湘南ロードライン

<< 2011-09- | ARCHIVE-SELECT | 2011-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

違法競技用自転車について

今回はピストとロードバイクの違いと、ピストのどこが違法なのかを説明します。

世間で騒いでいるブレーキなし競技用自転車についてですが、これは「ピスト」あるいは「トラックレーサー」と呼ばれる競技用自転車で、本来は競輪場のコースを走るための物です。障害物や坂が一切ない平坦な競輪場を走るので、ブレーキや変速機は不要なので装着されていません。さらに現代の一般自転車には100%装着されているフリーホイールもありません。フリーホイールとは、走行中にペダルを止めても自転車が惰性で進む事ができる機構の事で、これはママチャリやロードバイクを含めた大半の自転車に備わっている機構です。ピストやトラックレーサーにはこの機構がないため、ペダルと後輪の回転は100%連動しています。つまり走行中は常にペダルを回し続ける必要があり、走行している間はペダルを止められません。

停止するときは回転するペダルを強制的に止めるように力を加えます。これはエンジンブレーキみたいな物で、フリーホイールのママチャリやロードバイクではできない事ですが、固定ギアの競技用自転車は構造上これが可能です。ブレーキなし自転車が止まる事ができるのは、この固定ギアによるものであり、走行中にペダルの回転を止めようとする事で減速、停止ができる、これがピストやトラックレーサーという物です。

一方でピストと似た形をしていながら全く違う構造を持つのがロードバイクまたはロードレーサーです。
外観上の共通点を比較すると、ドロップハンドル、高いサドル、軽量化されたフレーム、細いタイヤという点で共通点が見られますが、両車の最大の違いは、ピスト(トラックレーサー)が競技場向けであるのに対して、ロードバイク(ロードレーサー)は公道向けである事です。前述した通りピストはブレーキ、変速機、フリーホイールを装着しないシンプルで単純な構造であるのに対して、ロードバイクはブレーキ、変速機、フリーホイールが標準装備です。そのためピストに比べると重装備です。
このように、公道用のロードバイクと競技場向けのピストでは、用途からして全く違います。

で、世間を騒がせている違法競技用自転車とは、ブレーキなしのピストの事です。道路交通法では自転車の前輪と後輪にそれぞれブレーキを装着する事が義務付けられていますが、ピストにはブレーキがありません。強いて言うならペダルを止める事によってブレーキとなりますが、これでは保安基準に適合しません。
最近ではブレーキが装備されたピストも販売されていますが、乗り手がそれを故意に取り外すケースが多く、それが問題となっています。当の本人はペダルだけで十分に止まれるから必要ないと主張していますが、いくらペダルで止まると言っても、通常のブレーキに比べると弱いもので急制動はできません。乗り手は敢えて急制動できない自転車で飛ばす事に、快感やスリル感を感じるらしく、先を読んだ運転をしなければ減速が間に合わなくなりますが、それがスリルがあってたまらないようです。しかし、万が一その先読みを誤ったら、止まれずに重大事故になり得るわけです。
まして急な飛び出しがあったら絶対に止まれません。

本人が怪我するだけでなく、周囲の人に与える危害も計り知れません。公道を走るなら最低限でも保安基準に適合した自転車に乗るべきです。

最近、YAHOO知恵袋の交通運転カテゴリーでもノーブレーキピストに関する質問が増えています。その質問をサイクリングのカテゴリーに投稿してくれれば知識のあるサイクリストや自転車乗りが解答しますが、交通運転カテゴリーで解答するのは主にドライバーです。その回答者であるドライバーが知識がないためにロードバイクとノーブレーキピストを一緒くたにしてしまう人が多く見受けられます。

中には、「うちの地域でもロードバイクが集団で時速40キロも出してます!ブレーキもないのに時速40キロは自殺行為です!許せない!」と書いた人がいます。
私はその現場を実際に見ていませんが、私の憶測では、おそらくその集団走行のロードバイクはブレーキを装着しています。ノーブレーキピスト乗りの大半は、ファッション系の若いお兄さんが単独で走行しています。ノーブレーキピストが隊列組んで走行しているのを見たことがありません。
また、それを書いた人は「ブレーキなしのロードバイク」と書いています。前述した通りブレーキがないのはピストであって、ロードバイクはブレーキ標準でついてます。だいたいフリーホイール(ペダルで止まれない)のロードバイクでブレーキなしなんてやったら、本当の意味で自殺行為ですね。

このように、明らかにロードバイクとピストの区別もつかない人が、両者を一緒くたにして感情任せに「違法自転車め!許さん!」とばかりに大騒ぎしています。
違法自転車を批判する前に、まず最低限の知識を身につけてもらいたいものです。


スポンサーサイト

| 道路交通編 | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |