湘南ロードライン

<< 2011-02- | ARCHIVE-SELECT | 2011-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

暗闇のゴーストタウン

ここ数日、地域ごとの計画停電が実施されていますが、夜間に灯りの一つもない市街地は初めて見ました。
この状況でロードバイクに強力LEDライト(単三x4)をつけて、藤沢・鎌倉を走り回ってみたけど、やはり自転車のライトでは照らせる範囲に限度があり、そこを時速40キロで走るのは、夜間の箱根を下るのと同じくらい危険が伴いました。

それにしても、マジでゴーストタウン!って感じでしたね。
さすがに駅周辺は人や車が行き交うものの、少し駅から離れると人も車も少ないので不気味ですね。
家も全て電気が消えてるので、リビングの真ん中に懐中電灯を置いているお宅が見受けられました。
そんな場所を一人ロードバイクで走っていると、なんというか、世紀末を感じました。
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

現況報告

未曽有の大災害から数日が経過して・・・、
ガソリンスタンドがどこも売切れで閉鎖しているので会社のクルマが走れない。よって仕事にならない。
帰宅してからロードバイクで藤沢や鎌倉のスーパーを回ってみたものの、トイレットペーパーがねえ!米がねえ!卵がねえ!納豆もねえ!食パンもねえ!と思ったら深沢のローゼンで辛うじてロールパン発見。大船のヨーカドーで卵を発見。しかしトイレットペーパーはどこにもねえ!

一方で友人や知人たちは、ガソリン節約のためクルマやバイクが使えず、止む無く遠くのスーパーまで日用品を求めて自転車で慣れない長距離走行を強いられているそうです。
それに比べたら私は自転車が趣味で、ロードバイクで普通に時速30km/hを1時間維持できるので、ガソリン無しで原付並みの移動能力がある事をみんなに自慢できますが、そんな事したらみんなの分の買い物まで全て押し付けられそうなので、やめておきます。

とにかく、生活物資の確保に苦労してます。
トイレットペーパーどうすんだよ!って感じです。
それでも現地の方々に比べたら・・・、と考えると、文句や愚痴を言っている場合ではありません。

| 未分類 | 21:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

路上2回目

自宅から教習所まではロードバイク(自転車)で約20分だけど、受け付けは教習開始10分前の17時30分に行うため、17時10分頃に自宅を出たのですが・・・。
交差点で信号待ちしていたところ、いきなり警察官から声をかけられ、「高級自転車の盗難が多発してるから」という理由で職務質問される事になりました。
受け付けまであと11分しかなく、急いでいると伝えると、「すぐ終わりますから」の繰り返しで、持っていたカバンの中、ズボンのポケットの中までくまなく調べられました。もちろん、やましい物は一切ないので任意には全て応じたけど・・・。
そのあと、書類の記入が始まって、いつ終わるのかわからない。

オレとしては物凄く急いでいるのに、そんなの関係ないという態度で、まったく聞いちゃくれない。
教習開始は17時40分だけど、授業は必ず50分受けると法律で決まっており、1分でも遅刻して49分しか受けられないとなると法律上無効になってしまいます。そのため、開始10分前までに必ず受け付けを済ませるルールになっているのです。
10分前までに受け付けをしないとキャンセルと見なされ、キャンセル待ちの人に振り替えられてしまうので、必ず17時30分までに行かないといけないのだけど、警察官の質問と書類記入はいつ終わるのかわからない・・・。
このまま間に合わなくなったら、キャンセル料7400円を支払うことになる。
イラついて暴言を吐きそうになったけど、落ち着いて警察官に「遅刻したら7400円払わなきゃいけないので、もう行かせてもらえますか?」と言うと、またもや「すぐ終わりますから。」と言い、発進しようとしたら自転車の前に立って行かせてくれない。しまいには2人が前後に立って意地でも行かせないという有り様。
この時点で10分前の受け付けには間に合わないため、落ち着いて教習所に遅刻の電話を入れました。

やっと解放されるも、とっくに受付時間は過ぎており、授業開始まではあと5分と数十秒!
普通に行ったらもう間に合わない・・・、だけど7400円は・・・、という葛藤の中で、さすがのオレもイライラの限度を超えてしまい、「なんで違反でも何でもないのに私が遅刻しなければいけないんですか?」と警察官に捨てゼリフを吐きながら発進。
普段は交通ルールを守るのに、このときだけは信号無視を繰り返した挙げ句、下り坂で感情のままに全力だして、サイコンを見たら時速64km/h!そのあと大きな交差点でクラクションを浴びながら無謀な信号無視をしたあと、ようやく教習所へ1分20秒前に到着!
駐輪場に入れる時間もなく、受け付けに自転車を乗り付けてギリギリセーフ!

こうして命がけで7400円の支払いを免れたのだけど、ほんと、なんで違反でも何でもないのに、7400円を支払ったり、あるいはそれを免れるために命をかけて無謀な運転をしなれけばいけないんだか。任意の職務質問でありながら物理的に拘束して、もう人権もなにも関係ないんですかね。
冤罪とか自白強要とか違法な取調べとか、あるいは警察内部でのいじめとかパワハラとか、現在の警察の問題点は色々言われていますが、その一分を見た感じでした。

職質は任意だから拒否すればいいじゃんとか言う人がいるかもしれないので書いておくけど、任意は建前で事実上の強制なんですよ。断っても前に立ちはだかって物理的に制止するし、その制止を振り切ろうとして警察官に接触でもしたらコチラが暴行罪になりかねないし、ホントに理不尽の極み!

さて本題。
今回はエルガで二回目の路上でした。

17時40分の授業開始には間に合ったものの、受け付けはあくまで10分前なので、遅刻という事で指導員に事情を説明したあと、実車教習開始。
「教習に間に合わせるためにロードレーサーの自転車で時速60km/h超えました!こうやって意地でも間に合わせました!」とか教官に話したら、「バス会社でも理不尽な上司やお客は多いけど、だからってバスで暴走するなよ?」と言われてしまいました。w 私はそこまでアホじゃないのでご安心を。

前回は片側二車線の国道をひたすら走る教習でしたが、今回は大船の狭い山道を走る教習となりました。
なにせ狭い道が多いので、左側の電柱や街灯にミラーをぶつけないように注意!対向からバスやトラックが来るたびに徐行してミラー同士がぶつからないように注意!
右左折も狭い場所はかなり気を使いました。
今日は疲れたのでもう寝ます。
では、おやすみなさい。

| 大型二種免許 | 23:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |