湘南ロードライン

<< 2014-06- | ARCHIVE-SELECT | 2014-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

「危ない迷惑な自転車」と決め付ける人

▼先日、2t車で知人を助手席に乗せたときのこと。前方でクロスバイクに乗る男性を追い越すとき、知人が話しかけてきた。「最近は危ない自転車が多いね。車道の真ん中で蛇行して。」「なんで歩道を走らないのかね。」「迷惑になってると思わないのかね」と言う。私が何者なのかも知らずに、自転車乗りを目の敵にする発言だ。

▼そこで私は、「自転車が歩道を走れば歩行者を危険に晒すし、現に歩道で事故が多発したから、警察も車道が原則と指導しているんだ。」「特にああいうスポーツタイプはスピードが出るから、車道を原付バイクと同じように走ればいいんだ。」と言ったところ、知人は「だけど車道はもっと危ないよ。免許もないのに車道で原付と同じと言うのは、無免許運転と同じじゃないか。」と言う。

▼その自転車は、普段着でクロスバイクに乗ってサイクリングしている感じで、熟練したロード乗りと比べると少しフラついていて未熟な感じはするものの、道路を走行する分には特に問題はないと思われる。さらに「車道の真ん中を・・・」と言うが、私が見たところ白線(外側線)の右側に沿っていて、通行区分に問題はない。

▼通行ルールに則った自転車を「危ない」と決め付け、車道の真ん中ではないのに真ん中と言い、蛇行ではないものを蛇行と言い、挙句には「免許もないクセに」と言う。しかし、こういうのは水掛け論にしかならない事はよくわかっているので、これ以上の議論はやめて、別の話題にスリ変えて終わらせた。改めて「自転車乗りとドライバーの相互理解」はハードルが高いんだと思う、今日この頃。
スポンサーサイト

| 道路交通編 | 00:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ガソリンスタンドの最悪詐欺スタッフ

去年の3月に、ガソリンスタンドで押し売り営業する輩(やから)という記事を書きましたが、今回それで最悪のケースが発生しました。シナジーJCBカードというものに知らずに契約してしまいました。これ、年会費2160円とられるクレジットカードです。

6月21日、東大阪市のエッソで給油しようとしたところ、20代前半の男性店員が近づいてきて、またいつもの押し売り営業を仕掛けてきました。
とりあえず話しを聞くと、「これに入会すればガソリン軽油がリッター10円引きになります。」 「もちろん入会金はかからない、無料です。」 「今入会して頂ければ、特典は即有効なので今からやる給油も10円引きになります。」 「お名前とご住所を書くだけで入会できるので、是非。」 「絶対お得なので。」と説明されました。
リッター10円引きというのは確かにお得だし、簡単な登録だけだと思って軽い気持ちで入会しました。(名前と住所を書いただけ)

そして昨日7月3日、書類が届いてあけてみると、登録内容に不備があり、支払い方法と暗証番号を設定しろという内容でした。この書類で初めてクレジットに入会したんだと知りました。入会の条件として「安定した収入がある人」とも書いてありました。登録に不備があるって、そりゃ当たり前です。名前と住所しか書いてませんからね。

当日すでに特典を使ってしまったので、退会するにも一旦は口座を登録して清算しなければいけないようです。

クレジットカードの入会は慎重に検討して、様々な同意事項にサインして契約すると思いますが、このように口頭で騙すように勧誘して誘導する詐欺スタッフに怒りがこみ上げました。リッター10円引きというのも、利用金額に応じて最大リッター10円引きであって、無条件で10円引きではありません。勧誘を受けた当日の給油がリッター10円引きになったのは、スタッフの裁量のようです。

カードについては、クルマを所有して頻繁にドライブする人にとっては確かにお得な設定ですが、私は年に数回レンタカーを借りる程度なのでほとんど値引きはなく、年会費だけがかかってしまいます。なので、スタッフが言っていた「絶対お得なので」は嘘、詐欺になります。
まして、年会費2160円かかるとも言われてません。

このように半ば騙して入会させて、もしオレが「クレジットってな~に?」みたいな常識知らずだったらどうなるのでしょうか?(実際、20歳の時点ではマジでこうだった。)
あるいは送られてきた書類に気付かず、料金も発生してるのに所定の手続きをせず放置したらどうなるんでしょうか?こうして何も知らずにトラブルに巻き込まれる人も出てくるんじゃないかと思います。

エッソさんは軽油が安いので好んで利用してますが、今回このような詐欺スタッフに遭遇したのは非常に残念です。
また、私が世間知らずで簡単に騙されてしまうことにも問題があると改めて認識させられました。世の中、騙しや詐欺が横行してますね。

| 未分類 | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

私の運転経験について

友人から質問を受けたので、ここで振り返ってみようと思います。

2007年3月、湘南台のさくら自動車学校(試験場専門校)に入校。当初はMT教習で応募するも、MT教習が混雑していて(教習車不足)、ひとまずAT限定でとってから限定解除したほうが早いと言われ、そうする事にしました。安く短期間で免許がとれるのが宣伝文句でしたが、その理由は、教習所とは違い試験場受験の専門校だからで、そのぶんハードで難しく、指導員から散々怒られながら苦労して技術を覚えました。初めて運転した車は、日産クルーです。

2007年7月、AT限定普通免許取得。残念ながら旧体系の普通免許(8t)に間に合わず、新体系の普通免許となりました。

2007年8月、AT限定解除。

2008年4月、就職と同時に軽トラック(ATの9代目ハイゼットカーゴ)の運転を始める。最初の1ヵ月は先輩社員同乗で教わるも、流れや距離感が掴めず苦労しました。数か月後には、並の運転はできるようになったと思います。

2009年8月、戸塚自動車学校(試験場専門校)に入校。初めて大型バスいすゞキュービック(P-LV314N)を運転。1時間の間にエンスト10回以上、脱輪3回くらいしたと思います。w 試験場受験に行くにも平日に休みがとれず、試験を受けられないまま1年以上に渡って教習を続けていました。

2010年12月、湘南センチュリーモータースクール入校。平日休めないので試験場受験をあきらめ、教習所で大型二種をとる事にしました。

2011年2月、初めて大型バス三菱ふそうエアロスター(2004年式)で路上に出る。路上コースは小学生の頃から自転車で走り回ってた地域なので土地勘があり、一度指示された経路は一回で覚えられました。今まで自転車で走ってきた車道を大型バスで走ることに感動してました。w 

2011年6月、23歳で大型二種免許取得。卒業検定当日は、開始直前までロードバイクでコースを走りながら電柱や植木など障害物の位置を確認して、イメージトレーニングしました。湘南センチュリーモータースクールは大船にありますが、地理的に山や狭い道が多いので、他の教習所と比べると路上運転が難しいと思います。

2011年7月、免許取得祝いに、初めてトナカイレンタカーのメルファ7で神奈川近辺をドライブ。同時に、これが初めて借りたレンタカーで、初のプライベートのドライブとなりました。それまでは仕事と教習のみでしか運転しなかったので。
ハイデッカー特有の死角で左側が見えないとか、6速のロッド式棒レバーの扱いに苦労しました。同乗の友人は「オッカナイ運転」と言ってました。w 正直リエッセから始めるべきだったです。

2011年9月、再びトナカイレンタカーのメルファ7で会津方面へ長距離ドライブ。都内の首都高を走ったのは初めて、「高速自動車国道」を運転したのも初めて、一日で500キロ以上運転したのも初めて(往復1000キロ以上)、自分の運転で関東から出たのも初めて、車中泊を伴う長距離ドライブも初めて、いろいろな面で初めてでした。しかし、バスオタとして高速バスの最前列にはよく乗っていたので、高速道路を知らないわけではなく、プロの運転士を真似するように心がけました。おかげで運転自体は終始問題なかったものの(友人評価)、結局は高速道路について初心者だったため、ETCカードを持ってなくて深夜5割引というモノも知らなかったので、会津若松ICを現金払いで出たところ同乗者から「えーツ!?モッタイねー!!」という罵声が飛んできました。w 帰りは友人のETCカードを借りました。

これ以降、休日の長距離ドライブを積極的にやるようになり、現在に至っています。
自家用車を所有していないので総てレンタカーですが、初めて借りたレンタカーがトナカイメルファ1号車で、それ以降も高速デビューや初の車中泊ドライブなど、色々な面で同車が関わってましたね。
ちなみに初めて乗用車をレンタルしたのは2012年11月で、日産ノートでした。

こうしてみると、オレが免許をとってから運転した車種の順序は、軽トラ→バス→乗用車となるわけで、仕事の軽トラはともかく、乗用車に乗り始めたのはつい最近です。普通の人と乗る順番が逆ですね。w

| 大型二種免許 | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |