湘南ロードライン

<< 2012-06- | ARCHIVE-SELECT | 2012-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

東武6050系電車

DSCN0777.jpg
前記事の足利でペーパードライバー教習にて、浅草から足利まで東武線を乗り継ぎましたが、写真の6050系には前々から興味がありました。
昭和38年に登場した4ドア通勤仕様の8000系をベースに、2ドア長距離仕様で作られたのが6000系です。8000系、6000系共にフロントデザインはお揃いの姉妹車でした。
8000系は現在も東武の最古参車として運用されていますが、6000系はサービス向上のため昭和60年に新しい車体に載せ替えられ、6050系となりました。車内設備はもちろん、8000系とお揃いだったフロントデザインも一新されました。そのあと8000系も追従するように6050系類似のデザインに一新され、現在も姉妹車である事には変わりないようです。


6000 8000
左が6000系で右が8000系。このように登場時は同じスタイル。


DSCN0777-2.jpg
昭和60年に6000系が新しい車体に載せ替えられ6050系(左)となったが、そのあと8000系(右)もフロントデザインだけ6050系類似のデザインに一新。



DSCN0769.jpg
8000系は野田線で乗る機会が非常に多かったんですが、今回初めて6050系に乗りました。
主電動機、歯車比、台車などの足回りは両者とも共通なので走行音も同じですが、4ドア通勤ロングシートと2ドア長距離クロスシートのギャップは大きいです。
6050系は東京の浅草から福島の会津高原までの長距離を運行するので、クロスシートも居住性に配慮したものとなっています。国鉄の近郊型電車よりもピッチや足元スペースが広く取られています。


DSCN0770.jpg
DSCN0792.jpg
6050系はクハ+クモハの2両編成を基本にしているので中間車はありません。、これら2両編成を連結して4両編成、6両編成で運用します。クモハ側の車端部はロングシートです。


DSCN0775.jpg
クハ側の車端部にはトイレが付いてます。


DSCN0789.jpg
そして足利駅につくと、ご当地アニメ?
調べたところ、これは足利市の萌えおこし企画という事で地元から発信されたアニメです。背景に見える河原は足利駅から近くにあり、ペーパー教習でお世話になった足利自動車教習所の近くにも繋がっています。それが下の写真で、川は見えませんが河原になっています。
足利自動車教習所1


スポンサーサイト

| 鉄道 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

足利自動車学校の日野ブルーリボン

今回は上江橋モータースクールではなく、足利自動車教習所に行ってきました。
お目当ては写真の通り、日野ブルーリボンの観光仕様です。


足利自動車教習所1
大型二種の教習車は2台所有しているようで、両方とも日野ブルーリボンですが、一台はトップドアの観光仕様、もう一台は前後ドアの路線仕様です。



DSCN0781.jpg
今回こちらには乗らなかったので詳しい事はわかりませんが、たぶんFFシフトを搭載していると勝手に推測しています。FFシフトは操作した事がないので、そのうち乗れる事を楽しみにしています。



DSCN0784.jpg
今回運転したのは、この観光仕様のほうです。車体はRU系そのものですが、シャーシは路線系です。
ミッションは棒レバーのOD付5MTで、冷房はサブエンジン式です。このサブエンジンの音がメインエンジンの音をカキ消すほどうるさいので、夏場はエンジン音で半クラの位置を探るのは無理です。微妙な振動や雰囲気で探るしかありません。


DSCN0780.jpg
DSCN0788.jpg
テールランプもRU系観光仕様と同じ物がついてます。



DSCN0785.jpg
運転台は、路線系ではなく観光系に準じており、特に右側のコンソールがRU系と同じです。
右サイドミラーがやたら低い所についてるのは、教官用のミラーです。
ドアスイッチは右側ではなく、左側にある小さいオレンジ枠内です。写真では丁度シフトレバーの前辺りで、この位置ならガイド席や教官席からでも操作できます。



DSCN0786.jpg
DSCN0787.jpg
初回なので所内で予約を取っていたのですが、上江橋モータースクールや戸塚自動車学校とは違い、路上に出る為の見極めは不要との事で、1時限目から路上に出ても良いとの事でした。というわけで、路上教習に切り替えて初回にして公道を走り、バイパスで時速60キロ出しました。



ブルーリボン シフト配置
リエッセもそうなのですが、日野の場合、棒レバーの5MTはニュートラルの位置が右端になります。これに注意しないと、発進のとき誤って4速に入れてしまいます。フィンガーシフトは中央がニュートラルで統一されていますが、棒レバーの場合はメーカーによって色々なパターンがあります。

| 大型二種免許 | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

自転車は歩行者用信号に従うと思い込んでる人

▼鎌倉市内の某交差点にて発生したニアミス。当方は交差点を青信号で直進したが、対向右折車が強引に右折を強行しようとして、それができないとわかると急停車して「長押しクラクション」を鳴らした。

▼対向車のドライバーが、なぜそのような行動をとったのかは不明。当時の状況は図のように歩行者用信号が赤で、車両用信号が青だった。

▼ここからは私の想像だが、自転車は歩行者用信号に従い止まって、交差点を渡るときは横断歩道を・・・、という一般市民によくありがちな勘違いの結果なのだろう。

▼言うまでもないが自転車は車両であり、従うべき信号は車両用信号だ。この常識すら知らない運転者が現実にいるので、警察などの関係機関は、市民に対して今一度正しいルールを周知徹底して欲しい。


自転車が従う信号
優先であるはずの直進自転車は、対向右折車にフェイント発進で威嚇され、クラクション攻撃を受ける。一歩間違えれば事故にも繋がりかねない。

| 道路交通編 | 20:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |