駅前。写真は冬だけど、春になると作中通り桜が咲きます。




2017-01-20-14.png
2017-01-23-37.jpg



2017-01-20-15.png
2017-102-4-7.jpg




2017-01-20-16.png
2017-01-23-36.jpg
極楽寺駅から学校へ向かうシーンは、電柱にも書いてある通り、稲村ケ崎3丁目のあたり。



2017-01-20-17.png
2017-01-23-32.jpg
稲村ケ崎から海沿いの国道134号線に出てきたところ。右側に写ってる池田丸では湘南しらすをはじめ、地魚料理が食べられます。



2017-01-20-18.png
2017-01-24-6.jpg



2017-01-20-19.png
2017-01-23-35.jpg
作中の主要舞台となる南鎌倉高校は、実際の七里ガ浜高校がモデルです。校舎や正門は改変されてるものの、立地場所はそのまま。



2017-01-20-21.png
2017-01-23-33.jpg



2017-01-20-22.png
2017-01-23-34.jpg
1話の終盤で、ひろみが再び自転車の練習をした場所は、七里ヶ浜海岸駐車場。
ビブリア古書堂でも舞台になった所です。

記事が一杯になってしまったので、続きは下記へ↓
南鎌倉高校女子自転車部のロケ地めぐり2

| アニメ | 18:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

謹賀新年 新潟18きっぷ旅

世間では年末年始と言ったら、大掃除、年賀状と大忙しでしょうが、私は部屋狭くてそんなに物置いてないし、年賀状送る相手もいないので、いつもと変わりません。
なので、12月31日のコミケが終わったあと、そのまま秋葉原へ行きました。
大晦日という事で多くの店舗が閉まってますが、カウントダウンを迎えるためか、秋葉原としては日曜日並みの人混みでした。
ラノベ、コミック、フィギュア、グッズを見回りながら時間調整したあと、上野19時23分発の高崎線快速アーバン号で高崎へ向かいました。青春18きっぷ旅行です。



2017-01-01-1.jpg
熊谷から先は、相模線と同じくドアの開閉はボタン扱いになりますが、大晦日で荷物を抱えた旅行客が多く、ボタン式ドアに慣れてないようで、駅に到着するたびに自動で開かないドアの前で立ちすくむ人が続出しました。しばらくしてからボタンに気づいたり、他の人が横から押したり・・・。

21時に高崎のビジネスホテルにチェックインし、お風呂がないので近くの温泉に行ったところで、悲劇は始まりました。
なんと営業終了・・・。慌てて他の温泉を検索すると、前橋にも温泉がある事がわかり、駅から徒歩2分と書いてあるので走ってギリギリかな、と思いながら即行で上越線に飛び乗ったものの、駅から迷ってしまい、4分遅れて駆けつけるも、もう終了だからと断られる・・・。

「おい!いくら18きっぷで無料とはいえ高崎から15分もかけて来たのに!というか、駅から徒歩2分じゃねーぞ?仮に迷わなくても、これ改札から歩いたら5分くらいかかるぞ?」

とは口には出さず、腹の中にしまいこんで、仕方なく温泉は諦めて帰ろうとしたら、次の電車は40分後の終電までないだと!?
前橋の温泉に入れてれば、30分くらい入浴して、帰りは終電で帰るというつもりだったのが、温泉に入れないまま帰る電車は同じという結果に。

アホー!!!

とは声に出さなかったけど、脳内で罵声が再生されました。これで1時間半くらい無駄に振り回されました。

というわけで、前橋駅の暖房付き待合室でリゼロの11巻を読み終わり、やっと来た終電は107系でした。
今回の旅の目当ては、引退の危機にある107系と115系の2車種で、107系については運用が調べられたので、本来は元日の上越線始発で107系に乗るはずが、大晦日にいち早く乗る結果になりました。乗ったの4年振りですが、これで明日改めて乗ったら、もうこれで最後かな?



2017-01-01-2.jpg
年明けて朝6時45分に起床して、高崎駅の改札横にある駅弁屋さんで弁当を買ったあと、始発、水上行の107系電車に改めて乗車。よく見たら昨日乗った終電がそのまま運用に入ってました。



2017-01-01-3.jpg
上越線の前橋から北を乗るのは初めてで、段々と山が増えてきて、列車はアップダウンを繰り返します。



2017-01-01-10.jpg
高崎支社の107系は水上で終点となり、ここから先は新潟支社の車両が担当なので、乗り換えが発生します。つい最近までこの区間は115系オンリーだったのですが、一気にこの新型車両に置き換えられて、上越線のこの区間では115系の運用は終了しました。という事でE129系の長岡行に乗車。



2017-01-01-8.jpg
荷物を抱えた旅行客が多いです。



2017-01-01-6.jpg
乗り換えて出発したあと、列車は山の奥深くへと入っていき、気が付いたら雪が積もってました。そして、雪が降ってきました。
さっきまで晴れてたのに、この天気の変わりようは・・・、でも積もってる雪を見ると、今に降り始めたのではなく、随分前から降っていたようです。


2017-01-01-5.jpg
2017-01-01-4.jpg
しばらくすると、雲の切れ目から日差しが。こんな幻想的な風景は滅多に見られないですよ。



2017-01-01-7.jpg
屋根がないホームでは、雪を溶かすためのお湯(水?)をまく装置が設置されてました。クリックして拡大して見てください。



2017-01-01-9.jpg
終点長岡に到着後、信越線に乗り換えて新潟を目指しますが、ようやくお目当ての115系が来ました。つい最近まで新潟地区では8割り近くがこの115系で占めてましたが、新型E129系への置き換えはだいぶ進み、もう残りわずかです。
新潟に到着したら、駅前の少し高いそば屋さんで食事。年越しそばならぬ、年明けそばになってしまったけど、あつあつの美味なそばでした。
このあと、越後線、弥彦線を乗り継ぎました。残念ながら115系は当たらず、このあと水上まで乗った上越線も含めてE129系オンリーでした。



2017-01-01-12.jpg
2017-01-01-11.jpg
水上から先の高崎支社区間で、やっと115系が当たる。塗装はオレンジと緑の湘南色で、2006年までは東海道線でも見れました。
高崎に到着後、また駅弁屋さんで買う。この駅弁、どうやら高崎の名物のようです。


2017-01-01-13.jpg
高崎からは上野東京ラインの一本で一気に神奈川まで帰りますが、2時間半近い乗車になるので、Suicaでグリーン券を買いました。特急券と違ってほぼ一律料金なので、長距離乗車をするならお得です。

というわけで、本年もよろしくお願い致します。

| 鉄道 | 01:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |