湘南ロードライン

<< 2015-09- | ARCHIVE-SELECT | 2015-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

【2015】観艦式、護衛艦「おおなみ」に乗艦

平成27年10月18日、観艦式の本番に参加しました。
私自身で応募したわけではありませんが、自衛隊マニアの先輩が当選して、しかも何枚も当選したらしく、それなら私も行きたいとか言ったら、あっさり同行させてもらえる事になりました。
1万人の枠に対し、全国から16万人も応募してくるイベントなので、当たる確率は物凄く低いんですが、〇〇な方法で当選したそうです。

船・・・、
考えてみたら、私が乗ったことあるのは、箱根の遊覧船と、お台場の水上バス、江ノ島の水上バスだけです。自衛隊の艦艇どころか普通の客船にも乗ったことないので、スピードが出る本格的な船って、揺れとかどんな感じになるのか想像がつかないんですね。まぁ酔ったりはしないと思うけど。

先輩からは、船は時速50km/hで走って風圧がすごいから、防寒対策はしっかりやったほうがいいと言わたので、当日は真冬のコートと、風圧に備えて自転車ツーリング用のゴーグル(アイウェア)まで持っていきました。
時速50km/hって・・・、私はロードバイク(自転車)で箱根を下りるとき、見通しが良い広い所では時速50~60km/h出すので、その風圧はよく知っています。ゴーグル無しでは目が痛いし、涙がとまらないからまともに前が見えない。

そういう過酷な環境を想定して準備したものの、実際に乗ってみたら全然そんなことはありませんでした。
艦首に立ってみたけど、自転車で同じ速度を出したときの風圧が来ることはあまりなく、ゴーグルを使うことは一度もありませんでした。
しかし、真冬のコートを着てきたのは正解だったかなぁと。日がさすと温かいものの、雲に隠れると一気に寒くなるんですね。希望者には毛布が配られましたが、私は使いませんでした。

では、写真付きでレポートを書きます。



2015-10-19-1.jpg
夜勤明けで3時間しか寝れませんでしたが、5時55分に藤沢を出て横須賀まで来ました。吉倉の港に入って、最初に見えた艦艇がこの3隻で、左から順に、「きりしま」「むらさめ」「あたご」。しかし、我々が乗る艦艇はこれではありません。




2015-10-19-2.jpg
この「おおなみ」が今回乗る護衛艦です。実際見たときは、前の3隻よりも「小さい船だな」と思ったけど、後で調べてみたら大きさ自体は平均的だったようです。艦橋が小さいだけですね。



2015-10-19-4.jpg
さっそく乗艦手続きへ。おおなみに乗る参加者は、まずこの「くらま」に乗ります。乗組員さんが一人一人に挨拶して出迎えてくれたことに感動しました。



2015-10-19-5.jpg
くらまから橋を渡って、おおなみに乗り移る形で乗艦。



2015-10-19-6.jpg
地下に休憩室があると言うので、こんな穴からハシゴを下りていきます。



2015-10-19-7.jpg
まさに軍艦内部。



2015-10-19-8.jpg
出港すると満席になってしまうので、出港前、他の参加者が船のあちこちに気をとられている間に、ここで朝ごはんにします。船の見学は出港後にできますからね。ここで吉倉で買ったカツサンドと、艦内で買った海軍カレーパンなるものを食す。



2015-10-19-9.jpg
朝食を終えて最初に行ったのはここ、ブリッジを上がって操舵室です。出入りは自由で、航行中でも舵を握っている操舵手さんのすぐ後ろで見学することができました。



2015-10-19-10.jpg
これで自艦の位置を把握するらしい。



2015-10-19-11.jpg
これで周囲の船を把握するらしい。



2015-10-19-12.jpg
2015-10-19-13.jpg
船には必ずついている「舵」ですね。博物館で大型船の操舵シミュレータをやったことがあるけど、一般的な大型船で想像していた大きなものではなく、乗用車のハンドル程度の大きさです。
航行中は我々一般人にはわからない用語が飛び交いますが、「取舵10度」 「面舵10度」だけはわかりました。取舵(とりかじ)が左で、面舵(おもかじ)が右ですね。しかし、これまた博物館と違ったのは、10度だけでも博物館ではデッカイ舵をグルグル回したのに、こちらでは操舵手さんがちょこっと回すだけで10度でした。やはり戦場での機動性を考慮して、そのような仕様になってるんでしょうかね。



2015-10-19-14.jpg
んー、わからん。けどいかにも「航海!」って感じの雰囲気がでてるw。



2015-10-19-15.jpg
艦橋の上にあるレーダー。



2015-10-19-16.jpg
2015-10-19-17.jpg
2015-10-19-45.jpg
ブリッジに上がるときはこのハシゴを登りますが、事故防止のため乗組員の方が常に見張っていて、声をかけてくれたり、荷物を持ってくれたり、本当に親切でした。客船じゃないので上行くにも下行くにも階段は一切ありません。



2015-10-19-18.jpg
出航すると、操舵室は大混雑。



2015-10-19-19.jpg
速力はこれで確認できます。1kt(ノット)は時速1.852km/hなので、時速16.6km/hで走ってることになります。
浦賀水道(制限速度12kt)で撮影したのでこんなに遅いですが、相模湾に出ると最大で24kt出ました。
半速とか強速とかいうのはエンジン出力を段階的に表しているものらしく、巡航は原速で13ktくらいでした。最大戦速で30kt、一杯は30kt以上出るようですが緊急避難用でむやみに使うとエンジンが壊れるんだそうです。




2015-10-19-20.jpg
艦首



2015-10-19-21.jpg
大砲は、この船にはこれ一つしかついてませんでした。



2015-10-19-22.jpg
艦首からブリッジを見上げる。



2015-10-19-23.jpg
出港早々、毛布に包まって座り込んだり、日に当たりながら仰向けに爆睡している人が多数。
参加者は全国から集まってくるので、遠方だと始発列車では間に合わず、周辺のホテルも一杯になってしまうので、車中泊とか徹夜とか無理をする人がいるようです。他の人が言ってたけど、まるで難民船ですね。



2015-10-19-24.jpg
2015-10-19-25.jpg
艦艇が次々と合流して、隊列を組んで航行。



2015-10-19-26.jpg
浦賀水道には大型船専用の航路が設定されているそうですが、そこを40隻近い艦艇が縦列で通過するため、横断待ちのヨットや小型船が沢山とまってました。中にはボートでジグザグ運転をしながら大声出して手を振るお兄さんがいたりw



2015-10-19-27.jpg
浦賀水道を出たところ。



2015-10-19-28.jpg
2015-10-19-29.jpg
後部にはヘリ発着用の甲板と格納庫がありますが、今回ヘリは搭載せず、格納庫は参加者の休憩場として開放されていました。手前の操作台みたいなのは、ヘリ誘導を行う管制塔みたいなものだそうです。



2015-10-19-30.jpg
2015-10-19-31.jpg
操舵室は相変わらずの大人気。



2015-10-19-32.jpg
2015-10-19-33.jpg
私が乗っているおおなみは前から3番目のようで、隊列の中ではかなり前のほうです。



2015-10-19-34.jpg
ブリッジから右下後方を見たところ。



2015-10-19-35.jpg
ブリッジの左右には、望遠鏡のようなものが備わっています。



2015-10-19-36.jpg
望遠鏡にデジカメをくっつけてみたら、ズームアップよりも綺麗に写りましたw。



2015-10-19-37.jpg
船の大きさ自体はほぼ同じですが、艦橋がお城みたいに立派でうらやましいw。



2015-10-19-37.jpg
2015-10-19-38.jpg
2015-10-19-39.jpg
F-2戦闘機。



2015-10-19-40.jpg
F-15イーグル。中学生のとき1/48プラモデルで製作したなぁ。



2015-10-19-41.jpg
MV-22オスプレイ。実機を見たのはこれが初めてです。



2015-10-19-42.jpg
2015-10-19-43.jpg
このあと、観艦式本番が始まったものの、我々が乗っているおおなみは部隊の端っこだったため、殆どの展示が遠くて見えない・・・(´・ω・`)
中盤になって、おおなみを含む3隻が戦術運動を披露するため、舵を左右に切って蛇行。思ったよりも揺れは少なかったです。
ブルーインパルスは、遥か遠くで空にお絵かきしているのは見えたけど、機動飛行はよく見えませんでした。



2015-10-19-44.jpg
操舵室に貼ってあったプレート。



観艦式本番が終わると、船は24ktで横須賀目指して帰路につきました。
ヘリ格納庫では呉音楽隊による演奏が披露されました。
2015観艦式 おおなみ 音楽隊演奏
呉音楽隊という事で、演奏曲目の中には広島カープがありました。神奈川でカープの演奏です。私の友人に熱烈なカープファンがいるけど、連れて来たかったなぁ。
スポンサーサイト

| イベント | 20:49 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |