湘南ロードライン

<< 2011-12- | ARCHIVE-SELECT | 2012-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

シマノのロード用コンポとMTB用コンポの互換性

【コンポの説明】
まず、シマノのコンポーネント(以下、コンポ)というのは、シフトレーバー、クランク、BB、ブレーキ本体、ディレーラー(変速器)、スプロケット(歯車)、チェーン等、自転車の走行に必要なパーツ類を一つのセットにした製品の事。

これらのコンポはロードバイク用とMTB用に分かれている。さらに、それぞれグレード体系に分かれている。

ロード用コンポを上位グレードから順に書くと、
デュラエース、アルテグラ、105、ティアグラ、ソラ

MTB用コンポを上位グレードから順に書くと、
XTR、ディオレXT、SLX、ディオレLX、ディオレ
という感じになっている。


【ロードバイクにMTB用スプロケット】
私が所有する自転車の場合、MTB改造クロスバイクのスペシャライズドはSLXとディオレの混載。
ロードバイクのトレック2.1は、4500系ティアグラを基本としながら、リアスプロケットとリアディレーラーのみMTB用のディオレにしている。

後者のトレックについて、なぜリア変速周りにMTB用の物を用いているのかというと、ロード用のリアスプロケットはギアレシオが小さい、つまり狭いから。
一方でMTB用のリアスプロケはギアレシオが非常にワイドで広い。
ロード用は最大で30t~12Tがだが、MTB用は最大で34t~11tもある。この34tとか11tとかいうのは、要するに歯車の数の事で、多ければ多いほど高回転低速になり、少なければ少ないほど低回転高速になるわけだ。

つまりMTB用は低速寄りを重視するからロー側のギアが大きい一方で、高速用のトップギアまでロード用よりもMTB用のほうが1tだけ上回っている。これは皮肉だと思う。

そういうワケで、私はロードバイクにもMTB用のリアスプロケを装着している。こうする事でワイドなギア比の選択が可能になり、トップとローのギア比の広さはMTBやクロスバイク並みになっている。


【パーツを混ぜるときは、同じ変速段数のパーツ同士で】
基本的に変速段数が違うコンポでは互換性がないので注意が必要。例えばロード用は下級グレードを除いて10速が主流だが、MTB用は9速が主流である。これら9速用と10速用ではチェーンや歯車の規格が異なるので混載してはならない。混載すると違う形状のチェーンと歯車は噛み合わずに駆動系を壊す(削る)原因になる。

そこで私の場合は、ロード用コンポの中では下級グレードに分類されるティアグラを敢えて使う。ティアグラは9速仕様なので、MTB用の9速コンポと互換があり、そこで初めてティアグラの9段変速レバーとMTB用の9段変速機、及びMTB用の9段リアスプロケットという組み合わせができる。チェーンはロード用MTB用共にスーパーナローHGという規格で共通なので、歯車やチェーンも9速仕様で統一するのが条件だが、ロード用MTB用を混載しても問題ない。

【MTB10速コンポとロード10速コンポは互換性なし】
しかし、これらのパーツを販売するシマノが、2011年に痛いモデルチェンジをしてしまった。
これまで長らく9速だったティアグラが、モデルチェンジして上位グレードと同じく10速化されてしまった。これによって上位グレードとの互換性を持った一方で、MTB用の9速とは当然互換がなくなってしまった。つまりMTB用のリアスプロケと混載できない。
なお、ティアグラの下にソラというグレードがあるが、こちらは9速のままなので、最悪の場合はこちらを使うしかないが、最下級グレードなだけに変速レバーは操作性を犠牲にしてコストダウンした仕様になっている・・・。

一方で、MTB用コンポにおいては、なんと上位グレードのXTRにロード用と同じ10速コンポが登場した。
これで「ロード用と10速同士で混載できる!」と喜んだのも束の間・・・。
よく調べてみたら、今回新たに発売されたMTB用の10速仕様はチェーンも歯車も新規格のモノでHG-Xという規格であり、ロード10速用のスーパーナロー10Sとは別物。

これで、従来のようなティアグラを基本としながらMTB用リアスプロケと変速機を用いてワイドギアレシオという私が長年やってきた小細工ができなくなってしまった。8速、9速が主流の時代はロード用とMTB用で同じ段数のパーツ同士なら互換性があったが、10速の現代は従来のような混載は不可能となった。つまりロードバイクのギア比をクロスバイクやMTBと同等にする事は10速コンポでは不可。
引き続き4500系(9速仕様)のティアグラもしばらくは扱うようなので、すぐに心配する必要はないが、将来の部品確保の為には4500系ティアグラを今のウチに確保しておく必要がありそう。

2012/02/05【追記】
何だか「MTB、ロード、コンポ、互換性」とか「MTBとロード チェーン 互換性」とか「シマノ コンポーネント 互換性」とか「MTB ロード用のコンポ」とかいうキーワードで検索してくる人が多数いらっしゃるので、簡単に私の経験から来る知識を書いてみます。

かつて8速、9速が主流だった頃は、MTB用ロード用問わず、8速同士、9速同士で互換性がありました。今でもロード用のソラは9速で、MTB用は上位グレードを除いて殆どが9速ですが、9速同士であれば互換性があります。つまりロードバイクにMTB用のディレーラーとスプロケットを装着可能であり、逆にMTBにロード用のディレーラーとスプロケットを装着できます。なお、ディレーラーとスプロケットは必ず同じ物を使ってください。例えばロード用のスプロケはロード用ディレーラー、MTB用のスプロケはMTB用のディレーラーと一緒に使ってください。仮にMTB用のスプロケとロード用のディレーラーを混載した場合、ロード用のディレーラーがMTB用の34tという大きい歯車に対応していないので、変速不能になったりディレーラーを壊す原因になります。
また、混載する場合でも必ず8速同士、9速同士でやってください。8速と9速ではチェーンや歯車の厚さや寸法が異なっているので、仮に8速のスプロケと9速のチェーンを混載した場合、寸法が合ってないチェーンとスプロケは噛み合わず、互いを削ってしまいます。注意しましょう。

MTBにロード用のクランクセットを取り付けたり、ロードバイクにMTB用のクランクセットを取り付ける事は原則としてできません。私は数年前にMTBのドロップハンドル化を目論み、その為にはロード用の変速レバーでMTBのディレーラーとトリプルギアを変速させる必要があり、それをやってみましたが、変速する事ができませんでした。クランクに関しては同じトリプルでもロード用とMTB用では寸法が異なるようで、これらレバーとクディレーラーとクランクをロード用、MTB用で混載すると変速不能になります。またMTBにロード用クランクを取り付けた場合、クランクのロー側歯車がフレームに干渉します。

昨年末にシマノからMTB用のリア10速コンポが登場しました。
先に登場しているロード用の10速コンポと互換性があると思ってよく調べてみたら、チェーンの規格が異なることがわかりました。つまり8速や9速の時代とは違い、同じ10速同士でも互換性はありません。
そういうわけで、MTB用10速チェーンとロード用10速スプロケを混ぜてはいけません。寸法が違うチェーンと歯車は噛み合わず、互いを削ってしまいます。
スポンサーサイト

| カスタマイズ | 22:56 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

自家用車の相乗り・ライドシェア専門サイト「のってこ!」

ネットで遊んでいたところ、興味深い魅力的なサイトを見つけました。
自家用車で遠出する際、同乗者をネット上で募集し、燃料代や高速代を皆で割り勘にすることで、一人当たりの負担を減らそうという趣旨のものです。

サイトは「のってこ!

最初は「白タクじゃん!」と思ったけど、よく調べてみると朝日新聞の記事が掲載されていて、その中に国土交通省の見解が示されており、燃料代や高速代など、ドライブにかかった実費(経費)の範囲内なら、同乗者と割り勘しても良いとの事でした。

「おおー!!、これはメルファのドライブで使える!!」
とばかりに、すぐさま会員登録してアカウントを作成。

しかし、ネット住人が集まるサイトって、2chや知恵袋みたいに誹謗中傷や荒らしが起こらないか不安です。やはり、顔も知らない面識のない他人と相乗りするのって、即決断できるものではありません。現場のヒッチハイクなら相手の顔が見えますし、リアルで会話(交渉)できますが、のってこ!はネット上で文字だけの交渉ですからね。
正式に参加するか如何かは、まだ検討する必要があります。

| のってこ! | 21:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

バス用の補助ミラー

レンタカーでときどき運転するバスやトラック用に補助ミラーを購入しました。
これはバス用に使われている「ペリスコミラー」という物です。価格は2500円ほど。
DSCN1131.jpg
DSCN1130.jpg
当初はトラック用のサイドアンダーミラーを検討していたんですが、トラックのミラーステーは22~30MMしかないようでした。観光バスの日野メルファのステーは33MMもあるので、これに合うサイドアンダーミラーがどうしても見つからず、仕方がないので固定用の金具は自作する方針で、バス用のペリスコミラーを購入したワケです。



DSCN1132.jpg
固定部分は穴が二つあいてるだけです。金具は別売りで、車両側のステーと合致する金具を自分で探さなければいけないようです。ホームセンターや金具屋さんのサイトを当たるのが合理的だと思いますが、私の場合は趣味で乗っているロードバイク(スポーツ自転車)のドロップハンドル用の金具を応用しました。
前述の通りメルファのステー幅が33MMで、トラックのステー幅は22~30MMなのでトラック用の補助ミラーが使えず、一方でロードバイクのドロップハンドルは30~35Mなので、ドロハン用の固定金具を補助ミラーに溶接で取り付ければ、メルファの太いステーにも装着可能な補助ミラーの完成です。


DSCN0364.jpg
というワケで、ドロップハンドル用の増設バーから固定金具(写真の赤丸)を取り外して、それを知り合いの溶接加工屋さんに依頼して取り付けてもらおうと思ったんですが、よーく見ると実はドロハン用の固定金具が完全に都合の良い作りになっていることに気付きました。
「これ、そのままビスで取り付けできる!」
増設バーと金具が元々ビス一本でくっ付いてたので、その一本のネジをミラー側の穴に都合よく通すことが出来たので、そのまま固定して完成しました。ww


DSCN1134.jpg
上の写真の通り穴は二つあるので、強度を高めるため金具をもう一つ増やして、二つの金具で確実に固定出来るようにしました。


ペリスコミラー
メルファに装着した完成予想図をペイントで無理矢理作ってみました。
セレガやメルファのうち、補助ミラーが新車から装備された車はサイドミラー直上に補助ミラーが配置されますが、補助ミラーを装備しない車に後付けした場合、ステーとの干渉を防ぐため写真のようにステー上の配置になってしまい、サイドミラーとの距離が離れて確認ポイントが分散してしまいますが、これは仕方ありませんね。多くのバス会社で運用されるセレガ、メルファでも大半はこの方法で後付けしてますからね。

DSCN0663.jpg
これが実際に取り付けた写真です。固定を確実にする為とステーに傷をつけない為に、ゴムパッキンを挟んで固定します。そのゴムパッキンも自転車のハンドル用です。


大型車、死角
ハイデッカーのバスやトラックの場合、赤丸の部分がどうしても死角になってしまいます。青い斜線がサイドミラーで見える範囲、黄色い斜線が目視で見える範囲ですが、赤丸の部分は目視でもサイドミラーでも見えません。その死角を見るための補助ミラーです。

【2014/6/9:追記】
ミラーとステーを固定する金具について質問がありましたので、追記します。
元は自転車用パーツで、ミノウラのSGL-300Mという物です。たまたま自宅にあったこのパーツが一致したので流用しましたが、初めから取り付けが目的であれば、金具屋さんのサイトを当たったほうが合理的だと思います。「ステー 金具 固定」等のキーワードで検索すると良いと思います。
他人様のブログから引用しますが、一例としてこのような金具で取り付けている業者もいます。
http://hokuten.sakura.ne.jp/blog/assets_c/2011/05/B-D270_mirror-1217.html

もし、この記事と同じようにミノウラSGL-300Mの金具を流用する場合は、経年劣化やサビによる脱落には注意してください。あと一か所だけでは固定が不安定なので、この記事のように二カ所で固定したほうが安全です。
私はレンタカーなのでレンタル毎に取り付けては外しますが、一方でロードバイクに付けっぱなしにしている同じパーツは、2年ほどで錆びて脱落寸前になったので交換しました。ロードバイクは屋内保管ですが、トラックバスは野ざらしだと思うので、金具の劣化やサビはさらに早まると思います。
できればステンレス製の、しっかりした金具を使用する事をおススメします。

| カスタマイズ | 15:23 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ペーパードライバー教習4回目、三菱スーパーグレートを運転(所内)

今回も上江橋モータースクールですが、初めて大型トラックを運転しました。
大型一種の教習になるため、二種とは別に入校手続きと入校金が必要でした。

DSCN0339.jpg
DSCN0340.jpg
三菱ふそうスーパーグレート
エンジン6M70、排気量12882cc、全長11.99m、車幅2.49m
全長12メートルの車を運転するのは、今回が初めてになります。



DSCN0348.jpg
DSCN0341-2.jpg
ミッションはOD付7MT。
この7速MTを操作するのも初めてです。バスオタの知識ではフィンガーに見えますが、ロッド式です。
ただし操作は軽いので乗用車と変わりません。感触や感覚も乗用車と同じです。ロッド式と言っても完全な人力ではないらしく、パワステや油圧ブレーキと似たような?アシストがついているようです。
レバーの真ん中(N)は4速と5速の間なので、発進ギア(2速)に入れるときは少し左に押してから前に入れます。



DSCN0342.jpg
DSCN0342 (2)
速度計は160km/hまで表示されています。



DSCN0345.jpg
DSCN0346.jpg
DSCN0349.jpg
DSCN0347.jpg
DSCN0351.jpg

今日は大型一種としては初回であり、大型二種ですでに出ている路上許可は無効との事で、所内教習となりました。
初めて乗った大型トラックの感覚は、まず運転席が怖いほど高い位置にあり、前方と左脇の下方の死角が非常に大きいのです。さらにミラーが視界にかぶるほど低い位置にあるため、ミラーそのものが死角を作り出すので、右左折やカーブでは気をつけないといけません。
そう考えると、乗用車のドアミラーも視界にかぶる位置にあり、同様に死角を作り出している事に気が付くわけですが、普段の運転ではそんな事は気にしませんね。トラックも慣れたら同じでしょうか。
しかし、バスと比べると、運転技術は確実にトラックのほうが上だと思いました。

オープンな荷台で何も積んでない事もあってか、アクセル全開にしたら、乗用車に匹敵するほど急加速しました。
所内では、まず外周を飛ばす練習。(60キロは出る)
外周ではギア4速で引っ張ってみましたが、60キロくらいでレッドゾーンに入ります。
ちなみに、キュービックのOD付5MTの3速で引っ張ったときは約55キロでレッドゾーンだったので、ギア比的にはキュービックの3速=スーパーグレートの4速という事になりそうです。もちろん、同じ車種でも個体ごとにギア比の設定が異なっている場合があるので、当てにはできませんが。
しかし、7MTは急カーブでも4速でクラッチ上げたままスムーズに曲がれるし、1段変速しても回転数の変動は小さめです。多段変速のスポーツ自転車みたいに頻繁でこまめなギアチェンジをしながら走るようにできているようです。

外周が終わったら内周り(反時計回り)で左カーブの練習をして、それから仮免ではお馴染みのS字、隘路、坂道発進をやり、左折の練習を繰り返しました。
今回で大型一種の路上許可が降りたので、次回からはトラックでも路上に行ける事になりました。

| 大型二種免許 | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2012年、箱根駅伝(往路)をロードバイクで逃げ切り&追従

昨年と同じくロードバイクで行ってきましたが、今回は追走ではなく逃げ切りに参加しました。

肖像権保護のため、写真で至近距離に写ってる人はペイント処理をします。本当はそのまま載せたいんですが、まぁ色々あるので・・・、ご了承ください。


2012-1.jpg
まず、藤沢駅を5時31分に出る東京行のE233系電車で輪行。先頭車両では私の他に輪行が二人いて、合計3台の自転車が乗務員室後ろに置いてあります。


東京駅八重洲口で自転車を組み立て、スタート地点の大手町まで約5分ほど。まだ夜が明けていないので真っ暗です。
今回は逃げ切りに参加するので、6時30分にスタート地点からすぐ出発しました。
品川辺りで夜が明け始めたので、メインライトだけ消灯して、フロントフォークの補助ランプとシートポストのテールランプだけ点灯。
この辺りから調子にのり過ぎて、時速35~38キロも出していました。
鶴見中継所辺りに来ると、さらに明るくなってきたので、全てのライトを消灯。
保土ヶ谷辺りで、8人編成の集団に追い付く。速度は25~29キロほど。

その状態のまま戸塚まで行き、ここから先は駅伝コースをそのまま行くと軽車両通行禁止の道路に入ってしまうため、迂回します。開かずの踏切と頻繁な信号を避けるため、ひたすら裏道を疾走しました。
そして1号線に入ってからは原宿、藤沢橋、辻堂と順調に走行。
この辺りから観客がチラホラ出てきました。

2012-2.jpg
観客が増えはじめてるけど、選手が来るまではまだ20分以上あります。


2012-3.jpg
国道134号線と合流する交差点で、逃げ切りから追従に切り替えるため、ここで待機。


2012-4.jpg
ここまでは巡行としての全力である強速モードで走り続けたので、写真を撮る余裕もありませんでしたが、ここから先は時速20キロの選手を追従するだけなので、写真もたくさん撮れました。



2012-5.jpg
全ての選手を見送ったあと、追走開始。



2012-6.jpg
もともと追走していたバイクと自転車の追走集団ですが、案の定この交差点で赤信号にされてしまい足止めされています。



2012-7.jpg
足止めされた追走集団とは別に、134号線の路上で待機していた私と他2人のロード乗りは、規制が解除されると同時に追走開始。



2012-11.jpg
2012-8.jpg
湘南大橋の入り口で、本来の追走集団のうちバイク集団だけ追い付いてきたようですが、自転車集団はまだのようです。



2012-9.jpg
橋に入った途端、なぜか時速10キロまで落ちる。そして自転車集団が追い付いてくる。



2012-12.jpg
2012-14.jpg
ようやく本来の追走集団が完全に追い付いついてきたようで、集団の規模はかなり大きい。



2012-18.jpg
2012-19.jpg
ここでなぜか止まったので、集団の様子を撮影。


2012-20.jpg
2012-21.jpg
2012-22.jpg
再び止まってしまったので、後ろを撮影。



2012-23.jpg



2012-25.jpg
2012-26.jpg
2012-27.jpg
沿道の観客から声援を受けながら、追走集団が通ります。ww


2012-28.jpg
早川口交差点を直進
そして湯本を過ぎた辺りで、終了としました。



小田原まで行き、松屋で食事にしようとしたら・・・、混雑して行列になっている!
向かい側の吉野家、すき家も全て行列・・・。
これらの店で行列になってるのは初めて見ました。
仕方なくSEIYUの食品売り場に行き、パン、団子、フライドチキンを買って食べる事に。
そして小田原から自宅までの35キロを、両舷前進強速(時速30~40キロ)で帰りました。


2012-29.jpg
駅伝コースの沿道で配られていた旗をドロップハンドルに装着。とりあえず明日までこのまま。


【本日のデータ】
使用車  トレック2.1
走行距離 148.9km
平均速度 21.3km/h
最高速度 48.2km/h
旅行時間 11時間40分



| 旅行・ツーリング | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |