湘南ロードライン

<< 2015-10- | ARCHIVE-SELECT | 2015-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

香嵐渓に行ってきた

そろそろ紅葉の季節が終わるので、どこか見に行きたいと思っていたところ、のってこ!で香嵐渓から東京へ向かう車があったので、帰りそれに乗る形で行ってきました。

香嵐渓についてネットで調べてみると、物凄くきれいな赤々とした紅葉の写真がたくさんあったので、それなりに期待して行ったのですが、ちょっと行くのが遅かったようで、すでに葉が散ってしまった木が多かったです。
それよりも、屋台やお土産品が充実していて、何というか、お祭りみたいな感じで楽しんできました。

行きは新幹線で、名古屋で降りて少し歩き回ったあと、313系電車と地下鉄と名鉄を乗り継いで浄水駅へ。そこから路線バスで香嵐渓まで1時間ですが、なんと日野リエッセが来ました。以前からトナカイレンタカーのリエッセを運転したいとは思っていたけど、こんな所で乗るとは・・・。



2015-11-23-2r.jpg
2015-11-23-3r.jpg
2015-11-23-4r.jpg
こんな感じで、カラフルな景色に癒されました。この日は祝日だったので人混みでした。



2015-11-23-5r.jpg
2015-11-23-6r.jpg
2015-11-23-7.jpg
このへんでお土産品とかお菓子とか売ってます。



2015-11-23-8.jpg
お好み焼き、クレープ、イカ焼き、あと初めてリンゴ飴を買って食べ歩きました。リンゴ飴は最近アニメでよく出てくるので。



2015-11-23-9.jpg
2015-11-23-10.jpg
2015-11-23-11.jpg




2015-11-23-12.jpg
2015-11-23-13.jpg

秋は終わり、冬が到来しますが、いよいよ青春18切符の季節なので、冬景色を見ながら国鉄電車を追いかけにいこうと思います。今年もあとわずかですが、お楽しみはまだまだあります!
スポンサーサイト

| 旅行・ツーリング | 18:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

鉄道時計

以前から腕時計ではなく懐中時計を使っているのですが、今回新しく購入した懐中時計を紹介します。

2015-11-17 鉄道時計
見た目はフツーの懐中時計ですが、実は列車運行に使われる専用品で、鉄道時計といいます。
セイコー製で27,000円もしました。さすがブランド物ですね。実際に使ってみると、その正確性は本当でした。4日間放置しても0.5秒のズレしかない。



2015-11-17 E531系運転台
2015-11-17-2.png
知ってる人は知ってると思いますが、日本のほとんどの鉄道は時刻確認において、運転士が自分の時計を持ち込んで、運転台にセットして使っているのです。
写真を見てもわかりますが、アナログ計器が並ぶ旧型車両はもとより、液晶ディスプレイが並ぶ新型車両でも、運転台には時計を置く専用のくぼみがあって、これは明治の鉄道省から昭和の国鉄、そしてJRと、ずーっと変わらない伝統のようなものです。

鉄道時計自体は明治時代からあったようですが、現在のセイコー製になったのは昭和4年だそうです。当時は手巻き式だったものの、より正確性を高めるため電池式に切り替わり、もちろん私が所有している物も電池式ですが、外見は当時とほぼ変わっていないそうです。
しかし、あくまで業務用なのでアンティークとは程遠く、質実剛健さに徹したデザインとなっています。
運転士さんと同じ時計ということで、鉄道ファンの間でも広く使用されていますが、購入については、普通のお店ではまず在庫していないので、セイコー取扱店で取り寄せるか、通販を使用するかです。

| 鉄道 | 00:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

シミュレーターと急制動

今日も2時間連続技能でした。
1時限目はシミュレーター。
二輪教習は所内のみで路上がないので、シミュレーターで路上を再現しながら、二輪車特有の危険な場面を疑似体験します。右側から追い越して行った車が急に減速して左折してくる場面とか、ドライバーにとって二輪車は小さいので、実際は近くにいるのに遠くにいると思い込みやすいこと、トラックの後ろを走ると、対向の右折車に見落とされやすいことを学びました。

2時限目は、まず前回の復習。
スラロームがちょっと不安定ですが、前回よりは早く通過できるようになりました。慣れてくるとアクセルを使いながら小刻みに通過できるようになります。
そして新たな課題として、急制動をやりました。時速40km/hで11メートル以内に停止する課題です。前輪と後輪のブレーキ配分に注意するのがポイントですが、よくある失敗としては、加速時に時速40km/hまで届かなかったり、後輪ブレーキを強くしすぎて車輪ロックしてしまうことです。

| 普通二輪免許 | 23:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

オートマ教習

今日はオートマスクーターの体験という事で、いつものマニュアルバイクではなく、AT限定教習用のビッグスクーターに乗車。
違いは、ギアやクラッチ操作がないのはもちろんですが、他にもホイールベース(前輪から後輪までの距離)が長い、タイヤが小さいため低速時の安定性に欠ける、運転者から前輪が直接見えないという点が挙げられます。
スクーター自体は、学生時代に友人の原付スクーターを運転したことがあるけど、今回乗るのは400ccです。

さて、教習開始。
ギア操作がないぶん、外周で時速40km/h出すのはラクでした。マニュアルだとギアチェンジで忙しいですからね。

次にS字
問題なく通過できたものの、ホイールベースが長いぶん内輪差も大きく、少し気を使ったかな。

クランク
やはりマニュアル車よりも内輪差が大きいため、技術的に試されました。ハッキリ言ってATのほうが難易度高いです。

スラローム
ジグザグ走行でパイロンを避けていくものの、やはり内輪差が大きいぶん難易度が高く、ついに転倒!教習開始以来、初めての転倒となりました。気を取り直して繰り返し練習。今回ペアを組んだもう一人の生徒さんは、普段から原付スクーターに乗っているそうで、そのぶん慣れているのかスイスイでした。

一本橋
レールにタイヤを乗せるのですが、マニュアル車と違って前輪が直接見えないので、感覚で前輪の位置を掴まなければいけません。マニュアル車のときは一回しか脱輪したことないのに、今回は7回中、2回も脱輪してしまいました。

まとめ
普通二輪免許はMTとAT限定がありますが、MTのほうが上位免許なのに、AT限定のほうが内輪差が大きくて難易度が高いという、皮肉な状態になっている事を学びました。
AT限定の生徒さんは多くが女性ですが、こんな難しい練習をしているのか!と思いました。

| 普通二輪免許 | 23:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

S字、クランク、一本橋、8の字、スラローム

前回はギアチェンジをしながら時速40km/hまで加速する練習をしましたが、今回は検定で行われる各課題の練習で、下記項目を一気にやりました。

S字
普通免許と同じで、S字を通過するだけです。簡単です。

クランク
せまい直角カーブを曲がる課題です。半クラを使いながら低速を保たないと曲がり切れないので、バランス感覚が試されます。もう一人の生徒さんが転倒しましたが、私も転倒寸前で何とか持ちこたえた感じでした。

一本橋
学校の体育の授業でやった、平均台みたいなものです。幅15センチ、長さ30メートル、高さ5センチのレール上を、半クラを使いながら低速で渡る課題です。最初の進入時が肝心で、進入さえ上手くいけば、あとは惰性で渡れると思います。1回落ちました。

8の字
その名の通り、8の字コースをひたすら回ります。右、左と旋回するので、上半身は垂直に保ちながらバイクだけを傾けるのがコツです。

スラローム
連続して配置されたパイロンを、ジグザグ走行でよけます。こちらも8の字と同じく、上半身は垂直固定でバイクだけを傾けるのがコツです。もう一人の生徒さんが転倒し、私もバランスを崩して両足をついたり、曲がり切れずにコースアウトしてしまいました。けど何回か練習したら、二人ともこなせるようになりました。

>> Read More

| 普通二輪免許 | 14:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |