湘南ロードライン

<< 2014-06- | ARCHIVE-SELECT | 2014-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

私の運転経験について

友人から質問を受けたので、ここで振り返ってみようと思います。

2007年3月、湘南台のさくら自動車学校(試験場専門校)に入校。当初はMT教習で応募するも、MT教習が混雑していて(教習車不足)、ひとまずAT限定でとってから限定解除したほうが早いと言われ、そうする事にしました。安く短期間で免許がとれるのが宣伝文句でしたが、その理由は、教習所とは違い試験場受験の専門校だからで、そのぶんハードで難しく、指導員から散々怒られながら苦労して技術を覚えました。初めて運転した車は、日産クルーです。

2007年7月、AT限定普通免許取得。残念ながら旧体系の普通免許(8t)に間に合わず、新体系の普通免許となりました。

2007年8月、AT限定解除。

2008年4月、就職と同時に軽トラック(ATの9代目ハイゼットカーゴ)の運転を始める。最初の1ヵ月は先輩社員同乗で教わるも、流れや距離感が掴めず苦労しました。数か月後には、並の運転はできるようになったと思います。

2009年8月、戸塚自動車学校(試験場専門校)に入校。初めて大型バスいすゞキュービック(P-LV314N)を運転。1時間の間にエンスト10回以上、脱輪3回くらいしたと思います。w 試験場受験に行くにも平日に休みがとれず、試験を受けられないまま1年以上に渡って教習を続けていました。

2010年12月、湘南センチュリーモータースクール入校。平日休めないので試験場受験をあきらめ、教習所で大型二種をとる事にしました。

2011年2月、初めて大型バス三菱ふそうエアロスター(2004年式)で路上に出る。路上コースは小学生の頃から自転車で走り回ってた地域なので土地勘があり、一度指示された経路は一回で覚えられました。今まで自転車で走ってきた車道を大型バスで走ることに感動してました。w 

2011年6月、23歳で大型二種免許取得。卒業検定当日は、開始直前までロードバイクでコースを走りながら電柱や植木など障害物の位置を確認して、イメージトレーニングしました。湘南センチュリーモータースクールは大船にありますが、地理的に山や狭い道が多いので、他の教習所と比べると路上運転が難しいと思います。

2011年7月、免許取得祝いに、初めてトナカイレンタカーのメルファ7で神奈川近辺をドライブ。同時に、これが初めて借りたレンタカーで、初のプライベートのドライブとなりました。それまでは仕事と教習のみでしか運転しなかったので。
ハイデッカー特有の死角で左側が見えないとか、6速のロッド式棒レバーの扱いに苦労しました。同乗の友人は「オッカナイ運転」と言ってました。w 正直リエッセから始めるべきだったです。

2011年9月、再びトナカイレンタカーのメルファ7で会津方面へ長距離ドライブ。都内の首都高を走ったのは初めて、「高速自動車国道」を運転したのも初めて、一日で500キロ以上運転したのも初めて(往復1000キロ以上)、自分の運転で関東から出たのも初めて、車中泊を伴う長距離ドライブも初めて、いろいろな面で初めてでした。しかし、バスオタとして高速バスの最前列にはよく乗っていたので、高速道路を知らないわけではなく、プロの運転士を真似するように心がけました。おかげで運転自体は終始問題なかったものの(友人評価)、結局は高速道路について初心者だったため、ETCカードを持ってなくて深夜5割引というモノも知らなかったので、会津若松ICを現金払いで出たところ同乗者から「えーツ!?モッタイねー!!」という罵声が飛んできました。w 帰りは友人のETCカードを借りました。

これ以降、休日の長距離ドライブを積極的にやるようになり、現在に至っています。
自家用車を所有していないので総てレンタカーですが、初めて借りたレンタカーがトナカイメルファ1号車で、それ以降も高速デビューや初の車中泊ドライブなど、色々な面で同車が関わってましたね。
ちなみに初めて乗用車をレンタルしたのは2012年11月で、日産ノートでした。

こうしてみると、オレが免許をとってから運転した車種の順序は、軽トラ→バス→乗用車となるわけで、仕事の軽トラはともかく、乗用車に乗り始めたのはつい最近です。普通の人と乗る順番が逆ですね。w
スポンサーサイト

| 大型二種免許 | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |