湘南ロードライン

<< 2012-12- | ARCHIVE-SELECT | 2013-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

「不意打ち高さ制限」ガードに予告標識を義務付けよ

▼いつも通りなれた配達ルート。その中の某JRガードでは、たまに意味不明の渋滞が発生する。そして様子を見に行くと、高さの関係でガードをくぐれないトラックが立往生しているのだ。交通量が多いのでバックも転回も出来ないようだ。

▼なぜこうなるのか?前もって予告標識が出ているのをドライバーが見落としたのなら、ドライバーの過失であろう。しかしこの場所は違う。予告標識の類はなく、不意打ち的にガードがあるので、土地勘のないドライバーにとってはガードの存在を前もって知る由もない。

▼土地勘のない場所をナビや地図に頼って運転することはよくあろう。当方も4t車、またレジャーで小型観光バスを運転するが、土地勘のない場所をナビ頼りで運転するとき、特に心配で恐ろしいのは、この「不意打ち高さ制限」のガードだ。

▼実はこの場所では、同様の立往生が何度も起きている。さらに他のドライバーは自己中なので、次々に詰めてはスペースを潰すため、トラックがバックも転回も出来なくなり、全体が立往生という悪循環に陥るのだ。結局は警察や消防に通報して、交通整理をする事になるのである。いい加減に予告看板を設置するべきではないか。


DSCN1300.jpg
通報を受けて消防車が到着、交通整理が行われてトラックが転回する
スポンサーサイト

| 道路交通編 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

神奈川で積雪

何年ぶりですかね?
こんなに積雪したのは。

DSCN1296.jpg
DSCN1298.jpg
この環境下で買い物に行くため、ロードバイクで走りました。w
もちろんスピードは出せないので殆ど歩道走行か裏道ですが、雨具と長靴で防水装備をしていれば、歩くよりも自転車のほうがラクなんですよ。
ただし一日以上経過して再凍結したアイスバーンは、滑るので自転車やバイクは無理ですが、積雪した直後のサクサクした雪は滑らないので自転車のほうがラクです。

| 未分類 | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【第89回】箱根駅伝、往路をロードバイクで追走(追従)

2013年度も「自転車追走隊」に行ってきました。


2013箱根駅伝追走
今回は、かつてないほどの大失敗で、殆どの区間を追走できずに「追い付け運転」を繰り返す始末でした。
人数も10人程しかいませんでした。

2007年、2008年の頃は始点から終点まで追走できて、人数も30人くらいの大集団で、観客から声援を受けて盛り上がっていたのですが、2010年頃から警察に撒かれるようになり、撒かれては全力運転で追いかける有り様でした。

「自転車追走集団」の最大の魅力は、沿道の観客から声援を受けられることなんですねw
そして最後尾選手も見えるほど接近した状態で追従してたんですが(今までは)、昨年から白バイの誘導が選手との距離を300Mもあけるようになってしまい、今年もそんな感じでした。写真を見ての通り、選手とあまりにも離れているので、観客がみんな帰っちゃった後なんです。

それでも昨年は追走集団も20人程いたし、今年も「まぁ頑張ってみるか」と思って参加しましたが、何度も抑止がかかるわ赤信号にかかるわで、まともな追っかけになりませんでした。それ以上に先導の白バイが選手から離れ過ぎなので、それに伴って観客は帰り、自転車の人数も半減しました。これまで10年以上に渡って「自転車追走集団」は観客の声援を受けながら走ってきたらしいですが(俺が実際に参加し始めたのは2007年以降)、そういう時代はもう終わりなんですね。

唯一、追走できた区間の動画をYOUTUBEに投稿しましたが、これ以外の区間は殆ど「追い付け運転」だったので、写真を撮る余裕もありませんでした。

これに懲りて、来年からは逃げ切り隊に参加します。ん?去年も同じこと書いたねww


【本日のデータ】
使用車 トレック2.1 
走行距離 76km
平均速度 22.3km/h
最高速度 62.7km/h
旅行時間 10時間54分

| 旅行・ツーリング | 14:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |