湘南ロードライン

<< 2012-06- | ARCHIVE-SELECT | 2012-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

東武6050系電車

DSCN0777.jpg
前記事の足利でペーパードライバー教習にて、浅草から足利まで東武線を乗り継ぎましたが、写真の6050系には前々から興味がありました。
昭和38年に登場した4ドア通勤仕様の8000系をベースに、2ドア長距離仕様で作られたのが6000系です。8000系、6000系共にフロントデザインはお揃いの姉妹車でした。
8000系は現在も東武の最古参車として運用されていますが、6000系はサービス向上のため昭和60年に新しい車体に載せ替えられ、6050系となりました。車内設備はもちろん、8000系とお揃いだったフロントデザインも一新されました。そのあと8000系も追従するように6050系類似のデザインに一新され、現在も姉妹車である事には変わりないようです。


6000 8000
左が6000系で右が8000系。このように登場時は同じスタイル。


DSCN0777-2.jpg
昭和60年に6000系が新しい車体に載せ替えられ6050系(左)となったが、そのあと8000系(右)もフロントデザインだけ6050系類似のデザインに一新。



DSCN0769.jpg
8000系は野田線で乗る機会が非常に多かったんですが、今回初めて6050系に乗りました。
主電動機、歯車比、台車などの足回りは両者とも共通なので走行音も同じですが、4ドア通勤ロングシートと2ドア長距離クロスシートのギャップは大きいです。
6050系は東京の浅草から福島の会津高原までの長距離を運行するので、クロスシートも居住性に配慮したものとなっています。国鉄の近郊型電車よりもピッチや足元スペースが広く取られています。


DSCN0770.jpg
DSCN0792.jpg
6050系はクハ+クモハの2両編成を基本にしているので中間車はありません。、これら2両編成を連結して4両編成、6両編成で運用します。クモハ側の車端部はロングシートです。


DSCN0775.jpg
クハ側の車端部にはトイレが付いてます。


DSCN0789.jpg
そして足利駅につくと、ご当地アニメ?
調べたところ、これは足利市の萌えおこし企画という事で地元から発信されたアニメです。背景に見える河原は足利駅から近くにあり、ペーパー教習でお世話になった足利自動車教習所の近くにも繋がっています。それが下の写真で、川は見えませんが河原になっています。
足利自動車教習所1


スポンサーサイト

| 鉄道 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |