湘南ロードライン

<< 2016-05- | ARCHIVE-SELECT | 2016-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

エアブレーキをバタ踏み(連打)すると、ブレーキが利かなくなります。

バスやトラック等で、クラクション代わりにエアブレーキで「ブシューン」と煽ることがありますが、やり過ぎると圧力計が下がってブレーキがきかなくなります。

今さらなぜこんな事を書くのかと言うと、私の友人が練習とドライブ目的で4tトラックをレンタルし、私が助手席で友人の運転を見ていたのですが、途中、前のクルマを煽る目的でエアブレーキをバタ踏み(連打)したあと、警告音が鳴って、「これ何の警報?」と私に聞いてくるという出来事がありました。
「そりゃ、こんなにブシュンブシュンやったら圧力計もレッドゾーンになるでしょ」と言ったら、「圧力計って何?」と返される・・・。

エアブレーキ車を運転していながら、ブレーキをブシュンブシュンやり続けるとエアタンクの圧力が下がってブレーキが利かなくなる事を知らない、エアタンクの圧力計も知らないとの事でした。知らない事に対してバカとかアホとか言う気はありませんが、前のクルマを煽る目的でエアがなくなるまでブレーキをバタ踏みし続けるのは・・・、子供じゃないんだからね、DQNのまま運転してはダメです。
それでもしブレーキが利かなくなったまま事故でも起こしたら、過失ではなく故意の危険運転として、最悪の場合は殺人犯として償うことになってしまいます。

しかし、私も大型二種の教習でエアブレーキをバタ踏みするなとは教わったものの、その理由として、エアタンクの圧力が低下してブレーキが利かなくなるから、とまでは教わらなかった気がします。私がバスマニアで、鉄道車両の圧力計と同じものがバスにもあるという事を、たまたま知っていただけです。
普通車の教習で「水温計」を教わってないように、大型車の教習で「圧力計」なんて教わらなかったし、教習は本当に最低限の操作しか教わらないので、あとは免許取得後に車の取扱説明書を見るなりして、学ばなきゃいけないんですよね。
スポンサーサイト

| バスの知識 | 01:06 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |