湘南ロードライン

<< 2016-08- | ARCHIVE-SELECT | 2016-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

近鉄の高架駅で車掌飛び降り事件について

ニュース見てなかったのと、2泊3日の旅行が重なったため、知ったのが昨日ですが、21日に近鉄奈良線で人身事故による列車遅延、運休が発生し、一部の客が東花園駅で暴動のような状態になり、駅員や車掌などを複数で取り囲んで罵声を浴びせる事態になって、追い詰められた車掌が発狂して叫びながら線路を走ったあと、そのまま高架駅から地面に飛び降りて重傷という事件があったそうです。
会社の同僚運転手から話しを聞いて、昨日知りました。

この車掌さんに対し、近鉄は「社内規定にのっとって車掌の処分を検討する」とコメントしたそうですが、これに対して「理不尽すぎる」として、車掌さんを擁護する活動が全国的に広がっています。私も早速、署名に参加しました。
私は現在タクシー運転手として勤務してますが、やはり同じ運送サービス業として、理不尽なモンスタークレーマーには敏感です。私の会社で話題になったように、おそらく全国の鉄道、バス、タクシーの職場内で語られてると思います。

何年か前にも名古屋市営バスで、運転士が年配者の対応をした為に出発が約1分遅れたことで、これにイラついたオッサンが運転士に絡んで、キレた運転士がジグザグ運転をしたあと急停車し、そのまま職場放棄する事案がありました。

高架駅から飛び降りたとか、バスで職場放棄したという行為について、肯定はしません。そこは我慢しなければいけないのだと思いますし、現にサービス業(旅客運送業を含む)に従事する人は、常識じゃ考えられないメチャクチャなクレームに対しても、みんな我慢して対応しているのです。

しかし、誰かがこういったストライキ的な行動を起こすことで、そこで初めてメチャクチャなクレーマーの実態が露呈するのも事実です。なので、飛び降り自体を肯定はしませんが、それに対して処罰するとかいう事に対しては、この車掌さんを擁護したいと思います。そういうわけで署名に参加しました。

電車の運休や遅延はよくある事ですが、今回の事件があった東花園駅では暴動のような状況になっていたそうで、ネット上にあがっている目撃情報によると、改札やホームで複数の客が職員を取り囲んでは罵声を浴びせ、「代行バスを手配しろ!」「タクシー代を出せ!」「どう責任とってくれるんだ!?」等と執拗に迫ったり、駅員のネクタイを掴んで引っ張る等の行為が見受けられたそうです。
しかし、私もかつて電車通勤だったので人身事故による足止めは何度も経験しましたが、集団が職員を取り囲んで罵声を浴びせたり、ネクタイを引っ張る暴動みたいな状況は見たことがなく、あまりの状況にスマホ等による多数の動画撮影がおこなわれ、それがテレビのニュースやyoutubeにも上がってました。
https://www.youtube.com/watch?v=sUmgchN76Z8
https://www.youtube.com/watch?v=_hCLg54mO-k

40年前の上尾事件のように、国鉄職員の対応が悪くて暴動に発展することはありますが、今回の事件では近鉄職員の対応が悪いという事は、おそらくないと思います。
私も接客業に従事する身として、いつ大きなトラブルや事件に巻き込まれるか不安な部分もあるので、今後は自分を守るためにも法律や過去の事例を勉強する必要があるのかもしれません。
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:43 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

訪問者数が上がった件について

2016-09-17-2.png

当ブログの1日当たりの訪問者数は、普段は50人前後ですが、15日に1000人を超える訪問者があり、翌日も100人を超えました。
解析してみると、どうやら15日に報道されたニュースで、東京湾アクアラインで高速バス運転士の意識がもうろうとなり、乗客がブレーキ操作をして停車させた件のことで、「バス ブレーキ どこ」とか「バス 止め方」等というキーワードで検索して、当ブログのこちらの記事たどり着いた方が大勢いたようです。
それだけバス事故について、関心が高いということですね。

当該運転士の勤務状況がどうなっていたのかはわかりませんが、法律で定めるバス運転手の休息時間や休暇設定は人間の限界を極めたもので、やはり法律からして見直す必要があると思います。
退勤時間から次の出勤時間まで8時間だけあいてればいいとか、出勤は13日連続まで許されるとか、休暇は1ヶ月4日だけでいいとか、同じく旅客運送業であるタクシー運転手の勤務と比べても、かなり過酷です。
しかし、勤務時間を減らせばそのぶん給料も減るので、それに関しては、無理な勤務をしてでも給料は上げたいという運転士もいるそうで、難しいですね。
でも、それで居眠りとか意識飛びとか起こすのなら、やはり給料は犠牲にしても、ワークライフバランスを優先するべきだと思います。特に退勤から次の出勤まで8時間というのは絶対に見直すべきだと思います。
これを一般の会社員に例えると、午前0時まで残業したあと、翌朝8時までに出勤するという事ですからね。

| 未分類 | 14:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |