湘南ロードライン

<< 2012-04- | ARCHIVE-SELECT | 2012-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

関越道ツアーバス事故について

4月29日に関越道の藤岡JCT付近で、乗客7人が亡くなってしまう痛ましい事故が発生しました。
報道を見てると、バス会社や運転手ばかりを責めるものが目立ちますが、本当にそれでいいのでしょうか?

近年は利用客のニーズに応えた格安バスが多数運行されており、今回の事故も、同区間を運行する高速路線バスの半値以下という、格安ツアーバスだったそうです。
ツアーバスと高速路線バスの違いは今回は省略しますが、常識では考えられない破格の安さというのは、企業努力と言えば聞こえはいいですが、その裏で、安い賃金で休みもなくコキ使われている労働者がいるのです。

そりゃ、利用者にしてみれば安いに越したものはないですが、そこで働いてる人達の給料が下がれば、その人たちは下がった分の給料をカバーしようとして、残業や休日出勤を増やすしかありません。
ひどい書き方になりますが、一般の事務職や工場労働者が過重労働をしても、その人が苦しむだけで消費者の知ったところではないですが、バス運転手やトラック運転手が過重労働をすれば、本人だけでなく周囲にも危険を及ぼします。

事故の直接的な原因は、安全軽視で無理な運行するバス会社と運転手かもしれませんが、それを押し付けたのは旅行会社です。では旅行会社はなぜ無理な運行を押し付けたのかと言えば、利用客のニーズとして「1円でも安く!」というのがあったのではないでしょうか?
こう考えると、今回の事故はバス会社や運転手だけの責任ではなく、消費者を含めた社会全体の責任だと思います。
安いだけで飛びつく消費者が減らない限り、今後もブラック企業はなくならないと思います。
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |