湘南ロードライン

<< 2015-03- | ARCHIVE-SELECT | 2015-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

高速SAでバス専用スペースに駐車する普通車と、普通車スペースに駐車する小型観光バス

DSC00063.jpg

先月からトナカイメルファによる長距離ドライブを再開しました。
休日はSAが特に混雑しますが、そこで苦労するのが「駐車する場所がない」とういうことです。トラック等は通路や加速車線にまで停めてしまう人もいますが、仕事で乗っている人は時間に追われた中での限られた休憩ということで、まぁ仕方ないとうのが私の考えです。

一方で、バス専用スペースに駐車する普通車が目立ちます。
バス専用スペースは、建物に最も近いところに設けられる場合が多く、理由は利便性のほかに、多くの乗客が駐車場内を歩きまわる危険を防止するためとも考えられます。そこに自家用車を停めるなんて・・・。

自家用車と言えば、レンタカーのバスも白ナンバーだから同じなんですよね。個人的に、バス専用スペースは高速バスや貸切バスが優先的に使用する場所であると考えているので、たとえメルファ7のような小型観光バスでも、バス専用スペースは使用せず、トラック用か普通車のスペースに駐車するようにしています。トラックスペースはともかく、なぜ普通者スペースに入れるのかと言うと、ライドシェアで10名近く乗っているときは、トラックスペースは建物から最も遠いことが多く、大型車が行き交うので危険なためです。そのため、相乗りで大勢乗ってるときは普通者スペース、友人2~3人だけの時はトラックスペースに駐車します。
ただし、係員がいるとバス専用に誘導されることが多く、その場合は例外です。

キャンピングカーの記事でも触れましたが、小型観光バスを含めたマイクロバスは、車体自体は普通車の規格なので、定員を10名未満に改造すれば8トン限定免許で運転できる普通車になるのです。
バスを個人所有する人の中には、7メートル小型バスどころか、9メートル中型バスを8トン未満に軽量化して、「普通車(キャンピングカー)登録」する人もいます。9メートル車がETCレーンを通過するとき、「普通」と表示されるわけです。

という事で、定員を減らすだけでマイクロバス→普通車なんですよね。
それなのに、普通車の枠はメルファ7が停められるようにはできていません。コースターやメルファ7の普通車(キャンピングカー)が実際にあるのに、さらには9メートルのエアロミディを普通車として個人所有する例もあるのに、枠からハミ出さないと駐車できないって、ちょっとおかしいと思いませんか?(`・ω・´)((キリッ
まぁ、そういうクルマは普通車でもトラック用のところに停めるのが妥当なんでしょうね。

レンタカーのマイクロは「バス」ですが、実態としては普通車(キャンピングカー)とあまり変わらないため、バス専用スペースを使うのは個人的にルール違反だと思います。そのため、トラックスペースか普通車スペースに入れるようにしています。
なので、乗用車にお乗りの皆さんも、フツーのミニバンやステーションワゴンをバス専用スペースに入れるのはやめましょう。
スポンサーサイト

| バスの知識 | 16:18 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |