FC2ブログ

湘南ロードライン

<< 2012-08- | ARCHIVE-SELECT | 2012-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

バス運転手が気絶した時の対処方法

関越道事故を受け、私の友人からタイトルのような質問がありましたので、回答します。
はじめに、ここではマニュアル車の運転知識、シフト操作やエンジンブレーキを理解している事を前提に、説明します。MT免許をお持ちの方でないと理解が難しいかもしれませんが、ご了承ください。

バスの止め方ですが、残念ながら、緊急停止ボタンなどの類いはありません。基本的には乗用車と同じで、エンジンブレーキ、フットブレーキ、サイドブレーキで止めるしかありませんが、大型車にはエンジンブレーキを補助するものとして排気ブレーキがあり、それを最大限に使うことで速度を落とすことができます。


◆排気ブレーキとフットブレーキ

排気ブレーキ操作方法
〇で囲ってあるレバーが排気ブレーキで、Ⓑと表示してあるのがフットブレーキのペダルです。たとえ時速100km/h以上出ていても、基本的には乗用車と同様にフットブレーキだけで止まれるので、排気ブレーキに拘る必要はありませんが、運転手が気絶した状態でその上からフットブレーキを操作するのは無理なので、そういう場合に排気ブレーキのレバーなら、客席側からでも簡単に操作できます。

排気ブレーキというのは、エンジンブレーキをより強力にするもので、アクセルを離したとき、エンジンの回転が落ちようとする力をより強くするものです。当然、ギアがニュートラルだったり、アクセルやクラッチを踏んだ状態など、エンジンブレーキが使えない状態では排気ブレーキも使えません。
操作方法は、黄色で囲んだレバーで操作します。日野、日産、いすゞは青い矢印のようにレバーを手前に引きます。普通車でいうところのワイパーONと同じ操作です。三菱車のみレバーを動かす方向が逆で、赤い矢印のようにレバーを前方へ押してください。これで排気ブレーキがかかり、少しづつ減速します。車種によっては2段式、3段式になっている場合があるので、一杯までレバーを引いて(三菱車は押して)ください。
厄介なのは三菱車に限ってレバーの操作が逆向きで、近年は三菱と日産の相互OEMもあり、日産も含めて操作がごちゃごちゃです。バスだけでなく乗用車も含めて、三菱の車はどういうわけが他メーカー車と操作が異なることがあり、ユーザーにとっては使いにくくて仕方ないですが、いずれにしても排気ブレーキを正しく操作するには、乗ってるバスの製造元メーカーをあらかじめ知っておくしかありません。しかし、それも難しいと思うので、バスを見ただけで車種がわからない方は、無理に排気ブレーキに拘らず、フットブレーキを試みるか、下記で説明するサイドブレーキを探したほうがいいと思います。
なお、2トントラックとそれをベースにしたマイクロバスは、レバーを上(天井方向)へ上げて排気ブレーキをONにするようになっていますが、4トン(中型)車~大型車は2トン車と操作方法が異なります。2トンやマイクロしか乗ったことない方は、間違えないよう注意してください。
先述の通り、排気ブレーキはエンジンブレーキの強化版に過ぎないので、排気ブレーキだけで完全に停止する事はできません。
入ってるギアにもよりますが、仮に高速道路をトップギアで走っていた場合は、排気ブレーキを入れても40km/h程度までしか減速しません。最後にはフットブレーキを踏むしかないのです。
フットブレーキの位置は乗用車と同じで、写真のⒷと表示してあるペダルです。



◆ハザードランプ

ハザード操作方法
ハザードランプを点滅する方法です。
2017年頃から、乗用車と同じ三角マークのボタン式に移行していますが、それ以前の年式については、大型車独特の操作方法になっています。
赤い矢印のように、上(天井方向)へレバーを上げてハザードをON OFFできます。普通車でいうところのウォッシャー噴射と同じ操作です。ちなみに排気ブレーキと同じレバーです。



◆サイドブレーキ

メルファ7 サイドブレーキ

DSCN1318.jpg
上写真は乗用車と同じワイヤー式
下写真は大型車独特のホイールパーク式
サイドブレーキは、2000年以前の古いバスは乗用車と同じワイヤー式ですが、2000年以降はホイールパーク式に切り替わり、現在走っている大半のバスはホイールパーク式です。、乗用車にも使われるワイヤー式は、レバーを引く強さによってブレーキ力が変わりますが、ホイールパーク式はワンタッチ操作で確実にパーキングブレーキがかかるので、ワイヤー式のように坂道で引きが甘くて暴走したとか、ワイヤーが切れて暴走したとかいう問題点を解消したものです。

で、サイドブレーキは基本的に走行中に使うものではありませんが、緊急時に使用するのは止むを得ません。乾いた路面であれば、普通にサイドブレーキを操作して止まれます。
ただし、雪道や濡れた路面であまり強くかけると、後輪がロックしてスリップして横転する恐れがありますので、ワイヤー式であればレバー先端のボタンんを押しながら強さを調整したほうがいいです。ホイールパーク式の場合も、一気に操作せず少しずつレバーを動かしたほうがいいかもしれません。
ホイールパークブレーキの操作方法は、下の動画の0:50~の通りです。




最後に、この記事の解説は国内製のバスでしか通用しません。海外製(メルセデスベンツ、ネオプラン、ボルボ等)のバスや乗用車は、左レバーでウインカーやライトを操作して、右レバーでワイパーを操作するようになっています。つまり排気ブレーキが左レバーでない事は確かです。では排気ブレーキレバーはどこ?と聞かれても私にはわかりません。誰かコメントにて教えてください。w
スポンサーサイト



| バスの知識 | 22:13 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「相乗り」で同乗者からレンタカー代を収受するのは違法?

ライドシェア専門サイトのってこ!で、私が投稿していたドライブの費用が異常に高い、これでは有償運送(白タク、白バス)になると、サイト管理者さんから警告を受けました。その中でドライブ費用とは、「燃料代」「高速代」「駐車場代」の事であると指摘されました。
投稿したのは横浜から金沢へメルファ7で行く内容で、10人募集で一人3000円、ドライブ費用合計は38000円という設定でした。

なぜドライブ費用を38000円に設定したのかと言うと、燃料代10500円(リッター5、軽油、走行距離420km)、高速代5500円(中型車料金、ETC深夜5割引き)、レンタカー代42000円(保険料込みで一日84000円なので、その半分)という計算をしたんですが、合計58000円をそのまま10人で割ったらツアーバスよりも高くなってしまうので、適当に減額して38000円としました。減額したぶんは私と他一人の自腹になるワケですが、それでも『ドライブにかかる実費を大きく超えている』と指摘を受けました。

あくまで費用に含めていいのは「燃料代」「高速代」「駐車場代」の3点のみという事で、クルマの維持費(整備費、保険料など)は、ドライブの有無に関わらず車を所有する限りは発生するものだから、相乗り負担額として請求しちゃいけないという事だそうです。
レンタカー代というのもクルマの維持費という事になるようで、例えば1ヶ月の長期リースではドライブの有無に関わらず1ヶ月分のリース料金は発生しますし、それが1日だけのレンタルだったとしても、レンタル料は運行時の経費ではないため、請求できないようです。

結論として、のってこ!ライドシェアにおいては、レンタカー代のシェアはできません。

| のってこ! | 21:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

雛見沢観光ツアーの募集状況

2012年11月22日(木)から予定している、「ひぐらしのなく頃に」の舞台探訪ですが、他にMIXIや掲示板などで幅広く募集をかけているのですが、一ヶ月たった現時点で反応ゼロです。

劇場版ハヤテのごとく舞台探訪ツアーではソコソコ反応があり、当日は3人の方が来てくれて、楽しく有意義な舞台探訪ができたんですが、今回の雛見沢は全く反応がありません。
ハヤテの時とは違って、すでにブームが過ぎ去ったからなのかわかりませんが、とにかく反応ゼロです。

このままでは1人来るかどうかという状況なので、今回はアニメとは関係なく、相乗り専門サイト「のってこ!」にて同乗者を募ることにしました。白川郷では需要は低いでしょうから、少し伸ばして金沢まで行くことにしました。というワケで、【3000円】横浜→金沢という感じで募集中です。

いずれにしても、雛見沢観光は友人と二人でまわる事になりそうです。
もちろん、募集は継続しているので、雛見沢に行きたいという方がいたら、遠慮なくコメントください。
(なおMIXIでの募集は取り消しました)

| アニメ | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「のってこ!」サイトの調査から募集の投稿まで

のってこ!を見てみると、色々な募集がありますが、区間別に見ると、東京―大阪の募集が大半を占めているようです。それ以外の行先は、仙台とか新潟がそれぞれ1~2件とか、そんな感じです。

私がこのサイトを知ったのは、今年1月ですが、すぐには利用しませんでした。
やはり、顔も知らない面識のない他人と相乗りするのって、即決断できるものではありません。現場のヒッチハイクなら相手の顔が見えますし、リアルで会話(交渉)できますが、のってこ!はネット上で文字だけのやりとりですから、相手がどんな人なのかは当日までわかりません。
トラブルに遭うリスクや、会員の様子など、サイトを眺めて分析してからでないと、決断できませんね。

その後、一週間ほどこのサイトを眺めて、他ユーザーの交渉の様子やコメントのやりとりを見て、「これは大丈夫だな。」と思えてきたので、ひとまず私も参加を決めました。

さっそく、5月の会津ドライブで、横浜→会津若松という形で募集を構想したものの、劇場版ハヤテのロケ地探訪という事で、運行スケジュールがキツキツで横浜や若松などの市街地に寄れず、集落めぐりで精一杯だったため、また募集を断念しました。

次回は11月の白川郷ドライブですが、ここでやっと募集を投稿しました。
内容は、横浜駅集合で、目的地は金沢駅。一人当たり3000円、募集人数は10名に設定しました。
白川郷ドライブなのに目的地を金沢にしたのは、白川郷では需要がなく、同乗者は来ないと判断したためです。そのため、ライドシェアだけのために金沢まで足を延ばすことにしました。
さて、応募はあるかな~?

| のってこ! | 21:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |